【週足版】メガバンクトレード/MUFG 特典付き

May 03 [Tue], 2011, 21:13
【週足版】メガバンクトレード/MUFG

【週足版】メガバンクトレード/MUFG


当サイトより購入頂いた方に特典としてFXツールを差し上げます!!
【週足版】メガバンクトレード/MUFGの特典内容はこちら





銘柄探しは時間のムダ?
株取引を行うにあたり、銘柄選びに日々時間を費やしたことは御座いませんか?

株取引で利益をあげる為には、どの銘柄が騰がるかという情報やサインを見逃さないように
何時間もかけて探すことが必要でした。




上昇しそうな株を見つけ出し、大きく上昇するまで待つ。
そこで利益を確定し、また別の儲かる株を探して買いを入れる。




一見単純ですが、思惑どおりにいかず塩漬けになったり、
損切りを強いられることもよくあるのでは無いでしょうか。
むしろそのような経験の方が多いのかもしれません。




ここで提唱したいのは、「儲かる銘柄を探し出す」のではなく、
特定の銘柄を「儲かるタイミングを見極め、儲かる確率の高いときにエントリーする」ことです。




膨大な時間を掛けて銘柄探しをする事もなく、1銘柄の動きの波を捉えるだけで済むのです。




システムトレードに向くメガバンク
システムトレードでは、日経225先物やFXがよく取り上げられます。
確かに両者はシステムトレードに向いています。




ここ数年は、日経225先物やFXの取引も一般的になってきましたので、
1つの投資対象や通貨ペアの動きに集中する経験も増えてきたのでは無いかと思います。




そうした考え方を株式に利用しない手は御座いません。




しかし、日本の上場株は約4,000銘柄あります。




一見、集中する銘柄を選びきれないとも思えますが、基準を明確にすれば実は簡単です。

それは、日経225先物やFXが何故システムトレードに向くといわれているか?




その理由を挙げれば明確になります。

・取引量が多いこと
・過去からのデータが揃っていることがその理由といえるでしょう。


【週足版+日足版スペシャル】メガバンクトレード/MUFG

証券銘柄トレード/野村HG

デイトレード・株式投資で初心者でも毎朝30分月収50万円稼ぐ銘柄抽出ツール!【音速デイトレードNEO】

少額投資でシンプルに大きく稼ぐ!証券ディーラー・山本伸一のクリティカルeワラント投資術

IPO・PO・端株優待・TOB鞘取り戦略セミナー

日本株市場の上昇トレンドはもう始まっている!?相場の大波に乗り遅れないための株式投資術セミナーDVD

株で儲ける人になる!『天海源一郎のマーケット攻略頭脳形成プログラム』

メガバンクトレード/みずほFG

一般株に当てはめると、過去からのデータは上場歴の長い会社でしたら入手出来るので、
一番重要なのは「取引量が多い」ことになります。




つまり、流動性が高く「買いたい時(売りたい時)に売買が成立する事」
「自分の取引で株価を動かさないこと」です。




株式1銘柄に集中する事は、市場参加者がFXや日経225先物のように注視していないので
歪みが多く出現します。




しかも、取引量も多いので安心してエントリー出来るという
システムトレード向き取引方法といえます。

システムトレードは、市場又は銘柄・取引商品の持つ非効率性を探るものです。




言い換えると、集団心理による相場の歪み、クセや行き過ぎ等を見つけ出しルール化していくものですから、最適な投資対象と考えられます。




「市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える」




ハンガリー生まれのユダヤ人で、1兆円の資産を築いた投資家、ジョージ・ソロスの名言です。

(『ソロスの錬金術』総合法令より)




人間は、現実を不完全にしか認識出来ないという発見をし、
巨万の富を築くまでの投資法に昇華させてきました。




我々も、バイアスを見抜き、投資に取り入れるべきでは無いでしょうか。




最良のメガバンク株とは?
それでは、日経225先物に引けをとらない銀行株の特徴はどういったものでしょうか?




銀行株、それもメガバンク株は1日の取引金額も500億円超が殆どと十分な流動性を備えています。
また、ファンド等の機関投資家が数多く参加するので、値動きの性質も安定しており、
一定のルールが導き易いのも特徴です。




メガバンク株であれば、一般の個人投資家が取引した所で株価への影響は無いに等しく、
日経225先物の特徴である取引量の多さに遜色なくなります。




メガバンク株の特徴を纏めると、

ルール化しやすく、取引ルールも複雑では無い
十分な取引金額があるので、自身の取引量による株価への影響は殆ど無い
レバレッジは信用取引を利用する事で約3倍まで可能
信用取引を利用し、「売り」「買い」両方から入るシステムが構築出来る等があげられます。




このメガバンク株の中から、『三菱UFJフィナンシャル・グループ株』を取引していくのが
『メガバンクトレード/MUFG』です。




前作の『WIN08/メガバンク』は日足版でしたが、今回は週足のロジックもソフト化しています。




また、日足版も週足版と整合性をとったサインが表示されるように、
週足版対応の日足ロジックを採用していますので、合わせてご利用頂けるようになっています。