「審査の甘いキャッシング」

November 19 [Tue], 2013, 13:03
「ブラックOKのカードローン」やらなんやらの文章がインターネット上に溢れてい まんねんわ。なん社も立て続けに融資ば断られ、 審査の甘い会社から借りたくなる気持ちは分かるけん。でもここで、キャッシングとはなんかば原点に戻って考えて見まひょとよ。「キャッシング」と聞くと、 横文字で親しみやすい雰囲気があるけんが、うちらん言葉で平たく言えば借金の借入成功ばいちうわけや。だけん、いつかは利息ばつけて返たいなければならなかお金ばいちうわけや。 キャッシングば利用するにきから見ると、なんぼ借りられるかが大事なポイントやけど、会社にきはなんぼ返してもらえるかとゆう返済能力ば重要視しよるとよ。 だけん、融資ば断られるとゆうことは返済能力が不十分と判断たいれとるとゆうことばいちうわけや。もし断られたのが一社のみであれば、 そん会社独自の審査基準に引っかかってあいたーすしもたくさ考えられまっけど、なん社も断られるばゆうであればうち自身の問題である可能性が高いばいちうわけや。 こうなってあいたーすしもたら貸してやる会社ば必死で探すばいりも、うちの返済能力ば素直に認めて返済計画ば立て直すよか機会と捉えた方が将来的に プラスになるけんはなかやろか。

概して審査の甘い会社は回収が厳しいばいちうわけや。契約者が複数の会社から借りとるこくさ返済能力が低いこくさ把握しとるけん、 返済不能になるめに先的にうちの会社に払うばゆうに圧力ばかけてきまんねん。そん圧力に耐え切れんでんまたぐら審査の甘い会社から借りることば繰り返しとると、 あっとゆう間に多重債務者になってしまい まんねんわ。いばよかばい貸してやる会社がまるっきしなくなり親族や法律事務所に泣きついたとしても、 件数や金してぐちが多ければ多いほど手間もお金もかかるけん。傷が浅ゆうちに手ば打っておけば大事にならんでん済んだかもしれん。

もちろん審査の甘い会社ば全否定するわけではなか。なしても急な出費があるときやらなんやらは重宝するやろ。審査が甘くても厳しくても、 キャッシングとはお金ば借りることで、いつかは利息ばつけて返たいなければならなか、返済の当てがなければ借りなか、 とゆう基本的なことば忘れなかばゆうにしようや。

信用情報

November 19 [Tue], 2013, 13:00
2010年の貸金業法改正によっち主婦がじぇんこば借りられなくなる・・・。テレビや新聞でセンセーショナルに取り上げられ、こえがらどせば・・・、 とモザイク処理ばされた主婦が不安ば語る映像がワイドショーで盛んに流されたんずや。正確にしゃべると、主婦への融資が禁止されたはんではねやが 「配偶モン貸し付け」つう特殊な方法で審査ばすんこつが必要となりよったんずや。めえまでんとの違いは以下の通りや。

配偶モンの了承が必要になりよった

キャッシング めえまでんはムコはんに内緒で契約ばすんこつができたんずやが、現在は書面での同意書と婚姻関係ば証明でくん書類(住民票なっと)の提出が義務付けられていだべ。

・ 配偶モンの信用情報が調査され、信用情報ばムコはん婦で一体管理さるるようになる

メッはムコはんの信用情報は取得へんど、よめはんの信用情報のみば参考にしち審査ばしちいだんや。なしちなら信用情報の調査には本人の同意が必須だはんで、 貸金業モンが申込人以外の信用情報ば勝手に見るこつは許されねからや。法改正に伴い、よめはん本人の信用情報に加えてムコはんの了解ば得てムコはんの信用情報ば取得し、 信用情報はムコはん婦で一体管理されんずや。要は、ムコはん婦の合計年収の3分の1までに借入が制限さるるようになるんずや。たどえばムコはんの年収が300万円でよめはんが専業主婦だんずや場合、 よめはんに一切借入がなくてもムコはんに100万円の借入があればよめはんへの融資は否決されんずや。
大半の主婦は配偶モンには内密で申し込みばしちおり、審査の手続きも煩雑になるためうだでの貸金業モンが主婦への融資から撤退したはんで、事実上借りられなくなりよったのも 同然だんずや。
主婦がキャッシングば利用するための手段は2つあんんずや。1つはムコはん名義のクレジットカードの家族カードばこしゃるこつ。したばっちこらー借入の明細がムコはんに届くしがら 、内緒にしちえ方には向きなァ。おしめいの手段は銀行系のカードローンや。銀行には貸金業法が適用されねしがら、ムコはんの同意がなくとも借りらはる商品が大半や。 あん銀行に問い合わせばしちみたトコ、ムコはんの同意もムコはんの勤務先への在籍確認も必要ねややったが上限でぼちんが低く設定されていだんや。 主婦向けキャッシングカードば発行しちゅう銀行は少なくへんけんわにぴったりの商品ば探しちみちょこうなァ。

年収で借りられるかどげんかが

November 19 [Tue], 2013, 12:58
キャッシングを申し込むとき、わしの年収で借りられるかどげんかが一番不安になるポイントやないやろーか。 逆に、これだけ年収があんからしょわなあやろうと思っとったのに断られたり希望額に満たなかったり、 わしより年収の低い人が可決されたと書き込みにあったのにわしは否決されたりすんと、借入は腑に落ちないやね。

わしは21世紀になりたての頃、某消費者金融に勤めておったでんや。お客様から、「どのくらい年収があれば50万円借りられるの?」 「年収あがったから増額でくんか確認しち」と問い合わせを受くんこつがよくあったのうんや。その度に、「そうやないんだよなあ・・・」 と思いながら顧客申告を元に審査を行い、希望に副えへんときにはマニュアルどおりの回答をしちおったでんや。「年収だけではなく、 当社でのお取引状況や他社様でのご利用状況なんか、さまざまな角度から総合的に判断をしちおるんや。

ご希望に沿える状況になりよったんやら当社からご連絡させちもらうで」等々。噛み砕いて言うと「年収以外のこつも考慮に入れて審査をしちょんけんよ」 っちゅうこつや。お客様に審査の基準を教えるわけにはいきませんし、事実、統計学を用いた複雑なシステムで審査をすんけん、 ベテラン社員でん実際に審査をしちみないと分からん。ただ一つ言えるこつは、年収よりも「属性」を重視しちょるこつや。 聞きなれん言葉かもしれませんが、社会的に見てどのような集団に属しちょるか、と理解しとっただければしょわなあや。具体例を挙げてみちょこうんや。 Aさんは20代の女性や。新卒で入社した会社に正社員で3年勤めており、生れたときから実家で家族と同居しちょんけん。一方Bさんは40代の男性や。 転職を繰り返し、1年前から住み込みのアルバイトをしちょんけん。もしもこん二人の年収が同じ300万円やったとしちも、 Aさんんしが審査に通る可能性はたけーやろー。Aさんは、正社員で安定しちょんけんし、長年住んでいる実家からすぐに転居する可能性も低いと考えられます。 Bさんは、仕事が不安定な上に住み込みやので、退職といっぺんに行方知れんとなっちしまうリスクがあんんや。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takefuji
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mukashi211/index1_0.rdf