戦国無双3 

April 29 [Fri], 2011, 22:37
最近やったゲーム

「戦国無双3」

wii版のやつ。コントローラーつきのを買った。
前作よりは処理落ちが少なくなった…かも?

戦闘は爽快感も抜群だし面白いんだけど、
イージーモードでやると敵だけでなく味方も弱くなって
気づくと戦場にひとりきりみたいになる。
更に、戦闘中に出るミッションがめんどい。
無視してもいいけど、そうすると味方が不利になるのでやらないわけにもいかない。
そんな感じで不満はありつつも戦闘は楽しい。

…んだけど、とにかくストーリーが酷い。
特に真田幸村のストーリーで、幸村と幸村の兄の嫁が深い絆で結ばれてるよ!
みたくされてて腹が立つレベル。
キャラによってはいい話もあったかもしれないけど
一番好きなキャラがご覧の有様だったのでもう辛い。

ゲームコントローラーを買ったらソフトがついてきたよ!
…と考えたらいいのかもしれない。

遙かなる時空の中で 夢浮橋 

April 29 [Fri], 2011, 22:11
ゲームの感想

「遙かなる時空の中で 夢浮橋」
DSで出たのをリメイクしたPS2版の方。

「遙かなる時空の中で」の1・2・3のキャラが一堂に会した作品。
私は作品展開の薄い2が一番好きだったので楽しめたけど
いろんな展開をしてる1とか3が好きな人がやってどう思うかは知らない。

この作品はゲームが1から5まで出てるけど、
出るたびに主人公の性格が悪くなってる気がする。
1・2は普通に良い子だなーと思ってたけど
3あたりから「うわっ」と思うことが多くなってきて4で作品とさよならした。
5はもっと主人公の性格が……な感じになってるらしい…すごい。

FE蒼炎・暁感想 

April 29 [Fri], 2011, 21:28
最近やったゲームの感想。

「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」

任天堂のFEシリーズ。
今やDSで新紋章とか出てるのに、今さらゲームキューブソフト。
それでも中古ショップでかなりの値段、すごい。

FEシリーズといえば、主人公が王族、そして弱いのかと思いきや、
蒼炎の主人公は傭兵。そして激強。と意外な感じ。
最終的には主人公一人でマップ攻略できるくらい。

話は王道で、クリミア(国名)に住む傭兵団の団長の息子(主人公)は、
ある日傭兵の任務の帰りにデイン(国名)の部隊と戦う。
デインの攻撃を退けた後、一人の女性を保護するが、
それはデインの攻撃で全滅したと思われたクリミア王国の隠し子だった。
その王女と共に王国を取り戻すというのがゲームの目的。

マップも適度に難しいし、登場キャラもかなり個性的なので
好きなキャラを強くして最終マップに連れて行ったりすると超燃える。

で、その続きの作品が

「ファイアーエムブレム 暁の女神」

消化しきれてない謎なんかが解明するのかと思いきや
むしろめちゃめちゃにした作品。

前作から3年後。今回は前作で侵略する側(そして負けた国側)だったデインをメインにスタート。
前回の戦争で帝国の厳しい支配下に置かれたデインの若者達が
自分達の国を取り戻すために戦うのが第一部。
第一部はデインの話なので新キャラが多数でてくる。
で、多分この第一部に出てくる女の子が主人公。

第二部は前作のクリミア王国が舞台で、内乱を収める話。
こっから前作のキャラばっかりになってきて、前作知らない人にはわけがわかんなくなりそう。

第三部は章によって主人公が変わって、
それぞれこんな理由で戦争やってるんですよーみたいな話。
前作の主人公がとにかくたくさん出てくる。
んで第四章と第三章の間で突然に
デウス・エクス・マキナっつーか超展開が起こって
神の裁きで一部を残して全ての生き物が石化し、神(とその配下)と戦うことになる。

正直話としてはポカーンとするしかないレベル。
そしてどっちの国も悪くないように話を作ってるつもりなのかもしれないけど
明らかにスタッフが前作のキャラに思い入れがあるのか
やっぱりデイン側を悪いように書いてる。
…ので第一部の主人公の子とかかなり扱いが酷い。
そして最後は全部前作の主人公がもっていってた……。

