目の疲れや老眼予防に効果のある食品とは?

December 14 [Mon], 2015, 0:23






それでは、眼精疲労改善や老眼の予防に
効果のある食品とはどのようなものがあるでしょうか?


まず、ビタミンAは目の粘膜を保護し、
網膜の働きを助け、涙を一定量に保つ効果があります。

また、眼球には「ロドプシン」という、
視細胞における重要な物質がありますが、
ビタミンAはロドプシンの合成に働いてくれます。

この栄養素を含む食材としては、

卵、牛乳、チーズ、レバー、緑黄色野菜、
うなぎ、アン肝、銀ダラ、ホタルイカ、などがあります。


次にビタミンBです。

ビタミンB群には、目に効果的な食材が多く含まれています。

ビタミンB1は目から脳への神経伝達を助け、疲れ目を防いでくれます。
ビタミンB2・B12は細胞の再生・粘膜の保護を助け、目の充血・疲れ目を回復させてくれます。
ビタミンB6は水晶体と毛様体筋の主成分となる、たんぱく質の吸収を促進してくれる栄養素です。

ビタミンB群を含む食材としては、

豚肉、うなぎ、豆腐、いわし、煮豆、
ライ麦、さば、さんま、レバー、のり、納豆などがあります。


また、DHAにも眼精疲労改善に効果があると
言われています。

体内に存在するDHAの内、多くは網膜・視神経にあり、
不足すると目・視神経の疲労に繋がります。

DHAを摂取することで細胞を活性化させ、
網膜の反射能力や、視力改善にも繋がります。

老眼対策に良い栄養素としても知られています。

DHAを含む食材は、
イワシ、マグロ、カツオ、ブリ、サンマなど魚類、などがあります。



毎日の食生活に取り入れて参考にしてみて下さい。





P R
カテゴリアーカイブ
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31