言わせて・・・・。 

2006年03月10日(金) 22時08分
今日、花組の「ファントム」制作発表の映像を見せてもらいましたよ。
スカステニュースで特集やってたやつ。

正直な叫び。
「すみれのエリック嫌だ〜〜〜〜〜〜っっっ!!!!!」
おじいちゃんですよ。すごい老けて見える。
・・・顔長いから?(笑)
カッコイイとかキレイとか思わなかった。
そりゃね、好みだと思うんですけどね。
すみれの扮装で「カッコイイ!キレイ〜」ってゆうファンも多いでしょう。
フィリップ役の方は(名前がわかんない)「似合う」「ステキ」を連呼してたなぁ・・・・。

そして何より歌が・・・・・・
やってくださいました。しゃくりまくり。かなりの勢いで・・・・。
泣きそうになった
やっぱりそう歌うか〜って感じ。

後ね、これは気にしすぎなのかもしれないけど。
すみれさん、「私らしいファントム」「花組のファントム」をやりたいって言いすぎ・・・・。
なんか「宙組のファントムになんか負けない!」って言ってるように聞こえたんですよ。

本公演は観てないらしく、DVDで観たらしいんですが、
「曲が素晴らしくて」とかしか言わないんですよね。
たかちゃんや花ちゃんには一切触れない。
いや、それは意図してそうしてるのかもなんだけど。悪い意味じゃなくて。
でもなんかムカついた。

今までだって再演はやってるじゃないですか。
だからファントムの再演だって仕方ないと思ってますよ。
別にかまわないですよ。
でもね、なんかこう・・・・。
微妙にライバル心燃やしてるみたいな感じがヤダ。
「私のほうが歌える!」みたいに見えるのがなんかヤダ。

今までの再演だと、そんな感じじゃなかったような気がする。
確かに皆さんだって「私らしくやりたいです」とはコメントされてましたよ。
でも、「先輩方のやってこられたもの」って感じで、謙虚さが見えるコメントとかだった気がする。

私がたかちゃん大好きだから、ひがみからそう見えただけなのかなぁ
別にすみれさん嫌いじゃないですよ。ほんとに。
一回くらいは見に行こうとか思ってるんですけどね。この作品自体が大好きだし。
観たら感想変わるかもしんないし!(こんだけ文句ゆってて?/笑)

でもやっぱ、たかちゃんのエリックの切なさが好きだ・・・・・

久しぶりにきりやんについて語る【パート4】 

2006年02月15日(水) 12時34分
実際に見たけど、きりやん中大兄皇子、良かったですよ!
私は前の公演を知らないし、先入観無しで見たからかもしれませんが。
何を考えてるのかわからなくて強引なのに、でも女が惹かれずにはいられない、みたいな役。
見た目では瀬奈さんより弟に見えてしまいがちだけどしゃべりだしたらなんのその。風格漂ってました。
好みで言えば、やっぱりきりやんの陽性の役が好きですが、こないだのウォルターといい、今回の中大兄皇子といい、初めてやるような役をきりやんなりの解釈で自分のものにしている、というイメージ。
エリザベートのルキーニでもそうだったけど、前に同じ役をやった人達をなぞるのではなく、自分なりのまったく新しいものにしているところがいいと思います。(エラそう?・笑)

お茶会にも参加しました
実際に会うときりやんは舞台で受ける印象と違うのだ。
今回初めてお茶会に参加した人が驚いてました。
「細いー!顔小さいー!背が高いーー!」って。
ということは、ぽっちゃりしてて顔でかくて背が低いと思ってたんだな?(笑)
確かにスタイルで損してるとこあると思うなー。女性体型で丸顔だからなぁ。
舞台上ではそれが強調されてしまうのかもね。まわりが肩幅ガッチリしてて面長で手足長い人多いから。
負けるな!きりやん!!

