明日葉 

June 20 [Fri], 2008, 18:35
明日葉は、房総半島、三浦半島、伊豆七島などの温暖な土地の海岸に育つセリ科の植物です。

植物にはほとんど含まれていないビタミンB12を豊富に含み、葉緑素、ゲルマニウムも含んでいることで注目されています。

明日葉に含まれている「カルコン」という成分が、セルライトを撃退するために欠かせない成分です。

血液やリンパの流れを良くし、脂肪の毛細血管を増生させて、老廃物をスムーズに排出します。

カリウムが余分なナトリウムの排泄を促す利尿効果があるので、むくみ解消、セルライトも解消してくれます。

脂肪の吸収を抑える働きもあり、肥満防止、ダイエット効果、便秘解消、その他にも、貧血予防、白内障など、糖尿病による合併症の発症を防ぐ効果もあり、素晴らしくたくさんの栄養が含まれている健康食品です。

頭にもほくろはできる? 

June 20 [Fri], 2008, 17:49
髪の毛に埋もれてしまい見逃しがちですが、当然 頭にもほくろはできます。

頭のほくろのところだけ髪の毛が生えていない、
逆にほくろから、他の髪より太い毛が生えているということが多いようですが、

どちらにせよ、普通のほくろと変わりありません。
毛が生えている場合は、盛り上がったほくろであることが多いです。

化粧品の賞味期限 

June 16 [Mon], 2008, 18:59
化粧品に期限が記載されていることはほとんどありませんが、封を切っていない状態なら1〜3年は持ちますが、湿気の少ない日陰に保管しましょう。

化粧品は生ものですから封を開けたらなるべく早く使い切るのが鉄則です。

封を開けたら1年以内に使い切りましょう。

1年で使いきれなかった化粧品はボディ用に使用すると良いと思います。

夏にしか使わない日焼け止めクリームを1年越しで去年の余ったものをまた使用するというのは、時間が経って酸化してしまったものを肌につけるということは逆効果です。

また、2層式になっている特別なものを除いて、使用前に化粧水を振るのも「酸化」を促して鮮度を促すことになります。

クリームもケースに直接指を入れて取るのも厳禁です。

クリームに「ヘラ」がついているブランドもありますが、これはクリームの酸化を防止するためです。

ヘラ付きでなければスプーンなどで代用しましょう。

化粧品を直接指で触ることは化粧品の「もち」を悪くしてしまいます。

化粧品のサンプルは未開封でも1年は持ちませんので、なるべく早く使い切りましょう。

旅行の時に、小さなサンプル化粧品はとても便利ですが、何ヶ月も先の旅行までに取っておいて・・というのは、美肌のためには良くありません。

パワープレートの効果 

April 28 [Mon], 2008, 15:52
主に太ももの後ろやヒップにできる醜いデコボコが「セルライト」と呼ばれている脂肪です。

皮下脂肪がある部分の皮膚がオレンジの表面のようにデコボコしているところがセルライトです。

太ももの後ろやヒップの肌を指でつまんで触ってみて、肌の感触がなめらかでない、多少凸凹があったり、脂肪の塊が蜂の巣状になっていて見た目にもひどい場合は、かなり重症といえます。

セルライトは、老廃物によって肥大した脂肪細胞の塊です。

女性は、男性よりも薄くて大きい脂肪層があり、女性の皮膚はゆるく網状に形成されていることが関与していることから、女性にとっては年齢、体重関係なくいつでもセルライトができやすいのです。

偏った食生活や運動不足が原因で肥大した脂肪細胞が固まったゼラチンのようになり、セルライトが形成されていきます。

セルライトを取り除く方法はランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動で新陳代謝を活発にし、体内の脂肪を燃やすことがいちばんです。

パワープレートはなかなか運動では落としにくいといわれるセルライトにも効果的です。

脂肪が分解されて組織層の働きが活発になり、結合組織を強化してセルライトを減少させ、凸凹がなくなり肌がなめらかになります。

プラセンタ研究所 

April 25 [Fri], 2008, 20:33
株式会社ビービーラボラトリーズの「プラセンタ研究所」シリーズは、10年に渡るロングセラー商品です。

プラセンタ化粧品といったらプラセンタ研究所、というくらい有名で信頼できるメーカーです。

2種類の原液を併用することで、より美肌効果が期待できます。

洗顔後、原液→化粧水→美容液→クリーム、という順番でお手入れしてきます。

半身浴 

April 25 [Fri], 2008, 15:44
汗をかくと毛穴がきれいになる・・・そんな勘違いしていませんか?

