ローズ・イン・タイドランド

May 18 [Tue], 2010, 0:58
作品情報
タイトル:ローズ・イン・タイドランド
制作:2005年・カナダ
監督:テリー・ギリアム
出演:ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス、ジェニファー・ティリー、ブレンダン・フレッチャー
あらすじ:10歳の少女ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェルランド)は、ドラッグ中毒の両親と共に外界から隔絶された生活をおくっていた。ある日、ローズの母(ジェニファー・ティリー)がオーバードーズで死亡する。老いたロッカーでやはりジャンキーである父ノア(ジェフ・ブリッジス)は、ローズを連れて故郷テキサスの荒れ果てた一軒家に逃亡するが、彼もほどなくオーバードーズで死亡する。独り残されたローズは、現実の恐怖や飢えから逃れてイマジネーションの世界を築き上げ、不思議の国のアリスのようにその世界を探検する。
星の数・・・★★★

感想
ファンタジーと聞くと、メルヘン&カワイイ女の子大好き映画を想像します。
が、これはダークで悪趣味な世界の連続で、とても万人にオススメできるようなお話ではありません(笑)

主人公の女の子ジェライザは、バービー人形?の体を分解して首だけで遊んだり、一人空想に浸って何役もこなしたり…。
小さい子って知らず知らずに残酷ですよねー。
自分も小さい頃は似たようなことをしていた記憶があるので、ずっと「わかる、わかるー!」と思いながらの2時間でした。

そんな空想真っ只中のジェライザを取り囲む状況もどんどん悪化していく一方…。
端から見ている私には辛く厳しい現実!なのに、女の子目線だと全てがファンタジーなのです。
ファンタジーって普通、ありえないことが起こるものだと思うのですが、この映画のファンタジーはすべて現実だという…なんか不思議なファンタジー映画でした。

あと、主役の子役の女の子。
めっちゃカワイイ!
そのカワイさと、子供の残酷さが良い対比になってました!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ




 
  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
★髭ダルマLOVEさん
こんにちは。
そんな少女だったジョデルちゃんも今や16歳だそうです!
ウィキペディアとか見てると、今は映画よりもテレビの人なんですね〜。
December 05 [Sun], 2010, 14:41
髭ダルマLOVE
もう随分まえにTBいただいていたのに、ご挨拶が遅くなりました。
ホント、主役のジョデル・フェルランドちゃんかわいかったですね〜でもって演技も素晴らしい!!
なんともいえない余韻を残す作品でした〜♪
December 03 [Fri], 2010, 15:24
★kaoritalyさん
こんにちは!
いつも勝手にTBしててスミマセン…。

この監督のファンタジーは、独特ですよね。
大人になった今見ると、この環境はドン引きです(笑)
でも、おっしゃる通り、少女には普通じゃないってことがわからないんでしょうね。
ラストのちゃっかり感も含めて、女の子っぽいなぁ〜なんて思いました。
August 23 [Mon], 2010, 1:43
どうもこんにちは。

最近たくさんのTBをいただき、お返しもままならず・・でスイマセン。

ファンタジーな世界、といえば聞こえはいいけど、ある意味妄想の世界でもありますね。少女にとって、いい環境じゃないことってことがわからないから、こうしてファンタジーな世界にいられるのかな〜と。

もうだいぶ前に観た映画で、細かいことは忘れましたが、シリアスで残酷な物語だったかと・・。

また少しずつ、TBお返ししていけたら、と思ってます。
August 21 [Sat], 2010, 15:00