3年ぶり 

August 24 [Sat], 2013, 16:02
今年の夏も暑っ

              
サマソニサイコー





ミューズサンキュー


5月1日公開ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 

May 04 [Tue], 2010, 22:32
善と悪
両方持っているから
人間なんですね

たぶん




この映画
ゼブラQ(ナイスバディ仲さん)いわく

「サイコーのB級映画です





この映画
とっても面白いので
皆さん
ぜひ劇場で見てくださいね


特に
デートに最適ですよ

私のイチオシ
井上正大くんが出演してまーす

ついでに言うと
私も数秒間出演してまーす


えへへ

Steve Appleton 

August 13 [Thu], 2009, 23:51
OZONでフリーのLIVEがありましたので観て来ました。
アコギ・キーボード(彼はピアノと呼ぶ)・エレキをこなし歌ってました。
イケメンな上に、多才。
弾きながら、歌いながら、客席を見る余裕。
ウインクまで。
すごっ。

作詞・作曲・編曲をこなす20歳。
すごっ。

そういう作る作業は夜の彼の部屋で行うそう。
朝になり〜太陽が昇る〜美しい
という意味のアルバムタイトルだそうっす。
ジャンルレスなアルバムと言われてます。
ロック〜ポップ〜ハウス〜JAZZと色とりどりです。
確かにジャンルレス。
なぜこのアルバムはジャンルレスなのか?
司会のMCの質問に

「だって、ぜーんぶが音楽だろ」

逆に、なぜそんな愚問を?!的な。

すごっ。

天は二物以上を与えすぎだ。
しかも特定の人に。
10月にツアーがあります。

楽しみ。

ノウイング 

July 18 [Sat], 2009, 14:15
いやあ〜。
フィクションで良かった〜。


エンドロールも終わり・・・
客席に電気も灯ったのに・・・
シーンと静まり返る満入りのお客さん。
心なしか重い足取りで
ゆっくり歩いて退場するお客さん。

この映画は
みんなの心に確実に何かを
考えさせられる何かを残す映画。

観た方がいいっす。

ほんとに。

ニコラス・ケイジ最高です。



オフィシャルでは
「最期に残したい言葉」キャンペーン実施中。



地球を大切に。



MW 

July 18 [Sat], 2009, 14:02
手塚治虫原作。MW。
面白くないわけはない
公開を今か今かと楽しみにしていたこの映画。
やっぱり期待を裏切らない展開の速さ。
面白い。
映画はこうでなくちゃね〜。


破滅か祈りか。
善か悪か。
白か黒か。


人間を構成しているのはきっと
この対照的な対称する対象なのだと思う。
玉木宏演じる美知夫と
山田孝之演じる巌。
この二人は実は二人で一人の人間を
表しているような気がした。

ちなみに
玉木宏の悪役
実に美しい。
彼は常に役に全力投球なので
「真夏のオリオン」の勇敢な艦長役も
良いのだけれど
MWのように徹底した
悪役は、もっといい。
美知夫の背景にある
寂寥とした音のない風景のようなものまで感じられる。
深い。
また楽しませて欲しい。
続編を予感させるラストに
密かにMW2期待してます。

ぐるりのこと 

July 13 [Sun], 2008, 0:19



映画のテーマが全編に静かにゆっくりしっかり根付いている作品

「愛するということ」を

ありふれたことと思うかもしれない

何度も耳にしているために
安っぽいと思うかもしれない

でも

「愛すること」を贈れる人は

「愛すること」を受け取れる人


人が存在することと
同じくらいに

自然なこと


だけど


それは本当に

当たり前のこと?


人の心は
人の心に入ってゆける
人の心をすり抜けもする


当たり前のように

人は。





音楽はakeboshi

ザ・マジックアワー 

June 12 [Thu], 2008, 22:52
三谷監督の脚本は大好きなので楽しみにしていました。
いや〜、しかし平日なのに映画館が混んでてびっくり
監督自ら連日テレビ&ラジオにキャンペーン出演の効果大ですね。
すごぃっ。

私は、この映画がコメディだと聞いていたので、もう大笑いする心構えが
出来上がり過ぎていまして〜。
で、
観たところの正直な感想を書いてみますと
この映画は「哲学」であり、人間の「悲しみ」の核に迫るものがある。
と、思う次第であります。(なぜか演説口調)

