April 04 [Tue], 2006, 8:21
ブロークバック山、見てきました。古今烏丸ビルの中にある京都シネマでしかやってなかったんですが、木製タイルの床がモダンですごく良い映画館だった…また行きたい。間宮兄弟もここで見たいなぁ。。
鉄平も言ってたけど、監督のアン・リーさんは自分がゲイじゃないことをえらく誇張するので面白いです。なんかこの人の外見がすごく好きなのは自分だけだろうか…。
残りはネタバレ。


★★★★☆ ただのゲイ映画ではないはず。ちゃんとしたいい映画。きっかり3回、ほろりとなりました。大自然がものすごく美しくて、それからカントリーの曲もじんとくる。ちょっと長いのがアレなんですけど、見終わってからすっきりしました。実は最初は、「なんだよほんとにただのゲイ映画か…」って思ったりもしたのです。。。でも中盤からの葛藤が痛々しくて…イニスの性格が大嫌いだ、女みたいなやつだ、大嫌いだけど、けど。最後の、泣き出してしまうイニスを抱擁するシーンは、男同士でしかありえないと思った。見つけたシャツの匂いをかぐのも、男ならではな気がする。4年ぶりの再会(と熱烈なキス)を目撃した奥さんが怖ぇ…。女性陣の葛藤も痛々しいです。うわ言だと思ってた山の話が本当だと知ったとき、ジャックの妻が少し動揺してくれて本当に救われたよ…見てる側として。あれじゃジャックが悲しすぎるもん。。イニスとジャックの関係は、すごく悲しくてすごくすてきなものでした。何だか男がうらやましくなった…一見の価値はあるかと思います。


馬に乗ってるジェイクが可笑しかった…馬面だから…。本当いい男です。知ってるジェイクがデイアフター〜で止まってるもんですごい成長の波を感じてしまった。。。

見たらすぐやるバトン 

March 26 [Sun], 2006, 10:01
見てしまったのでサクサク答えます。

今、どこにいる?
自分の部屋にいます。

今、一番近くに誰がいる?
となりの部屋に妹がいます。

今、どんな服装?
アディダスのジャージ上下。
家の中ではほとんどジャージです。

今、何食べたい?
ガリガリ君とチョコレート

今、何飲みたい?
いまコーヒーを飲んでいるので、コーヒーをもう一杯。

今、真後ろには何がある?
真後ろといったらイスの背もたれ?あ、違いますねw
山積みのジャンプがあります。

今、周りを見渡して、いちばん目についたものは?
こたつのうえに散らかってるコピックたち…

今、誰に会いたい?
アメリカにいるグランパ&グランマに会いたいです!次に会えるのはまだまだ先なので。

その人に伝えたいことは?
全然会いにいけなくてごめん。たまには日本にも遊びに来てください!

今、一番歌いたい歌は?
the pillows「ハイブリットレインボウ」
TMGE「世界の終わり」
スーパーカー「Free Your Soul」
いま歌うならこんな感じ。
でもTMGEとスーパーカーは聴いてるだけで泣いてしまうので(ラストライヴを思い出して)たぶん、自分で唄うなんてムリだよ。

今、頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?
「知恵と勇気があれば、この世に出来ない事などないのさ。みんな忘れているがね」
by ブギーポップ
ブギーポップが言うから説得力があってカッコいい!

「この世は、思ったとおりになるのだそうで。
思ったとおりにならないよと思っている人が、
思ったとおりにならなかった場合、思ったとおりになっているので、
やっぱりそれは、思ったとおりになっているのだそうで。」
by 尾田栄一郎氏
きのう久しぶりに尾田先生の画集を見て、この言葉がすごく印象強かったので。

今、体調は?
からだはとても元気!精神はつねに不安定。

今、どんな気持ち?
パソコンいじってるだけで幸せです!

remarkable world of FF 

March 21 [Tue], 2006, 10:16
↑一発描きのFF12主要キャラたち。まだ描きなれなくてむずかしいです;;

FF12をモソモソやってたわけなんですけど、今朝おわりました!
ほとんど寝てないですが、あれは寝る間を惜しんでやるだけの価値がありますね。
30時間弱でのクリアです(・∀・)


※ものすごくネタバレ含みます。ご注意を!





