ハート・ロッカー

September 08 [Wed], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:ハート・ロッカー
制作:2008年・アメリカ
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース
あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり……。
星の数・・・★★

感想
作品賞、監督賞他もろもろ。
アカデミー賞を受賞し、「アバター」に圧勝した本作ですが、私にはちょっと合わなかったかも…。

まずね、始まりから終わりまでずーっと手ブレで撮影してるんですよ。
爆弾処理シーンは、「緊張感を出す為」ってことで、まだわかるんです。
でも、歯磨きしてる時も、酒飲んでふざけてる時も、アメリカに戻ってスーパーで買物してる時も、とにかく手ブレ!
なんでやねん、です(笑)
「第9地区」みたいに、完全ドキュメント風な演出にするっていうわけでもないし、この全編手ブレは謎でした…。

それに主人公のジェームズの行動軸が突飛すぎる。
無鉄砲キャラってことなんでしょうけど、感情の行く先が突然ポンポン変わるので、その感情についていけなかった…。
途中、主人公が仲間に「お前は何で俺がこんなだかわかるか?」みたいなこと聞くんですけど、仲間が「知るか」って言うんです。
私も、そんなん知らねーよ!(笑)です。

ただ、戦争なんてもちろん経験したことない私としては、「イラクってこんな感じなんだ、へぇ〜」っていうトリビア的な感じで見ちゃいました。
…と思ってたんですけど、ウィキペディアの備考を見ると、イラク帰還兵協会の人に、「戦争を分かりやすく伝えようとしているが、経験者の私たちはあまりの不正確さにうんざりしてしまう」とか言われてるし(笑)
こんな感じじゃなかったのかよっ!

うーん、スーパースローを使った映像とか、それなりに見れるんですけどねぇ。
私には、アカ…デミー賞…?みたいな感じでした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


⇒⇒⇒公式サイト


  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/147
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
★de-noryさん
お返事ありがとうございます!!

現実感は中々難しいですよね。
でも、アメリカにとってはコレが現実なんでしょうね。
October 05 [Tue], 2010, 0:36
むらさん。
こんにちは。TB・コメントありがとう!

現実感が、今の我々日本人には薄いかも知れませんね。
October 03 [Sun], 2010, 11:04
★デイヴィッド・ギルモアさん
こんにちは!
TB&コメありがとうございます。

>>村の公民館か何かで上映された映画の感想を綴るブログ
確かに、「むらの〜」ですものね(笑)
思わず、笑っちゃいました(笑)
September 16 [Thu], 2010, 1:14
こんばんは、いつもお世話になり、ありがとうございます。
この映画は、戦争中毒となったジェームズが、よく描かれていました。
また、アメリカそのものが、戦争中毒ではないのかと、この映画は言いたかったんじゃないかなあ、と思いました。
ところで、失礼な話かと思いますが、貴ブログ名を初めて見たとき、村の公民館か何かで上映された映画の感想を綴るブログかと思ったのですが、全然そうじゃなかったのですね(笑)。
September 15 [Wed], 2010, 22:17
★KGRさん
こんにちは!
好みの問題だとは思うんですけど、日常っぽいシーンも揺れてたんで、どうしても気になってしまったんですよね…。

砂漠のシーンはかなり緊張感ありましたね。
相手がゴルゴ並のスナイパーなんですもん。
夕陽が沈みそうになっても向かい合ってる時は、兵士達の気持ちを考えると、泣きそうになります。


★vicさん
こんにちは!
ジェームズ・キャメロンって、何かのスピーチで、「俺が世界のキングだ!」とか言ってましたよね。
その関係で、アカデミー協会の人から「調子に乗ってやがる!アバターは受賞させないぞ!」とか思われてるのかも(笑)
私は「アバター」の方が好きなんですけどね。
September 08 [Wed], 2010, 17:56
TBありがとうございます。

>全編手ブレ

そうでしたか?

私はあまり気にならなかったというか、
むしろ砂漠のずっと耐えている戦闘のシーンや、
スーパーでのシーンは静寂に感じました。
(揺れてた記憶がありません)

私が鈍感だったのかな。
September 08 [Wed], 2010, 10:08
アカデミー賞、これですか!!??
と驚いてしまいました。

アカデミー賞にはアバターのような、娯楽の薫りがする映画より
こういう社会派の方が好まれるのかな〜
なんて...

主人公の気持ちに寄りそっていけませんでしたよね。
自分勝手で...
September 08 [Wed], 2010, 9:58