悩み中につき・・・・ 

February 25 [Fri], 2005, 13:09
独り言です。

ある程度年を重ねると何について悩んでいるのかが理解できます。
なので学生の頃のようになんとなく時間が解決してくれるわけではありません。

悩み事の元になる部分と向き合って解決していかなければいけないような気がします。

しかし、その解決策が簡単にわかるようであれば人は悩む必要がないわけですから
やっぱり悩み事は厄介だし、しばらくは続きそうです。

そんなときの僕の現実逃避策

1、音楽を聴く。(聞き込むものより、流しておけるもの)

2、観葉植物に過剰に愛情をそそぐ。

3、読書。(小説よりもエッセイ)

こんな具合で。

こう見ると内に内にって感じですが、まさにその通りです。

僕は一度悩みだすと抜け出すのに時間がかかる人だし、なによりもすこし暗めになるのです。

あまりこういう自分は人に見られたくないからこういう時は人に極力会わないようにしています。

気持ちが沈むところまで沈んでしばらくして上がってきたことを自覚できたら、
また外へと向かっていくのです。

それまではもうしばらくzzzz

WATERMARK 

February 10 [Thu], 2005, 13:52
なんて清々しいアルバムだろう。
ため息がでてしまいます。

アートガーファンクルのソロ3作目であるこの“WATERMARK”

ジャケットのイメージと内容がこんなにピタリとはまるアルバムも珍しいのではないかと思う。

ロック、フォークそしてジャズの濃くて美味しい部分がアートガーファンクルの声によって余すところなく抽出されている。

これは1人で聞きたい。

じっくりと向き合いたくなる。
というか否応なしに向き合ってしまう。

一音でも聞き逃すのがもったいない。

まるで美味しい料理に巡り会った時にお皿までなめたくなるような感じ。

大・大・大好きなアルバムです。

心安らぐひと時です。 

January 20 [Thu], 2005, 17:00
突然ですが『雨のボサノヴァ』が好きです。
ちゃんと言うと、雨の日に外を眺めながらボサノヴァを聞くのが好きなのです。

なんとなく雨音とボサノヴァがすごくしっくりくるのです。
って・・・・・なんだかすごく気取ってる人みたいだ・・・(照)

今日は雲が多く寒いけど雨が降っているわけじゃないです。
でも雨が今にも降りそうなのでこんな気分。

静かな時間と温かい飲み物、そしてアストラッド・ジルベルト。
あ〜心地よい時間です。


憧れの空間。 

January 19 [Wed], 2005, 14:18
僕はku:nelという雑誌を欠かすことなく読んでいます。
そして読むたびに思うのです。

『ここにでてくるお店や家はなんて素敵な空間なのだろう』と

ため息がでてしまいます。

CDにしてもきっときれいに並べているわけではなく、ただ無造作に置いているだけなのだと思うけど・・・・素敵にみえてしまう。

というか家具や小物1つに至るまでセンスのよい物が集まるといくらごちゃごちゃしていようが、どんな置き方をしようが素敵に見えてしまうのかもしれませんね。

家具や小物をセンスよく集めるにはどうしたらいいか教えてもらいたいです。

僕もCDを素敵に見えるように飾ろうといつも置き方や並べ方を考えてみるけどダメ、
思うようにいかない。

でも、あーでもない、こーでもないと言いながらいつも楽しみながらがちゃがちゃやっております。

worldwide 

January 17 [Mon], 2005, 20:47
10数年前、どんなアーティストなのかどんな音楽を作っているのかもわからず、
ただジャケットに魅かれて購入した1枚のCD。

もうながーい付き合いになります。

トレイシーソーンのソロも、ベンワットのソロも、EBTGとしても、いい曲は多いと思うけど
僕にとってのベストアルバムはこれ。

僕の音楽的趣味を決定づけた1枚といっても過言ではないかもしれません。

もう何度このアルバムには助けられたことだろう・・・・・

このアルバムにこころの拠り所を求めている部分がある。

気が付くと落ち込んだときなんかに聴いてるときが多い。

元気にしてくれるわけじゃない。

隣に座って優しく包んでくれているような感じ。

僕にとってなくてはならない大切なアルバムの1つです。

避けては通れません! 

