あの首相はあカンでしょ 

March 30 [Wed], 2011, 21:03
震災発生以来、ずっと思っているのだが、政治主導がことごとく失敗している。

一首相が一私企業に乗り込んでいって「恫喝」するところを聞いた時、
「この人の精神状態は大丈夫なんだろうか?」と思った。

話している内容も問題だし、首相自ら乗り込むのも問題。
代理人にやらせるべきだったと思う。

原発の事故はそれだけでも大問題だが、被災地の救援も大きな問題だ。
それがおろそかになったといわれても仕方ない。

しかも「ナンたら対策本部」が乱立、首相補佐官、内閣参与の人事を乱発。
会見では涙目になって、メッセージにならぬメッセージを述べる。

国家リーダーは希望がもてるようなメッセージ、
力強いメッセージを発する必要があると思うが、
記者からの質問を受け付けず、あれは何だ?

あげく、大連立の打診。そんなことをしている場合ではないだろうに。。。

結局、菅さんの頭の中には「政局」「自分のアピール」しかないとしか思えない。

東電の計画停電を最初に発表する記者会見は、あの日の18時30分に予定されていた。
ところが「私から発表する」といいだし、20時00分に会見を変更させ、
首相は19時50分くらいから「計画停電に同意した」と会見した。

この数時間のために、翌日からの対応が遅れて、
ただでさえ混乱するのに、さらに輪をかけて大混乱を招いてしまったではないか。

政治主導をカン違いしている上に、官僚は信用できないとのたまわっていると聞く。
その上、原子力については「勉強したい」といっており、
何かとうまくいかないと東電や自衛隊に八つ当たりしている。

予算の再編成についても指導力を発揮できず、
肝心の原発事故は対策本部長にもかかわらず、どんどん悪化している。

責任転嫁ばかりしていると言われてもしかたない。

今は非常時なのですぐにクビをすげ替えるわけにいかないが、
この人は首相としては問題がありすぎる。やはくやめさせるべきだ。

震災後の復旧や原発事故の収束の遅れは、もはや人災といっていいレベルになってきている。

産経新聞の記事で首相が掲げた「最小不幸社会」に引っ掛けて、
「このままでは宰相不幸社会になる」と書かれていたが、言いえて妙だ。
政権担当能力がないものが首相になると、みんなが不幸になる。

大震災 

March 30 [Wed], 2011, 20:47
記事を更新した翌日に大震災になり、ようやく落ち着いた。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするととともに、
被災された方々にお見舞い申し上げます。



こうなったら長期戦です。
わたしもヤシマ作戦に参加中です(笑)。

11日は名古屋にいたが、当日は上司が東京出張中。
東京の従業員の退避先についてどうするのかの判断を迫られた。

連絡が取りにくくなった東京との連携に神経を使い、
刻々と変化する状況の中で、判断を下していかねばならなった。

週が明けて、14日からは東京出張。
余震が続き、福島第一原発が目に見えて悪化していき、計画停電。
14日のマンションへの帰りの電車は近年まれにみる大ラッシュ。
お客さんのシステムの負荷は連日、乱高下。
15日以降は人も物も都心からなくなる。

いたく神経を使い、体調を崩してしまった。。。
スピッツの草野マサムネと同じストレス障害なんだろうな。。。

東京の従業員をいつ撤退させるべきか、
情報収集しながら、災害対策の見直し。
やることが膨大に増えた。

19日に名古屋に戻るが、体調不良は続き、
ついに主治医のところに駆け込んで薬を処方してもらった。

火曜日は休診日だったので「このままではまずい」と考え、
前の職場に以前使っていた薬を持っている知り合いがいるので、
駆け込んで分けてもらい、なんとかしのいだ。

この知り合いの方は、いわゆるホモセクシャルを公言している方で、
「○○○(薬の名前)を分けてください」と駆け込むと
「いいわよ」と何錠も。大変助かりました。

ただあとから考えたら吹き出してしまったのだが、
体調を崩したきっかけについてこのホモセクシャルの人に説明した時の説明の仕方。

「おかま(福島の原子炉のこと、炉はまさにお釜)がボンっとなったでしょ、それでイッちゃったんです」

・・・

体調が悪く、説明が要領を得ていなかったとはいえ、、
そういう相手に、なんといきわどいことを(笑)。

26日から再び東京。
2週間もすぎるとかなり落ち着いてきた。
それにしても、こんなパニックになっても良い状況なのに、
日本では暴動が起きないのは、ほんとにすごいと素直に思った。

