辛い10年間でした 

February 08 [Sat], 2014, 11:48
結婚したのは25歳の時でした。
夫に養子に入ってもらい、
父の会社を継いでもらいました。

スポーツジムで出会い、
二人でよく食べ、スキューバダイビングに行くなど、
とっても健康体でした。

だから、普通に赤ちゃんが来てくれると、
そう思ったのです。

三年経っても赤ちゃんに恵まれず、
父と、姑さんにせかされ、
初めて婦人科に相談。

私が原因で、
赤ちゃんが出来にくい身体である事が、
発覚しました。

それから、不妊治療が始まりました。

赤ちゃんのために、と歯を食いしばりましたが、
実は私は先端恐怖症で、
注射針を見ると、失神しそうになります。

それでも自分を奮い立たせて、
毎月のジェットコースターのような、
浮き沈みに耐え夫と二人で頑張ってきました。

一度の流産以外は、
赤ちゃんはもう来てくれず、
治療をあきらめ、養子を頂きました。

今ではこの子が可愛くて仕方がありません。

十年頑張ってきたからこそ、
愛する力を貰ったのだと思います。


不妊を克服したいのならば、まずはお互いの心と体を熟知すべし 

February 08 [Sat], 2014, 11:47
不妊と聞いても、私達の夫婦は順調に子供が授かったので、今一つピンと来ないのです

ある日お酒の席で、不妊に悩む友人夫婦から何か子供が授かる方法が有るのかと聞かれた

その場は(他人も居たので)夫婦仲良く信頼し合う事が一番大切だよと軽く言いましたが、後であまりにも抽象的過ぎるかなと思いました。

正確に言えば、夫婦交代で性感マッサージをしたり、時間を見つけては一緒にお風呂に入ったり、一緒にエッチな下着をネットで買ったりして、常にお互いの性欲を刺激し合う事が大切だと思います。

もちろん、その時々の状況に応じて、お互いに同意が出来る範囲内に留めておくべきですが、夫婦になって子供を授かりたいと願うならば、まずはお互いの心と体の事をしっかりと熟知しておく必要が有るのです。