十三人の刺客【試写会&舞台挨拶】

August 21 [Sat], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:十三人の刺客
制作:2010年・日本
監督:三池崇史
出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、岸部一徳、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親
あらすじ:幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。
星の数・・・★★★★★

感想
いやー、スゴかったね!
本気の三池監督はスゴイです…!

まず、これだけのキャストが集まってるってだけでも、軽くヒきます。
役所広司に始まって、大御所の松方弘樹や市村正親、若手人気の山田孝之や伊勢谷友介、そしてSMAP・稲垣吾郎。
どんだけだよ(笑)
しかも、それぞれ演じたキャラがちゃんとたってるんですよね。

例えば、吾郎ちゃん。
人の家に遊びに来て、その家の嫁に手を出すわ、殺しまくるわで本当にやりたい放題。
こんなことばっかりやってたら、そりゃあ暗殺も計画されるわ!

それに、伊勢谷友介演じる「山の男」。
お笑いポジションではあるんですけど、それがこの重い雰囲気の映画の清涼剤みたいになっていて良かったです。
宿での女遊びのシーンとか笑っちゃいましたもん。
お前は誰でもいいのかよ!って(笑)

でも、本気の三池監督ですから、ただのキャラショーでは終わりません。
主人公が釣りする場面とか、剣の修行のシーンとか伏線になっていて、ちゃんと後半に活きてきます。
特に、殿にある文章を突き付ける場面はすごくカッコ良かった!

そして、舞台挨拶でも俳優陣が見どころとおっしゃっていた、50分におよぶラストの殺陣アクション。
それ聞いた時は、「えー。50分って長すぎじゃね?そんなに長くてダレないかなぁ〜。」なんて不安でした。
でも、大丈夫!
瞬きするのがもったいなく感じるぐらいのスゴイ殺陣アクションが見れますから!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


ちなみに、当日は上映前に舞台挨拶が行われました。
司会の大木優紀アナの紹介で幕が上がると、そこには監督&俳優陣の皆様がブラックスーツで登場!
舞台挨拶用に映画に出てくるセットもあったりして、カッコ良かったです。
↓以下、私が覚えてる部分から抜粋。

役所さん「12人をひっぱっていく役どころなので、そこがちゃんと出来ているか不安でした。映画を見たら、13人の人に映画のことを教えてあげてください!」

松方さん「久々に骨太の良い時代劇が出来上がりました。」

吾郎ちゃん「朝から刺客の皆に囲まれてて、今日はちょっと怖いんですけどね(笑)小さい頃から型にはめられて、そういうことからこんな暴君になっちゃったんだろうなぁと思う。今までやったことのないような悪役なので、この役を頂けて嬉しいです。」

監督「素晴らしい作品になりました。もうこれ以上の映画は撮れないだろうなぁと思います。ま、僕も生活があるんで、今も別作品を撮ってるんですけどね(笑)」
ちなみに、監督。「『クローズZERO』シリーズや『ヤッターマン』でおなじみの…」って紹介されてたんですけど、「ヤッターマン」って言われた瞬間にちょっと笑ってました(笑)
やっぱり、「ヤッターマン」は本気じゃないのか!?

冗談も言ってましたけど、監督のおっしゃる通りの素晴らしい映画でした!
上映後には拍手が沸き起こっていましたもの。
試写会をプレゼント下さった「FAnet」さん、ありがとうございました!

⇒⇒⇒公式サイト


  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/128
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
★KGRさん
お返しありがとうございます!
吾郎ちゃん、気が狂ってて役にピッタリでしたよね〜。
アイドル臭がしなくて良かったです。

「忍たま乱太郎」どうなんでしょうね〜。
撮影中のネット記事を見た時は、アニメキャラと似すぎでビックリでした。(特に土井先生)
October 20 [Wed], 2010, 1:32
TBのお返しのついでと言っては何ですが、
まとめてTBしちゃいました。(ます。)

吾郎ちゃんはなかなか良かったです。

私は50分はちょっと長すぎたと思いました。
敵方の数がもう少し少なくてもよかった。

監督の次回作は実写版の「忍たま乱太郎」です。
加藤清史郎君が主演です。
October 19 [Tue], 2010, 18:33