24時間中 

2006年03月05日(日) 16時29分
結局続いておりません、ブログ。頑張ろう。

書いてない間にちょこちょこっと何冊か読んだ本の話。

赤に捧げる殺意
有栖川先生、麻耶先生、太田先生他中々バラエティに飛んだ作家さんばかりを集めたアンソロジーです。
有栖川先生目当てで購入したのですが、うん、中々全体的に良い感じです。
タイトルや表紙からは、もっと何やら怪しげな秘密めいた感じのお話ばかりなのかと思いきや、全体的に読みやすくて読後感もあっさり目。普段読まない方のお話も読めてお買い得な感じでした。
久し振りに読んだメルカトルの相変わらず具合が妙に微笑ましくて、美袋くんの馬鹿っぷりが愛おしかったです(笑)
8作の中でも一番惹かれたのは赤川先生の作品「命の恩人」かもしれません。
普段この方の作品て余り読まないのですが、推理小説っぽくない、ちょっとした裏切り感とかがほんのり暖かみがあって良かったです。以前友人に借りて読んだ星新一の作品を思い出しました。

虫はじめました。 

2006年02月17日(金) 0時48分
友人に勧められてブログなるものを始めてみましたが、いまいち勝手が分かりません。
取り合えず日記のように思えば良いのだろうか?


最近聞いている音楽。

kings of convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)
ノルウェー出身のアコースティック・デュオ。という振れ込みの彼ら。
北欧独特の優しくて綺麗で、何処か切ない音にじんわりと心が温かくなります。
最近精神的に参っている事が多いので、静かで優しい音を聴こう聴こうとしてしまいます。何も考えないでただ耳に飛び込んでくる音に浸っていたい。現実逃避です(苦笑)
秋冬は如何せんセンチメンタルになるのでいけません(笑)


今日買った本。(のうちの一部)

sherlock holmes 〜the complete novels and stories〜 vol.1
(シャーロック・ホームズ 全集1巻)
此処のところ日本の推理物を読み漁っていたのですが、ここらでちょっと海外物を読もう、と思って買ってみました。
ホームズは、翻訳ではもちろん読んだ事ありますが、今回は原書にチャレンジ。どうも、翻訳物って言葉遣いに作者の意図が感じられ辛くて読んでて苦しくなるので、それならいっそ書かれたまんまを読んでみよう。と思いまして・・・(笑)
少しずつゆっくりで良いから読んでいこう。


初めてなのでこんな風に書いてみました。何か日記じゃないなこれ(笑)
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mushi64
読者になる
Yapme!一覧
読者になる