January 14 [Fri], 2005, 14:16
最近気になっていることがあります。

昨日日記にも書いたニコラ・コンテや注目を集め続けている北欧のクラブジャズDJやアーティスト。

僕はこの人たちが大好きなのですが、彼らが影響を受けたとして話にあがってくるのがヨーロピアンジャズ。
特にケニークラークという人の名前をよく聞く。

僕は一番最初にも書いたとおり“ジャズっぽい”が好きなので、正直ストライクゾーンかどうかはわかりません。

しかし好きなアーティストやDJのルーツというのはすごく興味があるのでやっぱりつつかずにはいられない。

ルーツを辿っていってそこに自分のすきなアーティストを垣間見ることができたら・・・・・
もう〜考えただけで楽しくなってきます。

一番好きだったアルバム2004 

January 13 [Thu], 2005, 19:32
JAZZをプロデュースするニコラ・コンテ。
そんな部分がすごくクローズアップされたアルバム。

去年の終わり近くになってからの発売だったけど、一番よく聴いたんじゃないかっていうくらい去年の終わりはこればっかり聴いていた。

そして今も聴いています。

ラウンジ・ボサ〜ジャズをクラブDJの視点から捉えた1stアルバムも好きだし、ジャズな2ndアルバムもいい。

どっちがいいなんて決められない!

けど2004年どのアルバムが良かったかということだからこっち。

僕が2004年に聴いたアルバムの中から選ぶのだからすごく狭い範囲の話なんですけど。








LIFE feat.bird 

January 12 [Wed], 2005, 17:58
久しぶりにこの曲が聴きたくなったので引っ張り出してきました。

この曲にはちょっとした思い出があるのです。

4〜5年程前突然一人旅がしたくなり沖縄へ。

一曲だけ、この曲だけMDに入れて旅のお供をしてもらいました。

この曲に旅の記憶をすり込もうと思ったのです。
おかげでこの曲を聴くと沖縄での出来事が鮮明に思い出されます。

那覇から名護へ向かうバスの中
(小雨が降っていました)

見たこともないほどのきれいな夕日

地元の人しか行かないようなちいさなお祭り

でっかいパイナップル畑

の!パイナップルの味

旅で知り合った人に
『ここにくれば運がよければジュゴンが見れるかもよ』と教えてもらった地元の人だけのスポット

などなど・・・思い出せばきりがない。

僕だけかもしれないけどbirdの声を聴くといつも少しだけ切ない気持ちになります。
って、多分旅のお供に連れて行ったからですね。たぶん思い出が詰まりすぎなのです。

こんな風にちょっと切ない気持ちにさせてくれる

LIFE feat.bird

良い曲だと思うけどやっぱり冬は似合わないな^^;

Kyoto Jazz Massive 

January 10 [Mon], 2005, 10:31
KJMの楽曲を彼らと交流のあるアーティストがカバーするというアルバムが発売された。

興味もあるし、近いうちに必ず手に入れようと思うけどまだそこまでたどり着けないのだ。

このKJMとしてのファーストアルバムである『SPIRIT OF THE SUN』これがまだまだヘビーローテーション、もっともっと聴いていたいのです。

もう発売されて2年以上たつのだからもういいんじゃないかと思う気もするけど・・・・

好きなんだなこのアルバム。

KJMの作る音ってもしかしたら好き嫌いが分かれるのでは?と思うのだけれどどうなんだろう

ソウル、ブラジリアンと色んな要素がはいってるけど軸となっているのはフュージョン。

フュージョン好きな人ってあまり聞かない。

あまりというか全然!

フュージョンってデパートで流れていたり、あと”F1"!!!

どうもこのイメージがつきまとっているらしい・・・・

そんなのばっかりじゃないんだけど・・・・・^^;

ん!?話がそれてる!

話を戻さなくては!

このアルバムはクラブで流すことを意識して作られたものだとは思うけど
じっくり聴き込んでいったらそれだけではないことがよくわかる。

家で静かに聴いてもとても心地のよい名曲ぞろいのステキな音楽だと思う。

FUSIONISM 

January 09 [Sun], 2005, 19:12
こんな本が欲しかった。

昔からど真ん中のジャズではなく、
ジャズっぽい(フュージョンだったり、ジャズを取り入れたポップスだったり)音が大好物だったりしたのでクロスオーバー〜クラブジャズなどはとても心踊らされる。

大好きなアーティストのルーツが垣間見えたりするのが楽しいし、
自分が知らなかった音楽に出会えるのは幸せだ。

音楽って聴いてるだけでも楽しいけど、こうして少し本を通して接してみると
点と点が繋がっていく感じがしてより一層音楽を聴くのが楽しくなる。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:musi-k
読者になる
Yapme!一覧
読者になる