映画の中盤以降は、場内のあちこちで笑い声が絶えなかったのですよ。
なので、もちろん、コメディです。まさに、三谷監督一流の。

なのに、私にとっては、なんていうんだろう?
「悲しコメディ」(悲しいコメディの愛称とでも言いましょうか)でした。
自分が悲しい気持ちでいたからではありません。
では、なぜ?
どなたか教えてください。
特に、三谷監督、お願いします。
私、来年の8月は暇です。
って、「ごきげんよう」の三谷監督と井上順さんのカラミを見た人にしかわからないね。(汗)

さて、来週も観たい映画がいっぱいだ〜。
楽しみ!
こんなにも心躍らせてくれて、人生にエッセンスの時間をくれるなんて!
いやあ〜、
映画って本当にいいものですよね〜。


水野晴郎さんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。

二年越しデスヴォイス♪ 

May 18 [Sun], 2008, 14:15
久しぶりにヴィジュアル系のLIVEを観てきました。
おそらく、二年ぶりぐらいに。
その、二年前ぐらいに観たアーティストを観に。

いやぁ〜
凄かったっす

ステージの上の奇麗なメンバーの繰り広げる世界もそうそうたるものですが
ステージの下の可愛いバンギャたちが繰り出すパンチのようなデスヴォイス

凄い。
凄すぎる。

あれは、練習してもなかなか出来るものじゃないです。
はい。夜中に帰ってきて練習しましたけど、出来ませんでした。

これから毎日練習したとして
出来るようになったらまた観に行きたいです。
・・・おそらく二年後ぐらいに。

だから絶対に二年後も活動を続けていてね。

人格ラヂオ。


唐組 

February 24 [Sun], 2008, 21:24
唐十郎さんのドキュメンタリーを見ました。
66歳。超元気です。脚本、舞台監督、役者、、、
何でもこなすスーパーマンみたいなお方です。

引き込まれました。
自分の知っている世界は小さいこと、
まだまだ勉強が足りないこと、
演劇は作家の名前だけが残ることを知りました。
他にもいっぱい感動しました

例えば、映画と違って、手元だけで演技したとしても
カメラをズームして観客に伝えるわけにはいかず、全身での役者の演技に頼るしかない。
つまり託すわけです。
役者が解釈したことを演技を通して観客に伝わるように。

そこで、唐さんが怒鳴るわけです。稽古中の役者さんに。
「お前にはメタファーがない!!」
まさに、私が行き詰っている箇所です。

メタファー。

シェイクスピアの得意とするところのメタファー。
意味をとらえても、穿つことまでは、今の私には難しいのです。

メタファー。

めっちゃFar。



「舞台」は「生き物」であり「魔物」だと思います。

さ、勉強しよ。

アメリカンギャングスター>スイニートッド 

February 10 [Sun], 2008, 11:04
気がつけば2008年も明けましておめでとう。(もう2月だって。。。)

最近観た映画。
チェコアニメフェスティバルのファンタジー編とタイトルの二本。

チェコのアニメは60年代のものだったりするのですが、画像は古いものの
なかなかどうして超イケてます。
「けしのみ太郎」と「魔法の水」はシュールでSTORYのぶっ飛び加減はハリウッド映画に
負けてません。これは大人が楽しむアニメです。

アメリカンギャングスター。
デンゼルワシントン大好き(本当に結婚したい)の私にはもう、たまらない一本です。
エンドロールが終わっても席を立ってはいけません。
デンゼル好きさんにとっての望みが叶います。

スイニートッド。
ジョニデ好きの人にはいいかも。
悲惨な目にあった主人公が、復讐を遂げるのだけど
そこまでして主人公が得たものは何だったのかイマイチわからなかった。
個人的に映画でのミュージカルは苦手だからかもしれない。
もう1回観たら印象変わるのかも。
トビー役の子役の演技が良かっただけに
子役に罪を犯させないで欲しかったな。
でも、監督独特のシルバーがかった映像は綺麗でした。

という感じで、ゴッドファーザー好きならアメリカンギャングスターがおすすめ。
デンゼル好きなら絶対にアメリカンギャングスター。
3時のおやつはチップスター。
今年もよろしくしまスター★
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像名前
» ぐるりのこと (2008年08月11日)
アイコン画像あんな
» アメリカンギャングスター>スイニートッド (2008年02月12日)
アイコン画像みく♪
» ONCE あの街角で (2007年12月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:muselovesemma
読者になる
Yapme!一覧
読者になる