ようやく落ち着く 

March 10 [Thu], 2011, 22:47
先月、電撃的に引っ越しをして、新居での生活も約1カ月となった。
ようやく落ち着いてきた。

前回は1月8日に更新しているが、引っ越しが決まったのは、
その翌日の9日。人生何があるか分からないなぁ。

会社への出勤は、これまでの30分が1時間かかるようになり、
地下鉄ではじっくり寝られるようになった(笑)。

これから引っ越しましたはがきを作成しないとなぁ。。。


今日のニュースでちょっと寂しくなったのは、
コント55号の坂上二郎さんがなくなったことだ。

ほかのコメディアンが亡くなった時にくらべてなんだか寂しい感じがするのは、
二郎さんのなんともいえない温かさによるものだろうか。


半年近くもほったらかしに・・・ 

January 08 [Sat], 2011, 18:37
久々にブログに書き込みます。

ほんとにこの数カ月は忙しかった。。。
更新する暇もなかった。ネタを仕込んでいる暇がなかったというのが正解。。

資格試験も不合格となり、また今年の試験をトライすることにした。


政治、というよりも政局だけどもめまぐるしく変わっているように見えるけど、
結局、民主党政権はダメだということは相変わらずで、
書く気力もなくなってきてしまっている(笑)。

野党時代にやってきたことが、これほどブーメランのように戻ってきて
クリーンヒットするとは、喜劇でも難しい(笑)。

また今度ゆっくり書きます。

スーパー駅長たま 

August 25 [Wed], 2010, 22:12
この週初めは遅いお盆休みを取って、オカンと嫁さん、子どもと一緒にドライブに出かけた。
行き先はオカンがかねてから行きたがっていた和歌山の和歌山電鉄・貴志駅。

猫でありながら執行役員兼スーパー駅長のたまに会いに行った。

レンタカーを借り、朝5時に名古屋を出発。8時すぎには大阪市内を抜けて、
9時30分には和歌山駅に到着した。

9時45分発のたま電車に乗車して、貴志駅へ。
たま電車はたまをモチーフに101匹のたまが描かれたラッピング電車で
内装も猫好きにはタマらない猫づくしになっている。

30分ほど電車に揺られると、終点の貴志駅。
どっとたまがいるガラスケースに人だかりが。
ところがたまは熟睡中。これが勤務らしい(笑)。

団体客がさったあとは、月曜日とあってか、普通の田舎駅にすぐに戻った。
猫の顔のような駅舎に感心しながら、あまりに何もないので、
和歌山駅に戻って、昼食。

時間が有り余ってしまい、オカンのリクエストで神戸・三宮でウィンドショッピングすることになり、
阪神高速・湾岸線を北上。

名古屋からもずっとそうだったが、この間も嫁さんにコロプラの登録をせっせとやってもらっていた(笑)。

1歳8カ月の娘は、とにかくひとりで歩きたがる。しかも疲れ知らず。。。
パパも一緒になって汗だくになりながら、昼下がりの三宮アーケードをテクテク。
あまり時間もないので、16時には神戸を出発し、名古屋へ。20時には名古屋に戻った。
あわただしい1日となった。。。

それにしても新名神ができたおかげで、名古屋−大阪がものすごく近くなった。
30分は違うんじゃないだろうか?四日市あたりの渋滞さえなければ。。。

翌日は嫁さんと二人して、ぐったり。当然だわなぁ。

最近は・・・ 

August 25 [Wed], 2010, 21:59
嫁さんを巻き込んで2人して、携帯の位置登録ゲーム「コロプラ」にはまっている。

東京出張が1週間おきになるので、ゲーム内のお金がどんどん増えて、
コロニーがすぐに大きくなった。

それに引き換え、嫁さんの方はほとんど家から動かないので、
オレから貢いで大きくしてもらっている。

このところは嫁さんも面白さにはまっているらしく、
とある機能についてはオレ以上(笑)。

こっちが忙しくなりブログをほとんどかけなくなっていて申し訳ないかぎり。。

参院選で民主党敗北 

July 14 [Wed], 2010, 22:46
7月11日投開票の参院選で民主党が敗北し、参院で与党が過半数割れとなった。
ねじれ国会の再来となった。

衆院選後、早ければ1年後に痛い目にあうといった趣旨のことをこのブログで書いたが、
たこのバウルくんの予言は当たるのに、オレの「予言」が当たらないとなったら
まずいなーと思っていたので、個人的にはこの結果に正直ほっとしている(笑)。

