ビッグ・バグズ・パニック

August 15 [Sun], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:ビッグ・バグズ・パニック
制作:2009年・アメリカ
監督:カイル・ランキン
出演:クリス・マークエット、ブルック・ネヴィン、レイ・ワイズ、キンジー・パッカード、E・クインシー・スローン
あらすじ:クーパー(クリス・マークエット)はようやく父親のコネで就職したものの、あまりに勤務態度が悪くて解雇通告を受ける。だが、その瞬間にひどい耳鳴りがして意識を失い、目を覚ますと全身が繭のようなものに覆われていた。なんとか自力でそこから脱出し、状況が飲み込めないまま放心している彼を突然襲ったのは、巨大化した昆虫だった。
星の数・・・★★★★

感想
パッケージに「10年に1度のほりだしもの!」って書いてあったんですけど、まさにその通り!
こんな誰も聞いたこともないような映画に知らない監督&俳優たち…。
こんなの誰が見るんだよ?って感じですけど、これが思ったより面白かった!

まず、開始5分程度ですでに昆虫たちに襲われている世界。
なんでこんな世界になったかは特に説明もないままバンバン話は進んでいきます!
この手の映画って結構説明長くてダレるんですけど、展開早いからダレることなくワクワクします。

それにホラーと見せかけておいて、コメディなの。
主人公のクーパー君のヘタレっぷりが超笑えます。
予告にもありますけど、虫にさらわれそうになる彼女を掴んで、「絶対に離さないよ!」とか言いながら、言った直後に話すとか(笑)
完全にコントですね!

でも、コメディだけでなく、親子の絆があったり、難聴の男の成長もあったり。
昆虫もホラーも大っきらいですけど、コレは楽しめました!
これぞ愛すべきB級映画!なんでしょうね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


⇒⇒⇒公式サイト


  • URL:http://yaplog.jp/mura-m/archive/123
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。