君の好きなうた UVERworld 

December 26 [Tue], 2006, 15:22
好きだよと 今日も言えないまま

見送った 今まで一緒にいたのに

会いたくて 君の好きなうたを繰り返し

口ずさんだ 帰り道


話す声のトーン 視線の先 他の誰かとかわす言葉さえ

些細な 君の仕草が 僕を惑わせる

君の気持ちが 同じように 答えがここでありますように

きっとずっと 待った 奇跡よ 起こるなら今ここで


好きだよと 今日も言えないまま

見送った 今まで一緒にいたのに

すぐに会いたくて 君の好きなうたを繰り返し

口ずさんだ 帰り道


偶然ふれた手 君の体温さえ愛しくて

僕の全てを受け入れてくれる気がした

出会えたことで 気付けたことが 僕を変えて行く今まで以上に


もう二度と人を愛さないと

前の恋で うつむいてた僕も

もう一度 誰かの為に生きたいと思えた

この気持ちを伝えに行くよ


どこにいても 何をしてる時も 君のことが頭から離れない

教えくれた 届かぬつらさ 恋のせつなさ 愛する喜びを

その笑顔も 受話器越しの声も 人ごみが苦手な小さな体

悪い癖も 君にしかないもので輝いている

全てが one and only


僕の中で君を思うことが 明日の生きる力に変わってく

もし向き合えたなら 同じ歩幅で信じあえる道を 歩いて行こう


こんなにも君を思うだけで

苦しくて 愛しさ募る 気持ち

会いたくて 君の好きな歌を繰り返し

口ずさんだ 帰り道

ボクラノLove Story 

December 16 [Sat], 2006, 21:34
初めて行った君とのデートは

海の見える公園

話したいことあるはずなのに

黙ったまま時だけ過ぎ


僕の鼓動が君に伝わりそうで

繋いでた手を

慌てて離したけど君の目を見て

思わずまま握り返した


やがて過ぎる季節の中で

気持ちすれ違い離れた日々

忘れたくても忘れられずに

携帯の裏写真の中

二人の笑顔昔のまま

僕の背中を押して 君へと走らせた


もう離さないよ

今までの僕とは違うから

スキ 君とずっと手を繋ぎ歩きたいよ

二人足音 重ねながら

君と僕の Love Story

続く永遠に・・・


君に伝えたい思いは胸の中

溢れてるけど

言葉に出来ないようなもどかしさに

君をただ抱きしめてた


君が僕にくれた笑顔が

何よりも僕の宝物

両手で包んで頬寄せたら

君は少し恥ずかしそうに

目をそらしながら 「ダメ」って言った

僕は聞こえないフリ 黙ってキスをする


もう君のせいで

僕の目じりの皺が増えたとしても

キライにならないで 僕の思いは変わらないよ

刻まれていく この瞬間

君と僕の Love Story

描く幸せを


もしも僕が先に星になっても

夜空瞬いて君照らすよ

見上げた空そこに僕が居るから

いつだって君のこと見守り続けるから


もう離さないよ

今までの僕とは違うから

スキ 君と ずっと手を繋ぎ歩きたいよ

二人足音 重ねながら

君と僕の Love Story

続く永遠に・・・

So Merry Christmas mihimaruGT 

December 15 [Fri], 2006, 11:33
日々は思い通りに行かなくて また

この夜に祈るの・・・


So Merry Christmas 魔法の時

この夜に降る奇跡 消えないで・・・

雪降るこんな夜には 君の傍にいたくて


oh,oh・・・せわしい人の波の流れ 忙しい毎日の中でfaw away

時に思いたくなるような運命 離れ離れの君に重ね

Its Hold On 孤独と鼓動 Distortion ゆがむ熱情

嬉しそうな君を見たくても 夜は残酷に飲み込むでしょう


日々は思い通りに行かなくて また

この夜に祈るの・・・


So Merry Christmas 魔法の時

この夜に降る奇跡 消えないで・・・

雪降るこんな夜には 君の傍にいたくて


銀色にキラメク街の中 行き場の無いように一人 ただ

冷たくかじかんでく手のひら 刻々と刻んでいくカウントダウン

薄っぺらいドラマの真似ごとなんかじゃない ついこぼすタメゴト

エンドロールまでいたい そう君と 聖なる鐘が響くサイレントナイト


日々は思い通りに行かなくて また

この夜に祈るの・・・


So Merry Christmas 聖なる夜に

君と過ごした日々に 消えないで・・・

この夜に舞い降りたストーリー 雪に溶けて行く


日々は思い通りに行かなくて また

この夜に祈るの


So Merry Christmas 魔法の時

この夜に降る奇跡 消えないで・・・

雪降るこんな夜には 君の傍にいたくて


So Merry Christmas 聖なる夜に

君と過ごした日々に 消えないで・・・

この夜に舞い降りたストーリー 雪に溶けて行く

プレゼント Aqua Timez 

December 14 [Thu], 2006, 17:38
粉雪が舞うこの季節に かじかんだ君の手を握り

僕は君に約束するよ 僕の手で君を幸せにすると


粉雪が降の積もる道に 二つの足跡が続いてく

もう二度と離れることなく お互いの心を寄り添わせてゆこう


粉雪が月に照らされて この世界を静けさで彩る

瞬きと瞬きの間 僕らはその奇跡に見とれていた

二人きりで・・・


繋いだ手がはぐれないように この絆が途切れないように

僕はここで約束するよ 僕の手で君を幸せにするよ

千の夜をこえて Aqua Timez 

December 14 [Thu], 2006, 17:19
されたい でも そうとしない その繰り返しのなかを彷徨って

僕が見つけた答えは一つ 怖くたって 傷ついたって

好きな人には好きって伝えるんだ


「あなたが僕をしてるか、してないか」なんてことは もうどっちでもいいんだ

どんなに願い望もうが この世界には変えられぬものが 沢山あるだろう

そう そして僕があなたを してるという事実だけは 誰にも変えられぬ真実だから


千の夜をこえて あなたに伝えたい 伝えなきゃならないことがある

されたい でも そうとしない その繰り返しのなかを彷徨って

僕が見つけた答えは一つ 怖くたって 傷ついたって 好きな人には好きって伝えるんだ

気持ちを言葉にするのは怖いよ でも 好きな人には好きって伝えるんだ



この広い世界で 巡り逢う喜びを言葉じゃ言い表せない

だから僕達は微笑み 色鮮やかに過ぎる秋をドレミで唄って

冬を背に 春の木漏れ日を待ち 新しく生まれ変わる 誰かを守れるようにと


来た道と行き先 振り返ればいつでも 臆病な目をしていた僕

向き合いたい でも 素直になれない まっすぐに相手をせない日々を

繰り返しては ひとりぼっちを嫌がったあの日の僕は 無傷のままで人をそうとしていた


千の夜をこえて 今あなたに会いに行こう 伝えなきゃならないことがある

されたい でも そうとしない その繰り返しのなかを彷徨って

僕が見つけた答えは一つ 怖くたって 傷ついたって 好きな人には好きって伝えるんだ

その想いが叶わなくたって 好きな人に好きって伝える 

それはこの世界で一番素敵なことさ