オスグッド(TдT) 

March 14 [Tue], 2006, 10:27
先週、中学を目前に控えたユウキが膝が痛いと言い出した。
最近、成長が著しいので、成長痛だ!とは思ったけれど、
大したコトはないと軽く考えて練習に送り出した
練習を終えて足を引き摺るユウキにアレ??? 
と思った時は、すでに膝が腫れ上がっていた慌てて次の日に接骨院へ走り、
オスグッドという名前を耳にすることになる

オスグッド病(Osgood-Schlatter 病)

大腿前面の筋肉(大腿四頭筋)が膝下の骨に付着する所(脛骨粗面)での障害で、
成長期(10代前半)のスポーツを行う少年によくみられる。
成長期ではこの付着部が軟骨であるため、スポーツなどで大腿四頭筋の
引っ張る力が繰り返し加わると炎症や剥離が生じ、その部分が突出してくるものと
考えられる。
したがって、骨が成長してしまうとこのような障害はなくなります。
多くは痛みがスポーツ活動と関連しておりover-use(使いすぎ)が原因とされている。

―症 状

*重度

歩行や屈伸動作などで痛みが生じる。
膝前面に圧痛(特に膝蓋骨腱〜腱付着部)、隆起、腫れが見られる。

*軽度

ジャンプや急激なストップ動作、方向転換動作などで痛みが生じる。

―対処法

*重度の症状
疼痛が軽減するまでスポーツを休止する
痛みの無い範囲で大腿四頭筋のストレッチを行う
アイシング・アイスマッサージを行う
膝蓋骨腱を圧迫するようなサポーターやテーピングの使用

*軽度の症状
スポーツ活動の制限をする
痛みの無い範囲で大腿四頭筋のストレッチを行う
練習後のアイシング・アイスマッサージを行う
膝蓋骨腱を圧迫するようなサポーターやテーピングの使用

ユウキの症状は、膝の脛骨粗面の骨端軟骨に剥離、膝の前面に腫れ、
隆起がみられ歩行時及び立ち上がる時に疼痛がある 

なんか調べれば調べるほど、大変な気がしてきた( ̄∀ ̄;)汗
コレで当分、安静が決定!!!
整形の先生には、症状の緩和には、4週間単位で考える必要があると
言われてしまいました。
少なくとも1ヶ月は、この状態が続くのかぁ
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mufmuf
読者になる
Yapme!一覧
読者になる