まずCGの美しさに驚かされ、植松氏と葉加瀬氏の壮大な音楽で惹きこまれ、キャラクターにもすっかり惚れてしまいました。
CGの方はこの前の戦国無双2でも驚かされたのに、それを上回るハイクオリティーで本当に脱帽です!
先頭システムもおもしろくて11の延長(?)みたいな感じで、あたしとしてはやりやすかったです。というより、ちょっと簡単すぎるような気もしました。

モブを倒しまくってガッツリ戦闘できたんでそれだけでも十分楽しめると思います。
敵があまりお金を落とさないところにはちょっと困りましたが…まぁアイテム売ればすむしねw

キャラクターはほとんど好きになりました!
それぞれのエピソードがよく練ってあって、血縁関係にあるというのも良い設定だったと思います。
ただ、主人公であるヴァンがほかのキャラの個性に負けてしまっていたように思います。
ヒロインであるアーシェともあまりかかわりが無いし、救いなのは「自分の飛空艇を手に入れ、空賊になること」という夢がエンディングで叶えられたことかなぁ…

あとパンネロにもっと出てきてほしかった!
なんか、一回攫われておわってしまった感があります。
一番役に立ってくれたのはラーサーだったと思います!オートでポーション類を使ってくれた時にはどんなに助けられたことか。
ヴェインという兄を持ちながら、性格がまるっきり反対なのにも惹かれましたvv
バルフレア&フランがかっこよくて、キレがあるというか、ワイルドな感じで良かったです。バルフレアは声が平田さんということでそこもまたツボでしたw

ラスボスにも激しく反応してしまいました!
あれを見た時のショックはFF7のセフィロスが進化したのを見たとき並でしたねw


シナリオに関してはそうとう辛口になってしまうと思いますが少し書きます。

war and pray for eternal peace 

March 20 [Mon], 2006, 10:18
昨夜のレッドアイでミルフィユ県に着いたのが11時。 家に着いたのは12時ちょいまえくらい。
いろいろ慌しい旅行でしたが、3泊4日たのしんできましたw
長崎しか行かないかと思ってたんですが、結果的に熊本・大分・佐賀・福岡・長崎と5つの県をまわってきました。 どこも初めて行く場所だったんで、なにもかも新鮮でスゴク良い旅でした!


※この先は本当に独り言のようなもので、独りよがりでしかありません。
読んだ後の中傷・苦情はご遠慮下さい。



長崎の原爆資料館や戦争に縁のある地へ行きました。
私は広島の原爆資料館へ3度行ったことがあるのですが、今回はとにかく長崎の原爆資料館へ行きたくて、それだけを一心に願って長崎に来ました。

もちろん戦争を現実に体験したこともないけれど、小さいころから戦争というものにすごく興味をもっていました。
それはたぶん、私が二重国籍で、アメリカと日本どちらの国も好きだからだと思います。
どちらの国の良い面、悪い面も知っているからこそ歴史は誤認なく知りたいし、自分自身の率直な気持ちを現したいと思ったから。

資料館ではガイドさんが被爆のときのことをたくさん話してくれて、当時どれくらいの人が犠牲になったとか、いまでも後遺症に苦しむ人がいるとか、なぜ長崎に原爆がおとされたとか…
本を読むだけじゃわからない、実際にその場に行かないと実感できないような事をいろいろ話してくれました。

あの有名な「長崎の鐘」についての話の時には思わず涙ぐんでしまい、永井隆という人の偉大さを教えられました。「この子を残して」では、深い親子愛を知り、私がいま家族とともに毎日を過ごせていることをとても嬉しく思いました。


今日でイラク戦争が始まって、ちょうど3年です。
3年という月日は長いようでとても短いように感じます。
その短い時間の中で、一瞬にして命を失い未来を奪われた人がどれだけいるでしょう。
軍人とかテロ実行犯とか現地の人とか、そんなことは一切関係なく、みんな同じ人間だ。と私は常に思っています。

この3年間の尊い命の犠牲が無駄にならぬよう、一刻も早く終戦することを願います。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/murmur69/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:murmur69
読者になる
Yapme!一覧
読者になる