在宅起業成功のルール 

September 14 [Tue], 2010, 16:29

私は1年前、26年間のサラリーマン生活に
終止符を打ちました。
年中無休、24時間営業、重労働、

自部門他部門関係なし、問題山積、
上司からは矛盾だらけの無理難題、

数え上げたら限り無し。
給与30%カット
ボーナスなし
接待費は自腹

それでも好きな仕事でした。
そんな環境の中で私の患った病名は、
頚椎ヘルニア、頚椎椎間板症、腰椎椎間板症、

両上腕骨外上顆炎、両膝変形性関節炎です。
全身激痛が走り、痛み止めの注射と薬をのみ

毎日リハビリに励みながら仕事を続けました。
何年もの間、彼方此方の病院に行き

治療を繰り返しましたが・・・
現役サラリーマンを断念。

闘病リハビリ治療専念中の私が、

在宅で起業を始めました。

この仕事のお陰でこんな私でも

明るい毎日が過ごせています。
将来への不安が明るい希望に変わりました。

そんな私は世界の出来事から
絶対成功のルールを
学んでいます

最新の情報は下のページに有ります。

第2の鈴香事件か!? 秋田・保育園児不審死 

November 02 [Thu], 2006, 16:26
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 秋田・大仙市の男児不審死が妙な展開を見せている。保育園児、諒介ちゃん(4)が自宅近くの農業用水路で遺体となって見つかったのが23日。事故死かとみられたが、大仙署と秋田県警は捜査本部並みの陣容で捜査に着手。(提供 : ゲンダイネット )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
最近、マスコミで騒がれている事件の派生事件が相次いでいるようだ。

イジメ自殺。

教員自殺。

パワハラ。

セクハラ。

出会いサイト少女引きずり回し。

家族内放火。

家族内殺人。

不履修事件。

飲酒運転・・・?

私が思うに“模倣犯”ではないか・・・?

社会現象化しているように思える。

情報が氾濫している世の中である。

情報を分析し、より良い判断を下し
行動する事を望みたいものである。

刹那的判断は悪のスパイラルに巻き込まれる恐れが多分にある事を認識しなければならない。


<6カ国協議再開>中国、巧妙仲介で米朝の合意引き出す 

November 02 [Thu], 2006, 12:36
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 【北京・飯田和郎】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開は、議長国・中国が北朝鮮にエネルギー支援の削減方針などの圧力を加える一方、米朝両国に(1)北朝鮮の無条件協議復帰(2)金融制裁問題を話し合う作業部会設置――の二つを包括案として提示したことで、米朝の合意を引き出した結果だった。双方は事実上、譲歩したものの、原則を曲げることなく体面を保ち、妥協の最低ラインである協議の「年内再開」に至った。(毎日新聞)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
4000年の歴史を持ち、各国の大統領・首相など愛読書孫子の兵法を生み出した大国である。

孫子の兵法の詳細は

http://www.nantaku.co.jp/sonshi/original/

私の愛読書でも有ります。

更に、興味の有る方は“三国志演義”をお読みください。

私は、この2作の本を愛読し26年間の過酷なサラリーマン生活を生き抜いてきた者です。

会社内部の人間関係や取引先との戦略、私生活等毎日の出来事に役立つ作品です。

是非お買い求めください!

六ヶ国協議、北朝鮮状況については、まだまだ予断を許せない状況であるのは事実である。

北朝鮮も曲者である。

アメリカが高みの見物を決めているが、北朝鮮の包囲網は着々と進められている。

ロシア・韓国が息を潜めているが、今後の動きに興味が湧くところである。

金正日暗殺のカウントダウン・・・?

ソフトランディング・・・?

それともクーデター?

まさか核戦争・・・?

結末は如何に・・・。



DHCのサプリ「メリロート」 EU安全基準の2倍超で肝障害報告も、販売続行中 

November 01 [Wed], 2006, 17:40
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
むくみ解消などダイエット用サプリメントとして人気の、DHC社「メリロート」。だが、その有効成分「クマリン」の量は、肝臓への毒性を考慮して定められ たEUの安全基準の2倍超にもなる。医薬品で決められた一日服用量と比べても2倍超が含まれ、医薬品で副作用として明記された肝障害も報告されているが、 「因果関係がはっきりしない」として、厚生労働省は原因究明もせず、メーカー側の自己責任で堂々と販売され続けているのが実態だ。
(提供 : MyNewsJapan )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

良いも、悪いも

ヤッパリDHCだね!

