チェンジング・レーン

July 17 [Sat], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:チェンジング・レーン
制作:2002年・アメリカ
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ベン・アフレック、サミュエル・L・ジャクソン、キム・スタウントン、トニ・コレット、シドニー・ポラック
あらすじ:ニューヨーク・マンハッタン。渋滞するハイウェイの中、若手敏腕弁護士のギャビン・パネックは重大な案件のため、裁判所へ急いでいた。一方、隣の車線を走るドイル・ギプソンは、アルコール依存症で妻子と別居中。カウンセリングによって依存症から立ち直り、彼もまた親権をめぐる裁判出廷のために裁判所へ向かっていた。そんな時、先を急いでいたギャビンが突然車線変更したため、隣のドイルの車と軽い接触事故を起こしてしまう。慌てていたギャビンは、非を認めつつもギブソンの示談の申し出を無視して白紙の小切手を一方的に渡してその場を去ってしまうのだが…。
星の数・・・★★★★

感想
結論。
大事な用がある時は、時間に余裕を持って行動しようぜ!
ってなわけで、二人はとーっても大事な用事を抱えた日に交通事故に合ってしまい、事態はどんどん悪い方に…。

申し訳ないけれども、ベン・アフレックの出る映画ってイマイチだなーって思うことが多かったのですよ。
良かったのは「グッド・ウィル・ハンティング」ぐらい?
だけども、コレは良かった!

あのね、二人どっちにも感情移入できるのですよ。
ギャビンも根っからの悪徳弁護士って訳じゃないし、ドイルだって良い人に見えて問題アリだし。
二人のすれ違いからの展開も面白かったしね。
ラストの弁護士さんの変化が好きです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ




  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/74
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。