第三回!! 

2005年02月20日(日) 0時00分
きっとこれを見ている人は日本という余りに平和すぎる保守的な国に生まれた人だと思います。僕もその一人です。でも俺はこの国に生まれた事を誇りに思うんだ。このバンドがそれをたくさん教えてくれたんだよ。




THE BLUE HEARTS/THE BLUE HEARTS

ブルーハーツがかっこ悪くてもいい、そんな事問題じゃないって教えてくれた。
ブルーハーツが大人たちに褒められるような大人にはなりたくないってわかってくれた。
ブルーハーツがドブネズミの美しさを教えてくれた。

このアルバムは、ブルーハーツの歴史的1st。
ブルーハーツが出した作品の中で最もPUNK色が濃く、最も攻撃的なアルバム。

青いハートを持った4人の魂のかたまり。Vo.ヒロトの余りにストレートな言葉がズバズバ脳みそに突き刺さる。

僕は青春時代にこのバンドを知る事ができて本当に良かったと思う。
何をしたわけじゃないのに疲れた、つまらないと愚痴ばかりこぼしていた僕にはあまりに刺激的すぎた。『NO FUTURE』とか『DIY』こそパンクなんだって思ってたのは間違い過ぎたね。
ヒロトはM−4「PUNK ROCK」で、“僕、パンクロックが好きだ。優しいから好きなんだ”って。
俺ブルーハーツに出会うまでそんな風に思った事なかった。


一つ一つの言葉がすさんだ心をいっぱい磨いてくれる。


俺もぉ二十歳になっちゃった。
でもいくつになってもブルーハーツは俺に歌ってくれるから、忘れちゃった気持ち全部思い出させてくれる。

つまんなくなったらブルーハーツ聞きなよ。
カラオケで皆で歌うでもいいよ。ただ少しだけ、ヒロトの言葉に耳を傾けてみてみ。
愛だぜぇー。

第二回!! 

2005年02月19日(土) 0時00分
随分間が空きましたが第二回いきたいと思いますっっ!



NOFX/I HEARD THEY SUCK LIVE

と、いうわけで始めの何枚かは僕の青春の〜シリーズで埋めつくしてやりたいと思ひます。
よろしく哀愁!!
第二回をこれに決めた理由は一回目OPIVだし次はノーエフでいっか!!いいよね!的な感じです。こぉいうの『適当』とは言いません。

ここで紹介するのはノーエフのライブ盤なんですが、学生時代めちゃくちゃ聞いたね。
僕ライブ盤って凄く好きでとりあえずこのバンドの曲が聞きたいんだけどどのアルバムを買ったらいいかわかんない…なんて時はまずライブ盤買ってみちゃう事とかけっこーあるんですよ。これに関しては別に違うんですけど(笑)
選曲も凄く良くて、僕の中のノーエフ NO.1な『WHITE TRASH〜』と『Punk IN〜』からがメインで、ライブならではの疾走間、オーディエンスの完成や、漫才的なMCがあったりノーエフのライブってめちゃくちゃ面白そうだなぁって思わせてくれる一枚です。
個人的にはM−5『BOB』とM−11『SOUL DOUBT』からM−12『KILL ALL THE WHITE MAN』なんかはツボですよ。
こいつらすげぇなぁと思うのがノーエフって日本人の言葉で言うとメロコアとかって言葉で一括りにされちゃうんだけど、結成当初なんかバリバリにメタル感たっぷりでそっからエルが入ってスカ・レゲエ・パンク・メタル・ジャズ・カントリーとかたまにブルージーだったりもぉーたっくさんの要素感じるんだよね。ノーエフはエルがいてこそのノーエフだと思うよ。ビデオとか見てもあの人、ギター弾いて歌ってホーン持って笑かして、、、音楽マシーンっているもんだよね。うーん、メロディアス!!

俺はベスト買うよりこっち買った方がずっとノーエフの事わかると思うよ。捨て曲ないし。ってかオリジナルで別に。。。な曲がこれで聞くとかっけーの(笑)
メロコアなんて言葉でまとめられてしまいますがNOFX,実はとってもDIYなバンドなんですよ。今月のDOLLでファッションパンクスさえもこの人達の事は褒めてました(笑)
その辺のわけわからん西海岸系の皆さん、見習って下さいよ。
君らどぉせ全員AIR JAM上がりでしょ?

僕もです。爆

第一回!! 

2005年01月30日(日) 5時25分
初書き込み
うをぉーやっと書けるぜぇ
絵文字なんか使ってみたり、ヤプログもなかなかやるじゃんな。

なぁーんか軽い意地があってさ。だってこのページすんげぇかわいいんだもん

じゃあ早速レビュー行きますかぁ!!!!!(テンション激)






OPERATION IVY/Energy


最初の1枚ってことで何にしようか凄く迷って迷って迷って…
結局ここに辿り着いてしまいました。
青春の1枚ですね。僕が持っているCDで1番聞いたのは間違い無くこれです。

スカコア・スカパンクのルーツ。経典ともいえる歴史的超名盤。
87年よりわずか2年という活動期間中にリリースされたアルバム・シングル・コンピ収録曲全27曲を1枚に凝縮した、ディスコグラフィーともいえるコンプリート・ベスト盤です。
既発作品は廃盤となってしまったため、一般的にはOPERATION IVYの音源を楽しめる唯一の作品。

後にRANCIDの原型となったこのバンド。
平均1曲あたり2分を切る楽曲に詰め込まれたスカ・パンク・ロック・レゲエ・ファンク・ラップといった様々なサウンドの要素、チープでB級感たっぷりなのですがっそこから感じ取れるライヴ感満載な音質は、聴けば聴くほどその楽曲一つ一つの奥深さを感じる。俺はね。



個人的にはRANCIDのが早く知ってしまったのですが、現RANCIDのTimがLintという名前で若さたっぷりのパワーで疾走感あふれるギターを掻き鳴らしてくれてる所とこのバンド唯一うまいMattのベッコンベッコンのベースが大好きです



スカパンク代表『Sound System』と未だクラブシーンでも流れっぱなキラーチューン『Bank Shot』
とりあえずこの2曲知らないでスカパンクなんて言葉出してほしくないね(笑)

若かりし僕の心に多大な影響を与えてくれて、未だ音楽を好きでいられるのはこのバンド、このCDのお陰かもしれない。

一生の宝物です。


…ひろゆき君、早く返して下さい(笑)

2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:musical-note
読者になる
Yapme!一覧
読者になる