ネバーランド

August 26 [Thu], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:ネバーランド
制作:2004年・イギリス/アメリカ
監督:マーク・フォースター
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミッチェル、ダスティン・ホフマン
あらすじ:ロンドンの劇場で劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は新作の『リトル・メアリー』の初日を迎えていた。しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも、酷評されてしまう。失意の中で日課の散歩に出かけるジェームズ・バリはそこで無邪気に遊んでいる子供を目にする。
星の数・・・★★★★

感想
誰もが知ってる童話「ピーターパン」
その「ピーターパン」が出来るまでを、実際にあった話に基づいて描かれてます。
現実のお話ってことで、メイク大好き!ジョニー・デップも珍しくもあんまりメイクしてないですね(笑)

そんなジョニー・デップ演じるジェームスは、ヒット作が書けずスランプ中。
いっちょ気分転換に公園でボケーッと考えるか!ってな時に、後にピーター・パンのモデルとなる未亡人一家に出会うのです。
小さい頃からディズニーのピーター・パンを見てきた私としては、でっかいワンコを見て、ナナじゃん!とか、ジョンにマイケル、メアリー、それにピーターって…!?な見方が出来て、序盤のゆったり展開も楽しかったです。
そもそも、実在の人物をモデルにした話だったなんて知らなかったなぁ。

それに、実話に基づく小難しい伝記モノでもないのよね。
ジェームスと未亡人一家の友情物語になってるだけでなく、ピーター君の成長物語になっているんです。
男の子はこうやって大人になるのね!

一個気になるのが、未亡人一家に付きっきりで嫁との中が冷え切ってくんですけど、この設定が非常に邪魔!
まぁ、現実に基づいてるからしょうがないんでしょうけど、この設定のせいで良い話感が削がれるのよね…。

それでも、ラストのカタルシスは異常!
映画として、すごくキレイで感動的です。
映画館にも見に行ったんですけど、ちょっとウルッとした記憶があるもの。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ




  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/134
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。