冗談はこれくらいにして、
ねじれ国会となれば、法案が通りにくくなり、生活を直撃するような事態が起こると思われるが、
この10カ月の民主党の暴走を見てきた限り、それを食い止めるにはむしろ良かったと考えている。

民主党の暴走ぶりは、権力の使い方に慣れていないという話ではない。

マニフェストを簡単に紙くずにするような政策や発言のブレが続き、
政権交代による国家政策の連続性が危ぶまれる以上に、
同じ政党による政権なのに政策の連続性が保証されないという異常事態になっている。

混乱の根源は、言うまでもなくできもしない政策ことをてんこ盛りにしたマニフェストにある。

ほとんど詐欺といっても良いほどの内容を実行しようとすれば、
当然それだけの混乱を招くに決まっている。

参院選での民主党の敗北の直接的原因は
菅首相の消費税増税についての説明不足や政治とカネの問題だろうが、
マニフェスト自体にこうした問題につながる混乱の元が内在していて、
たとえそうした事柄がなかったとしても、
どのみち民主党は敗北していたと思う。つまり負けるべくして負けた。

自民党や官僚が作った制度には問題や批判があるのは承知しているが、
一朝一夕に制度を変更できるほど脆弱なものはなかったはずだ。
思いつきに近いもので、堅牢に作られた制度は改革できない。

年金制度もそう、後期高齢者医療制度もそう、ガソリン税暫定税率もそう、
公務員人事改革もそう、景気対策もそう、児童手当もそう、
従来の堅牢な制度にくらべて、民主党が実行しようとしている政策は
あまりにも稚拙だ。いつの間にか話題に上らなくなっているものも少なくない。

今、オレが心配しているのは、景気対策。
事業仕分けを錦の旗印にして、さまざまな歳出を切ってしまった上に、
成長戦略もしっかり示さず、具体的な対策も出てきていない。

自公政権下で執行された景気対策は、その時点での即効性を重視したものが多く、
今年上期の景気拡大はこれらの政策によるものが大きい。

エコポイント、エコカー減税、高速道路休日1000円などは
いわばカンフル剤みたいなもので、効果は一時的でしかない。

本格的な景気対策を盛り込んだ予算を編成し、執行しようとして政権交代となった。

政権交代は良いが、こうしたカンフル剤の効果があるうちに打つべき
本当の景気対策が打てなければ、国民にとっては結果的にマイナスだ。
経済指標もカンフル剤の効果が切れ始めていることをにじませる値が出始めていると聞く。

消費税を4年間は上げないと言っていて、1年たったら上げると言い出し、
事業仕分けで補助金をカットしたにもかかわらず、
はやぶさが無事帰還すると、増額すると言い出す、
こうした一貫性のない、大衆迎合的な選挙に勝つことしか頭にないようなことを
やっていてはうまくいくものも行かなくなるのは当然だ。

民主党は本当に反省して、解散しろとまでは言わないが(どうせできないので)、
おそれなく方針転換した方がよい。

自民党もみんなの党も政局ばかりに目を向けるのではなくて、
よい政策を提案し、実行していく模範を示してもらいたい。

そして有権者は「政策の立案能力」「実行力(政局ではなく法案成立力)」「その効果」で
冷静に政治家、政党の言っていることを評価し、期待するようにならねばならないと思う。
でなければ、期待はいつまでたっても裏切られ続ける。

マニフェスト?公約? 

June 27 [Sun], 2010, 21:19
菅首相、お前もかー。

やはりというか、そういう感じではあったけれども、
「消費税増税ではなく、増税議論を超党派で呼びかけるのが公約」
と、かつての自民党並みに意味が分からないことを言い出した。

やはり民主党はダメだね。
そもそも鳩山さんが辞めて、菅さんになった途端に
内閣支持率や民主党支持率がV字回復すること自体がおかしい。
鳩山政権で出てきた問題は何一つ解決していないのに、
支持率だけ回復する。。。

近年、1年ごとに首相が交代しているのは、
政党の問題ではないことにそろそろ有権者は気がついたほうがいい。
有権者自身がとっかえひっかえをしているから、こういう一貫性がない事態になる。

首相を使い捨てにする国という、ある意味で「金持ちの道楽」と見られかねない事態だ。

本当に選挙の時に真剣に考えて、政治家・政党を選んでいるのか?
選択に失敗してもすぐにやめさせればいいとどこか甘えていないか?