そしてとても真面目な人。
お茶会や入り出の時とか、必死にジェンヌたろう!としている人だと思います。
おすましさんというか。
おいおい、本当の君はもっと気さくだろ?作らなくていいのに、とか思ってしまいます。
ま、宝塚は役者を守ってくれるマネージャーがいない分、対ファン対策はちゃんとしないといけないんだろうなーとか思います。(でもそのファンがガードしたりするんだけど。不思議だよねぇ)

名古屋ではきりやんファンの人ともたくさん交流出来て楽しかった。
次の大劇場公演はトド様降臨かぁ…
きり仲間はみんな「トド様、出てもいいけど主役を張るな!」と申しておりました。ごもっとも!
他の専科の人みたいな出方をしてくれ。頼むから。ちっくしょー。

怒濤のきりやん語り、一応今回はこれで終わり〜。

久しぶりにきりやんについて語る【パート3】 

2006年02月15日(水) 12時07分
そして続いてバスティーユ。
剣さばき、かっこ良かった。ダンスは言わずもがな、キレがあって。激しいダンスなのに一生懸命踊ってる風ではなく、本当に闘ってました。
ほんと。アンドレが撃たれてからのシーンは泣けた
オスカルの心の動きがダイレクトに伝わってきたよ!
きりやんバンザイ!エーヤン!きりやん!!

フィナーレナンバーのわたるさんと踊る女役でのダンス。
直視できないエロさがたまりませんでした。女役バンザイ!
やっぱり丸みのある女性体型だからこその色っぽさってあるよね。
他の男役さんが女役をされる時、ギスギスした感想を持ってしまうんだけど、それは皆さん細すぎるからだと思うなー。しっくりこない。
やっぱりある程度シルエットが丸くないとダメです、女役は。(勝手な好み・笑)
わたるさんもザ・男役!な方なので二人のバランスが絶妙でした。

本当に観に行って良かった!きりやん特出ベルばら。
しばらくはこの日の舞台でのオスカルきりやんを思い出の中で反芻してました。
私的にそういうのは珍しいので、本当に感動したんだと思う、霧矢さんに。
DVD出たら買います。(すでに予約済み)
ダイジェストと言わず、全部収録して欲しいよ!まったくー!

さて、そして中日劇場「あかねさす紫の花」
中大兄皇子です!初日の頃のネットでの評判があまりよろしくなくて不安でした。
前に花組トップ春野さんが瀬奈さんと組んでやってた役らしく、(今回瀬奈さんはその時と同じ役)相手役が同じで同じ役、ということで春野さんときりやんが比べられるのは必須なわけで…。

文字数大丈夫かな?
【パート4】に続く。




久しぶりにきりやんについて語る【パート2】 

2006年02月15日(水) 11時20分
パート2です。今度はオスカル話です
大劇場まで遠征して観に行きましたよ!キリカル!

はっきり言って不安でした。きりやんはオスカルというガラではない…と思っていたので(本人もインタビューなどでそう言ってましたが)
でも池田理代子さんの描いたオスカルのイラストからオスカルきりやんが出てきたとたん、そんな心配は無くなりました

綺麗… 
そうなのよ、考えたら素顔が美人なんだし見た目は絶対アリだったんだよ!
ごめんよきりやん…みくびってて

そして見た目以上に、演技も歌も心に響きました
どれだけ私を感動させたら気がすむんですか!霧矢さん!!
遠征するたびに「この人すごい!」と思わせられる…。それってすごいことだよね。
だから高いお金払って地方に行くのですよ…!その感動のために!

私はきりやんの女役がすっごく好きだ。実は男役より好きだと思う。
すごく女らしいんだよ!体つきも女性特有の丸みがあるし。
オスカルが父のジャルジェ氏に殴られて頬を押さえて横座りで倒れこむシーンがあるんだけど、いや〜。色っぽかったですな。(ピンポントなツボ・笑)
決して女々しく演じているわけじゃないのに、あーいう女性っぽい仕草が普通にしっくりくる。そんな霧矢さんが好きです。

第1幕の最後にフェルゼンが歌うんだけど、わたるさんの歌に泣けたよ…。
今まで「歌の下手な人」ってイメージだったのに、わたる。
下手だけど、心にズドーンと来る歌声でした。

たまにはきりやん以外の感想も入れつつ(笑)
次は「今宵一夜」のシーン。安蘭けいさんとのラブシーン、素敵でした。本当に綺麗だった!
きりやんの歌い方も他のシーンとは違う感じでねぇ。アンドレに身を預けてる感じが…
あまりに綺麗なシーンだったので泣けましたよ。
安蘭さんも歌も芝居も達者な人だなぁ…。(歌声はちょっと軽い気もするけど、それは好みの域だし。)

【パート3】に続く(笑)