私的には前作にもいた「サザ」というキャラクターが今作の準主人公になるようだったので
かなり期待していたけど、フタをあければただのジェイガンポジションだったのがショックだった。
そして、どんなに弱くても好きなキャラクターをレベルMAXまで育てて
最終戦に連れてくのがこのゲームの醍醐味よね〜と思っていたのに、
今作では、弱い兵種はレベルMAXでも弱いので、
本当に好きなキャラだけ連れて行くと、たぶん最終的にどっかで手詰まりになる。
サザに至っては最終マップあたりにいくと、パラメーターがMAXまで成長してても
ほとんどの敵を倒せなくなってたりする。
だけど前作の主人公は今回も無双ができる。ひどい、ひどすぎる。

おしい感じのアニメ 

June 01 [Tue], 2010, 23:00
吉野裕行さんが声をあてている
「閃光のナイトレイド」というアニメを毎週見ています。
このアニメを見ていると、ガンダムOOを見ていたときに感じた
「いろいろ惜しいッ!!」という感覚が呼び戻されます。

ナイトレイドがどういう話かと言いますと、
戦時中の上海が舞台で、集められた4人の超能力者が
いろいろな事件を裏で解決(操る…か?)するというものであります。

何が惜しいのかというと、4人の関係性があまりにも希薄で
淡々としすぎているという点に尽きます。
ガンダムOOの時も、4人のガンダムマイスターが云々…でありながら
互いがそっぽを向き合っている状態で「惜しいな」と思ったのですが
ナイトレイドもまさにそんな感じ。
仲が良いとか悪いとか以前の問題で、互いに関心がないというのがツライところです。
好きの反対は嫌い……じゃなくて、無関心だよね……という気分になります。
おそらくあと3〜4回で放映も終わりかと思いますが化けるといいなぁ…。

今期のアニメは「四畳半神話大系」が面白いと思います。
あと「ANGEL BEATS!」のオープニング曲が良すぎるので、OPだけは欠かさず見ます。
(その後寝てしまうこともあります)
「あなたと合体したい…」で有名なCMでよく流れていた「創世のアクエリオン」と同じで一度聞くとずっと頭の中で流れる感じ。
「裏切りは僕の名前を知っている」も見ると笑ってしまう…
たぶん真面目な話なんだと思うけど。

【やったゲームと読んだ本メモ】
「イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード」
サッカーRPG「イナズマイレブン」の第二弾。
「ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」と同じで、
ファイア版とブリザード版の2種が出ています。
違いは途中で闘うチームや、仲間にできるキャラ等。

ストーリーは、前回の「イナズマイレブン」作中で、
全国中学生の頂点を決めるフットボールフロンティアで優勝した
主人公(円堂)のチーム「雷門イレブン」ですが、物語はその数日後からはじまります。
いつものように河原でサッカーをしていた雷門イレブンは、
突然ものすごい衝撃と共に雷門中の方角が光に包まれているのを目にします。
雷門中へ急いだ円堂達が目にしたものは崩壊した学校でした。
なんと学校はエイリア学園と名乗る宇宙人に破壊されていたのです…。
(笑うところではありません)
宇宙人は「地球のあるルールに基づいて勝負し、勝ったら学校を破壊する」などと言い出します。
そしてそのあるルールとは……サッカー!!(笑うところでは…(以下略))
そんな訳で、さっそく宇宙人にサッカーで勝負を挑んだ円堂たちでしたが
宇宙人にボロ負けします。
…というわけで、円堂たちは、宇宙人を倒すために
日本中をまわって強い選手をスカウトし
地球で最強のチームを作る旅に出たのでした。