選挙の結果は重く、衆院なら最大で4年、参院は半数改選ではあるが、
完全に勢力図が変わるにはやはり任期と同じ6年かかる。

この10カ月の民主党の政権運営を見てきていて分かるように、
政府提案の法案のうち成立したものが6割に満たなかった。前代未聞だ。
法案自体に問題があるのは言うまでもないが
政権運営、国会運営もまったくなっていない。
自分たちで目玉法案と位置づけたものが軒並み廃案になっている。

この状態が、衆院の解散がなければ、3年続くことになる。
せめて今回の参院選で民主党に鈴をつけておかないと、
ただでさえ暴走しているのに止められなくなる。

有権者がイメージで投票すると、こういう事態になる。
政治家・政党は、政策立案能力、政策実行力がもっとも大事なはずだ。
政治家・政党に裏づけのないことを言わせて、詐欺まがいな選挙を許してはならない。

消費税を増税しなくても、
事業仕分けと予算の組み換えで20兆円の財源を確保できると、
昨年の衆院選で民主党は豪語していた。
なのに1年経たないうちに消費税増税の話がいきなり出てきた。
説明もなしにこれほど重大な政策転換をすることを許しては絶対にならない。

これまでの事業仕分けでは結局7000億円しか捻出できなかった。
もともと自公政権の時に公明党が事業仕分けを日本で始めて実施したが、
この時は1兆数千億円削減していると聞いた。
すでに捻出できるお金がないことをこれらの事実が暗に示しているのではないか?

はやぶさが無事に戻ってきたことで、事業仕分けで大幅に削減した
はやぶさ後継機の研究開発費を増額すると言い出したが、
こんな一貫性のないことを言っている時点で、問題だ。
まったく政策の一貫性が保てないではないか。

選挙で勝つことだけを目的とした公約を掲げる政党は一掃しなければならない。
これは民主党に限った話ではない。
そのために1票を投じて、これまでの政治のあり方と決別するという本当の意味での
「革命」を有権者が意識を変えることで起こさねばならない。

「知らなかった」「分からない」では済まされないのが一般社会であるのと同じで、
政治で「知らなかった」「分からなかった」ではいつか私たち自身がエライ目にあう。

資格試験 

June 20 [Sun], 2010, 22:54
あくまで通過点のひとつだけれども、
ITIL V2 Foundation試験、正式には?
「ITサービスマネジメントファンデーション試験(ITIL(R)準拠)」
を今日受験して、合格した。

95点だったので、40問中2問間違えたということになる。
GeneralとRelationshipsの2箇所で間違えたらしい。
サービスサポートとサービスデリバリの各プロセスについては
すべて正答だった。

勉強すれば受かると言われている試験だが、
不合格になったらどうないしようかと思って
ちょっとだけ緊張した。試験自体久しぶりだし。

試験自体は確かに「しっかり」勉強していれば解ける問題だった。
ただ問題自体をよく読むことと各プロセスや用語について
突っ込んだ理解がないと答えが導き出せないのも分かった。

  黒崎寛之『要点解説ITIL(アイティル)がわかる!』 技術評論社

だけにしかお世話にならなかったが、
この本を徹底的に隅々まで覚えようとしたことが良かったようだ。

まだまだこれからだけれども、とりあえずホッとした。

うーん 

June 13 [Sun], 2010, 1:14
最近はこれでもかというほど、公私ともにいろんなことがうまくいかない。

どうもオレの話し方に問題があるようで、意思や思いが伝わっていなかったり、
意図を取り違えられたりしていて、結局、何もしなかった方が良かったと思えてくる。

何か釈然としないものがあるが、結局は自分が悪いということになり、
ある意味、かなりの犠牲を強いられている気分だ。

人のために役に立ちたいという欲求はあるが、それは自他ともに良くなるためで、
一方的に犠牲を強いられるものでは、長く続かない。

ハッキリとやりたいことがあるわけではないが、自分を見直してなんらかの手を打たないと、精神的にもたない。。。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:mush2005
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1974年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行
    ・インターネット
    ・読書
読者になる
ブログランキング 育児パパ/ママ

ブログランキング ニュースと時事

ブログランキング OS/開発言語/プログラミング

ブログランキング
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/mush2005/index1_0.rdf
 ★おすすめサイト★
  1. 20000曲の大ボリューム
    アルバムのレア曲満載!!
  2. カバラ数運術でワカル
    今日相性がイイ男!
  3. エエ!セレブが丸裸!?
    ハリウッド写真サイト☆
  4. 百斬侍が歴史に挑む合戦イベントや豪華賞品が貰えるグランプリが毎月開催中!
    新アプリも続々登場!
    iモード・Ezweb公式サイトだから安心。
    人間相手の対戦が激アツの剣劇ネット対戦RPG。
  5. 新機種買うならココ!