汗をかくと老廃物が出る、ということはありますが、汗が出る「汗腺」と毛穴は全く別物です。

サウナに入ること=毛穴をきれいに掃除すること、ではありません。

むしろ、熱い室内に突然入るサウナは肌をビックリさせてしまいます。

肌本来の力で体温調整をしようとして毛穴が一気に汗を吹き出すので、肌を疲れさせてしまうことになってしまいます。

肌にとって過酷な状況に身をおくことは、血管が酷使されて血液循環の機能を鈍らせてしまうのです。

それによって毛穴が開きっぱなしになり、血液の流れがおかしくなってしまい、うまく栄養を運べなくなるので、肌の表面の「表皮」が栄養失調状態になってしまう、ということになってしまいます。

汗をたくさんかくことは体に良いことには間違いありませんが、肌のことを考えるとサウナよりもお風呂で 「半身浴」 をおすすめします。

半身浴は、少しぬるめのお湯の中に胸から下だけじっくりと20分以上入る入浴方法です。

半身浴でゆっくりと時間をかけて身体を温めて汗をかくようにすると、汗と皮脂のバランスが取れて肌質が変わってきます。

根気よく半身浴を続けていくと自然に皮脂の分泌がおさまって毛穴も閉じて、肌質がかなり変わりますし、ダイエット効果もありますのでおすすめです。

ニキビ跡を隠す 

March 12 [Wed], 2008, 20:40
ニキビ跡を隠したい時には、茶色に近い濃いめのリキッドファンデーションを使います。

コンシーラーの主流は白に近い色ですが、白は浮き出てくる色ですので、ニキビ跡を隠すというよりもむしろ目立たせてしまうことになってしまいます。

濃い色は、奥に収まってくれる色です。

ニキビ跡には色がありますので、それよりも濃い色で目立たさないように隠す、というやり方です。

一般的には「ニキビ跡はコンシーラーで隠す」という方が多いかと思いますが、白っぽいコンシーラーを塗ると時間が経つと浮き出てきて余計に目立ってきてしまったりしますので、見直してみて下さい。

また、皮脂の分泌が盛んになっていて毛穴が詰まっている状態のニキビには、油分を多く含んでいるファンデーションをつけることはあまり良くありません。

ニキビが余計に悪化してしまうこともあります。

化膿していたりとニキビの状態がひどい時には、なるべくファンデーションを塗らずに肌を休ませてあげましょう。

その分、アイメイクなどのポイントメイクを丁寧にして人の視線が目元にいくようにしましょう。

パワープレート 

February 29 [Fri], 2008, 6:36
パワープレートの3次元振動は、通常のトレーニングマシーンよりも効果的に筋肉を刺激します。

従来のトレーニングよりも短時間で効果的に運動ができ、バランスがよく引き締まった美しい体を手に入れることができます。

普段使っていない筋肉やインナーマッスル(体の内側の筋肉)への振動が、たった10分のトレーニングでもカロリーを消費しやすく、脂肪を燃焼しやすい体質を作り出します。

筋肉の血行が促進され、より効果的なストレッチを行うことが出来るため、ストレッチや柔軟体操にも最適です。

パワープレートは、全身の筋肉が活性化されることで基礎代謝量が上がり、脂肪を燃焼しやすい身体になることであり、「○キロ痩せられる」ということよりも、身体を引き締めたり、体脂肪率が減少する、といった効果をもたらしてくれます。

汗をかきながら激しい運動を長時間行うのが苦手な方、メタボリックやセルライト気になる中高年の方にも嬉しいダイエット、シェイプアップ法です。

毛穴パック 

November 24 [Sat], 2007, 11:38
穴ケア用のパックは、色々な種類のものが発売されているようです。

シート状のパックを鼻の黒ずみが気になる部分へ貼ってはがすタイプが主流でしたが、クリームを塗って乾いてからはがすもの、洗い流すタイプのものなど色々なタイプがあります。

このような毛穴パックは肌に大きな負担をかけてしまう可能性が多いにあります。

パックを使うことにより汚れを無理やり押し出すことになるので、毛穴を広げてしまうことになります。

頻繁にパックをすることで毛穴は広がってしまうので皮脂が出やすくなり、角質が分厚くなってゴワゴワしてしまうなど、のトラブルを引き起こしてしまうことにもなります。

市販されている毛穴パックを上手に利用するには、「やり過ぎないこと」と「パック後のケアをしっかりすること」です。


毛穴パック


皮脳同根 

November 20 [Tue], 2007, 19:44
佐伯チズさんのお手入れの基本に、「皮脳同根」という言葉があります。

「皮脳同根」とは、皮膚は脳とつながっていて、もうダメだと思うと皮膚は衰え、きれいになりたいと思えばその思い通り、どんどんきれいになっていくということです。

気持ちを込めてお手入れすると、その思いは肌に伝わり、「脳できれいになる」ということを忘れてはいけません。

同じ化粧品でも気持ちを込めてつけるのと、適当につけるのでは浸透も効果も変わってきます。

佐伯チズさん自身、旦那さんを病気で亡くしてから1年、泣き続けて鏡すら見ていない生活を続けていたら肌をボロボロにした経験をしているそうです。

それから、「きれいになりたい」というすがるような思いでスキンケア中にブツブツ唱えながらお手入れを始めて1年かけて美肌を取り戻して、クリスチャンディオールに就職することができたそうです。

「きれいになりたい」という気持ちを心から願うと、その声を皮膚がきちんと聞いてくれて応えてくれる・・・嘘のような話ですが、「病は気から」という言葉もあるように、精神的なことはスキンケアにもとても大切なことといえます。


佐伯チズ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mukufusa
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる