ファイト・クラブ

August 03 [Tue], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:ファイト・クラブ
制作:1999年・アメリカ
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム=カーター、ミート・ローフ・アディ、ジャレッド・レトー
あらすじ:空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。
星の数・・・★★★★★

感想
超有名な映画なのに一回も見たことなかったんですが、公開から10年以上経って、やっとこさの鑑賞!
タイトルとブラッド・ピットのマッチョな風貌から、勝手にボクサーの苦悩を描いた話だと思ってたんですけど(笑)
まるで違いましたね!
殴り合うシーンはあれども、描いてるのは暴力じゃないもの。
無意味な暴力をした時は、「このサイコボーイ!」って否定されてたしね。

ブラッド・ピット演じるタイラーがやってることは、「それ、普通に考えて違法だから!」って言いたくなるようなことばっかりなんですよ。
でもね、訴えかけてることは間違ってないの。
コンビニ店員に脅すところとか、彼の台詞にグッときちゃいました!
フリーターの私としては痛いところを突かれちまった…って感じです(笑)

それにしても、ブラッド・ピットの役作りはスゴイですね。
マッチョな体作りはもちろん。
この役の雰囲気作りのために、前歯を削ってかけた感じにしたり、奥歯を抜歯したり。
歯医者で治療するのでさえ恐い私には考えられないです!!
プロはすげーな…。
彼も、早いもので、もう46歳なんですね。

そんなブラッド・ピットを始め、プロフェッショナルな皆さんが作りあげたこの作品は超面白い!
「伏線」のお手本みたいなストーリー展開に、エンドロール前のいたずら心も含めて、最高です!
ラストのあの感じも、一瞬だけれども、最高のハッピーエンドだと私は思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ




  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/90
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。