久しぶりにきりやんについて語る【パート1】 

2006年02月15日(水) 10時53分
こにゃにゃちはー。
久しぶりにココにカキコ
JAZZY東京公演以降、何も書いてなかったなぁと思って

その間も元気にきりやんを追いかけてましたよ〜

まずは年末年始の「ブロードウェイガラコンサート」。
1階1列目と3階席が同じ値段っていうのが損した気になってしまうんだけど(12000円)仕方ない…
(私は3階席だった)

日本ミュージカル界を代表する、そうそう足るメンバーによるコンサートということで…その中に霧矢さんがいるということがなんとも嬉しいですねー!
結論としては、やっぱりきりやんが一番!!でした。
ファンですから、えぇ。
どんなに巧い方達と共演していても、好きな歌い方、声はきりやん!ということです。
「上手い」というのは大前提で、私の好みとがっちりマッチしてるんだなぁと…。
他の方達も本当に素敵な歌声だったんですけどね。

「宝塚にも歌える人がいたんだねー」というお客さんの声があったとか。
宝塚ってどんなイメージなんだ
でも確かに普通に歌で通用する人はほとんどいないよな…。
名前出して悪いけど、彩吹さんとか北翔さんが宝塚の中で上手い部類にいるのがヤバい。(決して下手だとは思わないけど)

きりやんは、ガイズ&ドールズの「運命よ、今夜は女神らしく」と、ウエストサイドストーリーの「トゥナイト」を歌ってくれました。
紫吹さんの歌で知ってる曲をきりやんの声で聞けて感慨深いものが
歌詞もきっちり届いたし、メリハリ効いててかっこ良かったっす。
普段メイクのままのステージだったので「綺麗なお姉さん」って感じだったけど
他の共演者と並んでると、きりやん背が高かった。宝塚では低い方なのにね〜。

この日記、文字数制限あるんだよね。まだ大丈夫かな…?
とりあえず、【パート2】に続きます(笑)

禁断症状(笑) 

2006年01月07日(土) 23時01分
たかちゃんに会いたいよー!!!!!
ちょっと禁断症状がでてしまい、
バイトから帰ってきてすぐに「傭兵ピエール」を見ました。
ぐはぁぁぁ!やっぱステキだ、たかちゃん!カッコイイよたかちゃん!!

チラシも眺めました。
極美ちゃんにもらった雑誌の切り抜きも読みふけりました。
カレンダーもめくりまくりました(笑)

怪我の治り具合はどうなのかな・・・。
ディナーショーが中止になったのは当たり前だと思うけど、
また悔しい思いをしてるんじゃないかな。

でも今は、とにかく体を治すことを考えてほしいです。
わたし達はずっと待ってるよー!!

たかちゃんの怪我が、早く治りますように・・・

月組公演。 

2005年11月24日(木) 0時47分
はーい。観てまいりました!月組「ジャジーな妖精たち」東京バージョン!
ムラの時より観やすくはなってるけど...。やっぱり微妙な感じ
ムラでは居眠りこいたからね!私。せっかく飛行機乗って見に行ってるにも関わらず、だよ
今回は睡眠を充分にとって、疲れもとって完全装備で(笑)観にいきました。
これでまた寝たらチケット代もったいないもんね・・・。

ムラでは妖精が出てきたことがあまりにも唐突すぎてその時点で「あぁ・・・。置いてきぼりくらった。」って感じでだんだんコックリコックリきたので、あらすじも何もわからなかったんだけど、今回はちゃんと話の筋がわかった。
脚本の変更がかなり大胆にされてるっぽいねぇ。
シャノン○ななかったし。
でも観て良かった!!とは思えない脚本。
あの脚本家を罰することは出来ないものか!まったく。
頑張ってる生徒さんがかわいそうだー!

一緒に行った友達がきりやんのことを「背は小さいけど・・・でもかっこいい!」と言ってくれた
いえーい!きりやんが褒められるのはとても嬉しい!
そしてやっぱり断トツの歌唱力だと思いました。ズドーンと真っすぐに届く歌声。すごいなぁ。
ショーのきりやん、キラキラしててかっこかわいかったっす!
男役とか女役とかとっぱらって、やっぱりきりやんの顔好きだな〜。うん。
ショーがあるからプラマイゼロな感じかもなぁ。
ショーはとても素敵なのだよん。きりやんの場面もいっぱいあるし
あと2回くらい見に行く予定があるのだ。やっぱり楽しみ!
(そのうち1回はルイ子ちゃんと行くんだけどね。)

生の顔を見たいと思って出待ちもしちゃったわ〜。
実はファンクラブ入ってるんだけど、今回は一般のファンを装って
あぁ、ファンクラブ会員として何もきりやんに貢献してないなぁ
ごめんよきりやん〜〜。

年末のガラコンサートのチケットも取れたし!今年はきりやんで終わるのだ。ふふ。
そして来年ベル薔薇も見るのだー!楽しみ〜〜〜〜!!