という話です。真面目な話です。真面目な話なんじゃないかな。
制作会社がレベルファイブなんですが、レベルファイブの何がすごいかというと
「レイトン教授」シリーズも同様で、とにかく絶対にありそうもない荒唐無稽な話を
上手いことまとめるところなんじゃないかと思います。
宇宙人て…宇宙人がサッカーで勝負って…。
というのを力技でねじ伏せるようなパワーがストーリーにあります。
「あり…な気が……してきたッ!!」みたいな。
キャラの描き方も上手く、やりこみ要素が多いため、ハマれば100時間は軽く遊べます。
ちなみに「イナズマイレブン3」は世界への挑戦編で、
宇宙から世界にスケールダウンなのかよ!! と思ったのであれば
イナズマ2をプレイしてみるといいと思います。
ちなみに「イナズマイレブン」のアニメは神作品です。

「冷たい校舎の時は止まる」
辻村深月の小説。タイトルの響きがいいと思います。
とある雪の日。いつものように登校した主人公と何人かの友人。
しかし、校舎には自分達以外誰もいません。
今日って学校休校になったのかな?などと思っていた主人公達ですが
やがて学校の外に出られなくなってしまったことに気付いて…という話。
話自体は面白いのですが、ヒロインの名前が作者と同じであり、
周囲が「ヒロインは弱い子だからオレたちがヒロインを守るぞ!!」みたいな感じで
それらを踏まえると「自己投影……キモチワ……(以下略)」と
読んでる途中で我に返ってしまい、その後はあまり気持ちよく読めませんでした。
有栖川有栖シリーズのアリスとか、坂木司の引きこもり探偵シリーズみたいに
同姓同名のキャラがワトソン役(=語り手=作者)として出るのはアリだと思うけど
なんで自分と同じ名前にしちゃったんだろう。
…あんまり意味がないと思うんだけど。

連続でやってきましたッ! 

May 21 [Fri], 2010, 23:44
昨日に引き続き更新しに来ましたッ!!

なんでこんな言葉の使い方なのかと言うと、
6/24に発売のDSゲーム「ゴーストトリック」
サイトがすごかったからですッ!!
「ゴーストトリック」といえば、私にとっての神ゲーである
「逆転裁判」のシナリオを書いた巧舟さんが手がけたゲームなので
これはもう期待せずにはいられません。
曲も逆転裁判っぽいなーと思っていたら同じ方でした。すごいッ!!
サイトで体験版をやりましたが、これはもう絶対にハマる予感がします。
とにかく文章が上手い! 「読ませる」文章っていうのはこういうものかと!!
本当に思います。

そして、このゲームに登場するポメラニアンのミサイル(名前)の
話し方が「…ですともッ!!」でかわいらしすぎるので、
私も真似をしたみたの…ですともッ!!
「ゴーストトリック」のサイトのミサイルの項目のところをみると
「ポメラニアン、やってましたッ!!」ってでるのもかわいすぎです。
そんな訳でさっそくイーカプコンで予約してきました。

6/24はヤバイですね、ときめきメモリアルのGS3も出るので
どっちからやったものかと本気で悩んでいます。
まーでも、電車の中でときメモはちょっと見られたときに恥ずかしいので
電車の中では「ゴーストトリック」家では「ときメモ」とかになるかな〜?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いぬのさん
  • アイコン画像 誕生日:10月16日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-レッズの試合観戦
    ・テレビ-吉野裕行さんを応援しています
    ・読書-今野敏・宮部みゆき・柴田よしきスキーです
読者になる

読書感想文(主にミステリーとマンガばっかり)・
サッカー観戦記(レッズばっかり)と
吉野裕行さんが声をあててる作品の感想等を書いてます。


2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像セノオ
» あけましておめでとうございます (2008年01月14日)
アイコン画像いさか
» 痩せそう… (2007年09月15日)
アイコン画像セノオ
» 痩せそう… (2007年09月09日)
アイコン画像TH
» 怖えぇぇ!! (2007年03月01日)
アイコン画像TH
» マッサージ悲喜こもごも (2007年02月07日)
アイコン画像カモメさん
» 新ユニフォーム (2007年01月21日)
アイコン画像カモメさん
» 風林火山A (2007年01月16日)
アイコン画像働かない珍獣
» ブレイブストーリー (2007年01月13日)
アイコン画像カモメさん
» あれ? (2007年01月11日)
アイコン画像山瀬ヒナコ
» 学習能力の違い? (2007年01月11日)
Yapme!一覧
読者になる