BEAT CRUSADERS 「HOWLING SYMPHONY」 

2004年07月21日(水) 21時39分
轟音ギターでリズムを鳴らして、ポップなメロディをしゃがれた声で叫びます。
随所に入るコーラスとキーボードも最高に気持ちいい。
これ日本のバンドなの?と耳を疑いたくなるような出来栄え。
どの曲もポップでキュートで胸キュンです。
パワーポップの激しめが好みの方はぜひきいてみてください。

そんなビークルのファーストアルバムは、シングル「E.C.D.T」がやっぱり1番。
おなじみの前ふりから、イェ〜イ!いいです。
それから、もう1曲「MEMENTO」。なんとも悲しげなメロディをロック仕立てに
するとこうなるのね。これまたいいです。

どの曲もコード進行は単調なんだけど、メロディはとってグッド。
曲は短く、平均2分!さくっと聴いて叫んでいい気分になれますよー。

Weezer 「Pinkerton」 

2004年07月20日(火) 20時31分
パワーポップファンなら必聴のこのアルバム。
眼鏡をかけた弱気そうな若者が、とんでもなく甘くポップな切ないメロディ
を奏でてくれます。
それでいて、暴走気味の激しさ、勢いもあり、はじけてます。
全体的には、前作のサーフポップ的な印象よりもすこし暗めな印象がある
のは少し気になるところではるけど、名曲だらけなのは確か。
「Tired of Sex」、「El Scorcho」、「Why Bother」きいててわくわくする曲
ばかりです。

そのなかでも特に好きな曲は、「The Good Life」
なんどきいてもこの曲の前奏をきくと心を奪われちゃいます。
いきおいのある小気味のいいリフ、歯切れのいいボーカル、だけど切ない
サビ。くるったようなギターソロの後の悲しげなつぶやきから「Yeah!!!!!」の流れ
もうサイコーです。

マットがいなくなったときはどうしようか・・・っておもったけど、その後もなんとか
ふんばってアルバム2枚リリース。これからも楽しみなバンドです。

OASIS 「(WHAT'S THE STORY) MORNING GLORY ?」 

2004年07月19日(月) 20時12分
90年代のロックを語る上で、OASISの存在は欠かせないんじゃない
でしょうか?
U.Kロック低落傾向の中で、轟音ギターとビートルズばりの気持ちい
いメロディを奏でて登場したOASISの2枚目のアルバムがこれ。
リアムのダミ声でロックを聞かせる1曲目「Hello」、2曲目「Roll With It」
ノエルのソングライティングセンスがひかる3曲目「Wonderwall」など
など名曲ぞろい。
なかでも4曲目「Don't Look In Anger」は大好きな曲です。
カラオケでも、洋楽曲にみんながひいちゃっても歌っちゃう。
ライブでも最も聴きたい曲です。
ピアノから入る希望のもてるメロディ、悲しくて泣けくるサビ。音楽って
いいな〜って思わせてくれるよなー。

そんなOASIS、個人的には3枚目はメロディ重視でまずますのアルバ
ムだったけど4枚目などその後の作品にはいまいち思い入れがない
んだよな〜。
バンド内のごたごたとか、いろいろ聞こえてくるせいなのか?
初期の作品に思い入れがあるからか・・・
よくわからんけど、次回作に期待!

The Presidents of The United States of America 「The Presidents of The United States Of America」 

2004年07月19日(月) 9時01分
なんとも・・・なネーミングのバンドです。
90年台に何枚かアルバムを出してます。
このバンド、ふれこみで5弦のバンドっていうのがあって、3弦ギターと2弦
ベース+ドラムの3人編成ってなことになってたみたい。
おちゃめなキャラクター、おちょくってるサウンド作りでたのしませてくれました。
1曲目の「Kitty」ではミャォ〜、ミャォ〜ってネコの鳴きまねから入り、
6曲目の「Peaches」では、昔話の桃太郎を彷彿とさせるドンブラコ感たっぷり
の桃メロディを奏でてくれてます。
だからって、テクは結構なもんです。Kick Out The Jamesのアレンジなどもあり
アルバム全体として、ソリッド感のあるガシガシ系の音。いわゆるガレージ
ロックとよばれる分類にでもなるんだろうか?余計な機材、アレンジは加えず
生音勝負みたいなところも好感がもてます。
シンプルな編成で、シンプルにいい曲を鳴らすってのはやっぱりいい。
このバンド、名曲Video Killed The Radio Starのカヴァーでしてて(別アルバム)
ほんと、絶妙に仕上げてるんだよね。

解散したって聞いてたけど、その後1枚アルバムが出てるのを発見。
購入したけど、なんか前とちがうな〜って思ってあんまりきいてない。
最近は元気にしてるんだろうか・・・

CHEWY 「SOMANYDYNAMOS」 

2004年07月18日(日) 23時08分
Weezerファン必聴のバンドCHEWYの2ndアルバムです。

音楽好きの人ってやっぱり楽器やりたいよね。
特に一度はあこがれるギター。で、もしギターが弾けるなら
この曲を弾きたいって曲もあるんじゃないかな・・・
このアルバムのBonus TRACKに入ってる「May」は、
そんな弾けるなら弾き語りしてみたい曲の1つです。
切ないメロディで、切ない歌声。悲しげな空気いっぱいのこの曲
は泣けますよ・・・
ほかにもこのアルバムはパワーポップ、ギターポップ的な泣きメロ
満載、サーフポップもあって夏にあっとるわぁ。
しばらくCHEWYの活動状況をチェックしていませんが、元気なんで
しょうか?ご存知の方、教えてください。