“クマリン”とは・・・?

肝毒性があるために食品添加物としては認められておらず・・・。

と、言う物らしい・・・。

詳しくは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3

何故、日本の場合は認可しているのであろうか・・・?

健康食品・サプリメントetc・・・

薬事法認可を回避する為の各企業の方策で、様々な商品がスーパー・ドラッグストアー等の陳列棚にところせましとならべられられている昨今である。

健康食品・サプリメントの食の安全性検証は未だ明確なものでは無いことは知っておくべきである。

綺麗な女性・男性のモデルや人気俳優・歌手などの広告だけに気を取られ肝心な自分の体質や症状を熟知し、自分にあった物を選んで欲しいものである。


【中国】「友人がウソつく?」 北京五輪マスコット英語名で組織委が手痛いミス 

November 01 [Wed], 2006, 11:12
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「チングリッシュ」撲滅運動へ
 【北京=福島香織】2008年の「北京五輪」開催まであと1年9カ月余りに迫ったが、中国の北京五輪組織委員会は五輪マスコットの「福娃」(フーワー)の英語名称を、従来の「Friendlies(フレンドリース)」から、中国語の音をとった「Fuwa」に急遽(きゅうきょ)変更した。Friendliesという英単語は存在せず、素直に読めば「友人がウソをつく」との意味になるとインターネット上で指摘が相次ぎ、組織委があわてて変更したという。
(フジサンケイ ビジネスアイ)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
中国自ら過ちを認め変更すると言うのは歴史的に非常に珍しい事である。

今までにどんな過ちを犯しても正当化してきた国柄である。

それだけ、北京オリンピックに掛ける意気込みが感じられると言う事である。

中国には、“ピンイン”という日本語で言う平仮名に相当する文字がある。

一般国民が漢字を読める様に振り仮名の役目である。
英語で言う発音記号である。

はじめから“ピンイン”を用いれば万国の人達が読める筈なのに、何故英語に拘ったのか摩訶不思議である。

あれだけ一人一人のプライドが高く、自国の文化を誇りに持つ国民なのに・・・?

中・米友好の為に・・・?

中国は中国の文化を大いにアピールすればいいと思うのは私だけでしょうか?

北京オリンピックの成功を心から期待するものである。


美姫帰らない、米からフランス杯へ直行 

October 31 [Tue], 2006, 17:18
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
フィギュアスケートのスケートアメリカでGPシリーズ初優勝を飾った安藤美姫(18=トヨタ自動車)が、連続優勝に向けて集中モードに入る。次戦フランス杯(11月16日開幕、パリ)まで3週間空くが、日本には帰らず直接フランスへ移動することを決めた。少しでも移動時間を減らして、体調管理と練習に時間を割くのが狙い。
(提供 : 日刊スポーツ )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
当然の事である!

日本に帰ったらマスコミに囲まれ練習どころでは無い。

折角、調子を取り戻し結果が出始めているのに、日本に帰りマスコミの餌食になるようなミスはしないであろう。

鴨が葱もって・・・とは行かないのである。

多分今後も日本には、オリンピックで金メダルを取るまでは戻らない覚悟ではないだろうか・・・?

過去に挫折を経験し海外で練習調整を行い大きな大会で結果を残している選手が多々いる。
日本のマスコミのアスリートに対する対応の仕方が今後考えなければならない時期に来ているのでは・・・。

 ドコモ社長がソフトバンクを猛“口”撃 

October 31 [Tue], 2006, 11:21
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「ゼロ円、ゼロ円で、条件は欄外に小さな字で書いてある。こういう出し方はフェアか?」 NTTドコモの中村維夫社長が27日の会見で、ソフトバンクの宣伝手法に異議を唱えた。ソフトバンク加入者間の通話・メールは原則無料、普及端末の新規・機種変更の購入価格もゼロ円とする「予想外」の割引制度に、実はさまざまな制約が付くことを明確にしていないとオカンムリだ。
(提供 : ゲンダイネット )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
何でもありの世の中です。

出た結果を“ああだ、こうだ”喚くより自社の戦略を打ち出せない経営者の能力が無いだけの事である。

正し、広告の内容が詐欺的に感じるのは私だけでしょうか?

