きのうのゆめ
2007.10.24 [Wed] 23:35

もうこんなに日々は過ぎていても
はっきりとした感覚があって
忘れてもいいだろうに

思うのに
忘れられない
いや
忘れないのか
昨日 また夢を見て 自己嫌悪
何かを思うとき 感じるとき
いつも 頭のどこかに 君は居て
時に笑い 静観する

?
2007.10.14 [Sun] 16:01

ニコハイウ
2007.06.07 [Thu] 22:58

忘れたからってなかった事にはならない。

私の愚行を忘れたいとか、いろんな事を忘れたいって思って
普通に暮らしてるけれど、
例え忘れたからと言って、そのこと自体が消えるわけではないのだ。
当たり前の事に今、また気づくと、くらっとする。


あなたが居ないと私の世界は変わる。

私の世界はすでに変わってしまった。
もう、前の世界には戻らない。
この先、どんな事が有っても、もうそれは、あなたが居ない世界が前提に有るのだ。
もう変わってしまった、すでにそれが私の世界で
あなたの世界に私は居ない。

それでも私は存在し、あなたも存在し続ける
存在しつづけて
いつか、また、会えるなら、それも良し。

je n'aime que toi

映画
2007.06.06 [Wed] 22:47

1位 ハリーとトント/ポール・マザースキー監督 1974/アメリカ
2位 キートンのセブン・チャンス/バスター・キートン監督 1925/アメリカ
3位 フィツカラルド/ヴェルナー・ヘルツォーク監督 1982/西ドイツ  
4位 リトアニアへの旅の追憶/ジョナス・メカス監督 1972/アメリカ
5位 こわれゆく女/ジョン・カサヴェテス監督 1974/アメリカ

映画をみたから
2007.06.03 [Sun] 00:45

一度希望を失いかけた人生を、再び始めるとはとても難しく、一筋縄ではいかない大仕事である。
それを成し遂げる人が稀に居て、感動すら覚えるが
それは自分がまだ人生に希望を持っていたからである。
喪失感の後では、偉人の前でただ驚愕し、恨めしく思い
また微かな喪失感に襲われる。

K
2007.05.26 [Sat] 23:44

もうさー、自分でも気持ちがわるいくらい。
どうしたって、頭がいっぱいいっぱい。

ひどい人ー

今日は
2007.05.10 [Thu] 23:32

今日はなんとアンドレアスが出て来た。
でも、なんか感じが違ってた。
どうやら数年後の設定だったみたい。
日本に来て、なんか学校の校庭みたいなバスケットのゴールがあるような所で
話たり、彼がバスケットしてるのを見ていたような。

それで、そこには普通にKも居たような感じがする。
私たち、普通に皆で仲良くしていた気がする。

それにしても、1年前の今日、私は何を考えていたのだっけ?
とても絶望的な気分で居た気がする。
以後、その絶望感はずうっと私の頭にあって、
どうやらこの状態が普通になってきたらしい。
薄れるのかと思いきや。同居人となっている事に今日、朝起きて気づいたよ。

久々
2007.05.06 [Sun] 22:34

GW最終日。
偶然にAに会う。
少し立ち話。
で、結婚はどうなのよ、みたいな事を聞かれたので
気配ないね、なんて答えたら
焦る必要ないんじゃない?なんて言われたのですが。
焦ってるように見えるのか?ってか焦んなきゃまずい歳かもだけど。
とりあえず彼女はいろいろな事を頑張っている人だとは思うけど
なんかいつも上から目線なんだよね。
ちょっと、そういうトコが好きくないんだよね。

ひさびさに
2007.05.06 [Sun] 10:30

えらく久々にまた夢を見た。
偶然(?)彼の学校の校内だか何だかみたいな所ですれ違う夢。
すれ違って、ここじゃ何だから、ってどこかに移動してる途中で目が覚めてしまった。
彼は、初めて会った時みたいな感じで、
少しヨワヨワしい感じがした、気がする。
ああ。
覚めたくなかった。

mur
2007.05.01 [Tue] 23:23

est-ce qu'on peut changer completement?

je ne crois pas.

on a deja passé presque un an , mais, j'ai pas du tout changé.

mais toi, t'as changé beaucoup, n'est-ce pas?

tu m'oubliais.
P R
2007年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mutsumi623's Profile Page
最新コメント
MaiL
タイトル

内容