ちなみにMayのギターは、アルペジオを弾きこなせないので
ブブーーーーなのだが。

中村一義 「ERA」 

2004年07月16日(金) 21時28分
このアルバム、中村一義のアルバムの中で一番好きだな〜。
それまでの2枚と比べると、詩の世界、メロディにポジティブ要素が
強く入ったようなきがする。それでいて、がんばりすぎてなく、弱さも
みえるような。バンドの関係がいいんだろうね〜。その先の1枚は
ちょっとシングル曲が多いせいか聞き込んでない。

で、「ERA」このアルバムもいい曲満載だよね。
「1,2,3」、「ジュビリー」、「ピーナッツ」、「君の声」、圧巻は「ショートホープ」!
こうやって聞きなおしてみると、やっぱりすごくいいです。
そんな彼らは100s名義で今後リリースするとのこと。さっそくA出てるね。
まだきいてないんだけど。
ライブも2回しか見たことないけど、元気になれるオーラを持ってるね。
なかむらくんのライブの予定ってこの先なんかあるんかいねー
情報ある人なんかかいてね。

Orange Deluxe 「NECKING」 

2004年07月16日(金) 20時21分
アルバム目当てというよりは、2曲目の「Love 45」を目当てで
買ったんですよね。
前奏から、わくわくさせるギター音。サビもとててもポップです。
メロディのさわやかさと、ボーカルの若干ネチッとした感じが
まざっていい感jじだんだろうな〜。
で、アルバム全体をきいてみると、サイケの入ったロックって感じ
でしょうか。
Love 45っぽい曲を期待してると、ちょっとはずれかもしれんなぁ。
でもやっぱりこの曲があればOKでしょう!
ということで、このバンドの正体を教えてくださーい。

くるり 「さよならストレンジャー」 

2004年07月15日(木) 20時48分
「くるり」といえば、やっぱりこのアルバムです。
まだデビューしたての不安定さと、若いパワーを感じさせてく
れます。
全体を通して聞くと、なんとなく、くるりの世界観がみえてくる
のかな〜と思います。
聞いてる人をけむにまくようなコード進行もあれば、切々と歌い
あげる声も印象に残る。
必聴は、4.「さよならストレンジャー」、6.「東京」、12.「ブルース」
です。

くるりが出てきたとき、JAPANの付録にくるり号のペーパークラフト
がついてて、なかなか凝ったセールス手法だな〜と関心したのを
覚えてる。
電車好き、カープ好き、ちょっとオタクっぽいけど真剣で、かっこいい
よな頼りないよな姿や、やたらガニマタなギターの弾き方や・・・
岸田君のキャラクターはやっぱりおもしろい。
でも3人編成のくるりがしっくりきすぎていたので、今のくるりになか
なかなじめないんだよね・・・いやはや

The Undertones 「The Undertones」 

2004年07月14日(水) 20時36分
このアルバムに入っている「Teenage Kicks」この曲っていいです。
リズムはアップテンポじゃないんだけど、パンク!
まぁタイトルからして、なんか期待させてくれちゃうもんね

Undertonesを知ったのはミッシェルがTeenage Kicksをカヴァーして
るライブを見て、この元ネタは誰だろう?って調べたのがきっかけです。
ちなみにミッシェルのカヴァーバージョンは、とっても高速なテンポで、
それはそれでミッシェルらしくってすごいいいんだけど、元曲聴いて
やっぱこっちの勝ち!となってんですわ。
このアルバム全体は基本的にパンク色が濃いね。(あ、パンクバンドか
音は少なく、ボーカルもややしわがれ声で、激しいパンクにはついて
いけないって人も聞きやすいと思われます。

もうこのバンドっていないんだよね・・・こんな音を出す最近のバンドって
いないかな〜

Pimlico 「Pimlico EP」 

2004年07月13日(火) 20時33分
パワーポップ的なメロディ、リフでとってもキャッチーな
2曲目「ME AND MR LONELY」
この曲に一時期はまって、いつもこの曲リピートしてたんだけど
今聞いてもやっぱりいいもんです。
ポップの名曲ってコーラス部分が大事だな〜とつくづく思うので
あります。
ちなみにこのバンドのことはぜんぜんしらんので、情報くださーい
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像julia
» Pimlico 「Pimlico EP」 (2009年01月14日)
アイコン画像堀江です
» BEAT CRUSADERS 「HOWLING SYMPHONY」 (2006年05月05日)
アイコン画像Cosmic
» BEAT CRUSADERS 「HOWLING SYMPHONY」 (2005年09月17日)
アイコン画像むねむね
» 中村一義 「ERA」 (2004年07月19日)
アイコン画像umiko
» 中村一義 「ERA」 (2004年07月19日)
アイコン画像むねむね
» 中村一義 「ERA」 (2004年07月18日)
アイコン画像umiko
» 中村一義 「ERA」 (2004年07月17日)
アイコン画像むねむね
» Silver Sun 「Silver Sun」 (2004年07月13日)
アイコン画像jam
» Silver Sun 「Silver Sun」 (2004年07月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:munemune
読者になる
Yapme!一覧
読者になる