初のお茶会!! 

2005年11月08日(火) 20時25分
今日はでかい失敗をやっちまいましたよ。あたしってばもうほんとバカだよ

思い出に浸るため(笑)日曜の初お茶会について書いてみるっす。

きりやーん!!かわいいーー!!! 

2005年09月08日(木) 1時59分
タイトルで愛を叫んでみた(笑)

きりやんは本当にかわいい言動もそうだけど、顔も
最近なんて痩せてすっきりしてるからますます美人さんになりました。
「JURIのそれってどうなの!?」のコメントのきりやんなんてもー何度も見てしまう

ただ…。たまにやつれてるように見えるのが心配。
痩せすぎじゃないの…?って。
病気のことがあるから「大丈夫なのか?」と思ってしまう。

杞憂で終わればいいんだけど。

ルイ子ちゃんへ
あれだよねー。ほんと宝塚って特殊な世界だよね〜…。

極美ちゃん!! 

2005年09月03日(土) 23時36分
日記で掲示板状態(笑)

分ってくれてありがとうっっっ
きっと分ってくれるとも思ったけどっ(笑)

ほんとそうなんですよ。
なんかもう疲れるんですよ。
一人で見てるほうがええっちゅーの!ってなる。

しかしご贔屓さんを見るときの態度も人それぞれなのね〜。
出てきたら「かわいい・・・」って
芝居は見てないんだね。
それじゃジェンヌさんがかわいそうな気がする・・・。

たかちゃんのお茶会の質問コーナーで、お客さんが裏を知りたがる質問があったときに、
「先入観を持たないで、芝居を見て欲しい。自分達はいつでも新鮮な気持ちで舞台に立つよう、気持ちを切り替えてやっている。今日初めて見る人だっているんだから。」って。
「だから教えない〜。みなさんの想像におまかせします。」って笑ってらした。
あたしは集中して見るほうだし、何回見ても新鮮な気持ちで見たいと思う。
見るたびに新しい発見もあるし、そうゆう意味ではいつでも新鮮(笑)
ただ、どうやって見るのかはお客さんの勝手じゃないのかな、ってちょっと思った。
先入観を持って見たって、それは人の勝手。
どう見たっていいんじゃないかと。
まぁそれを正しいとは思ってないけど(笑)

でも、なんか違うって思った。
たかちゃんは、やっぱ純粋に「舞台」を見て、純粋に楽しんでほしかっただけなんだろうな、って。
だから細かい感情の設定とか、話したくはないんだろうなって思った。
それこそお客さんの想像力がフル活動して、それはそれで楽しめたりするじゃないですか!
かなり集中して見るよ(笑)

確かに宝塚って、スターありきなとこだと思う。
でも、舞台人として、役者として、やっぱ芝居を見てもらいたいんじゃないかな。
ただただ楽しんでもらいたいって気持ちで。
「舞台で夢を見て、また明日も頑張ろうって思ってもらえたら」ってゆってらしたもん。
あたしはそうだ。
ストレス解消になってるもん。
幸せだもん。

なんか話がズレてきた気がする
今日はここまで〜!!
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
■ルイ子■
和央ようか(宝塚)、ロベルト高城(ハム太郎)、北見柊一(ゴッドハンド輝)をこよなく愛する日本在住のメスです。
■極美(きわみ)■
霧矢大夢(宝塚)、漫画(ありすぎて書ききれない)を海より深く愛する日本在住の乙女です。
個々の日記を読む
最新コメント
アイコン画像vinaka
» 月組公演。 (2005年12月26日)
アイコン画像ヾ(〃⌒ ー―――⌒)ノ~~
» 月組公演。 (2005年12月10日)
アイコン画像極美
» ちょっとちょっと!! (2005年07月25日)
http://yaplog.jp/murmur-shout/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:murmur-shout
読者になる
Yapme!一覧
読者になる