賢明な消費者は良く心得ている筈であるが・・・。

この携帯電話の契約者獲得合戦を見ていると、三国志を彷彿させる。

ソフトバンク孫社長は曹操、NTTドコモ中村社長は劉備、KDDI小野寺社長は孫権と言うところであろう。

現在時点では、ソフトバンクとドコモが鍔迫り合いで戦力低下のところを、人気タレントで企業イメージを刷新しているKDDIに流れが向いているようである。

いずれにせよ、電話料金の値下げに貢献するはずである。

今しばらく情勢を見極め、賢明な判断を下したいものである。


北朝鮮が2回目の核実験を実施すると予想=在韓米軍司令官 

October 30 [Mon], 2006, 17:52
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 在韓米軍のベル司令官は30日、北朝鮮が2つ目の核実験を行うと予想していると述べた。一方で、10月9日の核実験によって朝鮮半島のパワーバランスが変化したわけではない、と指摘した。
 同司令官は記者会見で「北朝鮮が1度核実験を行っているため、今後ある時点でまた次の核実験があると推測できるだけだ」とした上で、「核実験そのものは、私の見解ではパワーバランスに全く影響を与えていない」と語った。
 また、米・韓国軍は北朝鮮軍よりはるかに優位にあり、北朝鮮の攻撃を受けた場合には瞬く間に打倒することが可能だとも述べた。
(ロイター)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
近隣諸国にとっては、是非とも避けたい事態である。

仮に米・韓国軍が北朝鮮軍より遥かに優位であるとしても、一度軍事行動が勃発すれば予測不能の被害が発生する筈である。

ここは、飽く迄も持久戦で行くべきである。

北朝鮮へのボディーブロー(経済制裁)は確実に効果が出てきている。

このまま暫くの間、経済制裁を続けた場合、恐らく北朝鮮にクーデターが起きる筈である。

ここは、北朝鮮包囲網を強化し、持久戦で行くべきである。

それが最善のソフトランディングでは無いだろうか?

北朝鮮が崩壊後は、米・中・韓・ソ・日の北朝鮮への投資合戦になるであろう。

若し、北朝鮮内で核戦争が勃発すれば、北朝鮮崩壊後も暫くの間は北朝鮮の復興は有り得ないであろう。

北朝鮮のソフトランディングを期待したいものである。

安藤美姫が真央を逆転、ぶっちぎり初優勝!! 

October 30 [Mon], 2006, 11:22
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
フィギュアスケートのグランプリシリーズ開幕戦、スケートアメリカは28日、ハートフォードで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の安藤美姫が125.85点で首位に立ち、合計192.59点でグランプリ初優勝を果たした。
 SP首位の浅田真央は102.39点の4位。
合計171.23点で3位に入賞した。
(提供 : livedoor スポーツ )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

久々のmikittyスマイルである。

久し振りに画面に映るmikittyをみて感じた事は、

体が去年に比べて引き締まっていること。

これまで積んで来た練習量を察するに容易であった。

表情と言動から感じることは、最大の敵は自分である事に気付いたようである。

今回の滑りを見て、自分に言い訳が出来ないくらいに練習を重ねてきた事が実感できる。

トリノオリンピックの時の表情とはまるで別人のようである。

私は、つくづく思うのだが・・・。

この世には、二通りの人間がいる事を!

壁にぶち当たった時に、それを乗り越え成長していく人間と逆の人間。

mikittyは前者の様であった。

また、mikittyが味わって来た経験、積んで来た練習の量は結果を裏切らないと言う事。

Mikittyから勇気を貰ったように思うのは私だけだろうか・・・?

私も頑張ろう、自分に言い訳が出来ないように!


再建中の三洋電機 復活劇の可能性 

October 28 [Sat], 2006, 15:23
闘病リハビリ中の私が在宅で
起業する事が出来ました。

そんな私が今日、気になったニュースを
ピックアップします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ミョーなことになってきた。
リチウムイオン電池の自主回収・交換問題でアタマが痛いソニー。
そのおかげで、経営再建中の三洋電機に追い風が吹くともっぱらなのだ。(提供 : ゲンダイネット )
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

三洋にとっては、正に“棚から牡丹餅”である。

経営再建途上で喘いでいる三洋にとっては追い風になるはずである。

三洋電機は携帯電話やデジカメ、そしてPC分野向けのリチウムイオン電池で世界トップのシェアを誇る。

三洋としては、“ピンチの後にチャンス有り”である。

“好球必打”あるのみである。

“一気呵成”にシェアを引き上げ経営再建に勢いを付けて欲しいものである。

安全第一

顧客優先

品質は企業の生命である。