旅行、感謝、風船。

November 15 [Wed], 2017, 13:44
書いてた記事が消えた!
書いてる途中でメモリ消去しちゃだめだった笑。

国内を一週間ぶらぶら旅行したら元気になった。
病院変えてからゆるやかに元気になってきてはいたけど、
好きなこと思い切りやったからか、
一気に底上げされた感じ。

旅行から帰ってきて日が浅いので様子見中だけど、
夜も自然に眠くなって眠れるし
朝も以前と比べ割と起きて活動出来てる。
何よりネガティブなことをほとんど考えていない。

これまで「無職の身分の癖に」とか
「貯金を減らしてまで遊ぶなんて本当にだめな人間だな」
とか色々考えて楽しみを制限してしまっていた。
でも、そんな自罰的な選択をする必要なんてないんだ。
もちろん、幾らでも浪費出来る訳じゃないけど……
今はしぼんだ風船に空気を入れて膨らませる期間なんだと思う。

他にも行きたい所があるから行ってしまおうかな~
なんてちょっと考えてる。楽しいな。
旅行したいから死なない、
というのは新しい気持ちかもしれない。
これまで他の好きなものに命を繋いでもらってる状態で、
ある程度気力が貯まったから旅に行けたんだと思う。

これからどうなるんだろうとか、
これまで自分はどうやって生きてきたんだ?と
うろ覚えな感じとか、不安が無いわけじゃない。
でも元気。楽しかった。これからも楽しいことをしよう。
そしてその間にも出来ることを重ねて、
風船以上に、もっと割れにくい心にしていく。

「まだ休む時間。おいしいもの食べたり遊んだりして」
と言い続けてくれた今の主治医に本当に感謝してる。
カウンセリングと称して無理やり心に立ち入ったりせず、
待ちの姿勢で居続けてくれてる今のカウンセラーにも。

今日これから通院で、毎回のように緊張してるけど、
「人から傷付けられるのが怖いから、怖いんだな」
というのも分かっているから、冷静でいられる。
怖いよな。これまで苦しかったもんな。傷付いたもんな。
と自分に言ってやれる。だから大丈夫。

終わって時間があったら映画を観に行きたいな。
風船膨らませていきますよ。

前向きは後ろを切って捨てることじゃなかった。

September 14 [Thu], 2017, 19:29
気持ち切り替えて前向きになるぞ!よし!
と思ってから、それが切り替えじゃなくて
切り捨てだったんじゃないかと気付く。
ずっと切り替えるつもりで切って捨ててた。

痛みとか苦しみとか悲しみとか無念さ、無力さとか、
確かに全然前向きじゃないものだけど、
誰でも持ってるものだよな。
それを捨てようとするから、変に感情が無くなったり
共感能力が損なわれたりするのかもしれない。

痛いのは嫌いだし暗い自分のせいで
どこにも進めなくなるのも嫌だけど、
もしそういう感情や感覚全て否定して忘れてしまったら、
何の為に傷付いた子ども達と関わる仕事をしてたのか
分からなくなってしまう。
子どもだった頃の自分や大人になった後の自分が
苦しんできた過去が全部無になってしまうよな。

それって身体や心の蓄積を切り捨てるようなものだ。
前を向きたいはずなのに虚しくなるのも当然だったわ。

苦しんだのも悲しんだのも事実で、
苦しくなかったと否定する必要はない。
だからといって苦しみ続ける必要もない。
忘れるんじゃなくて、
意味付けを変えられるようになることが
前を向くってことなのかもしれない……

なんて知ってる人には自明のことかもしれないけど、
私には新発見でした笑。

出来ることなら、
自分の苦しみを消化するだけじゃなくて、
人の苦しみに巻き込まれずに傍に居れるようになりたい。
救うのもアドバイスするのも
私には出来ないかもしれないけど。
ただ居続けられる人になりたい。あ、泣きそう。
これはもう祈りだな。

ドーナツとカフェオレと泣き言

September 10 [Sun], 2017, 18:15
自分にはもう言葉が無いんじゃないかって
すごく空っぽになってしまった気分に度々なる。
語彙が多いほど良いともお洒落な表現ほど偉いとも
思わないけど、どうしてか自分なりの言葉が欲しくなる。
言葉と言うか意見とか感想とかをただ
何かに左右されずに持ちたい。
それが私にしっくりくるものであれば
人に言えなくても言葉自体が平凡でも全然構わないから。
たったそれだけ、と言うには手が届かないものに感じる。
言葉が無いんじゃなくて、
保持する力が無いだけかもしれない。

苦痛行動開放感行き止まり、の繰り返しで
人生成り立ってんのかも。
失敗繰り返しても良いんだって腹の底から思えたらな。

自己肯定感の低さが足を引っ張る大問題だとしても、
犯人が分かったところでじゃあ解決すべき問題なのは
自己否定感か?っていうとそこじゃないんだよな。いや
そこが問題だった時間は一応生き延び終えたと思うんだよな。
簡単にはどうにもならない、ってのが分かったんだよ。
だからこそ自分を肯定できるような行動は何か、
考えて選択を繰り返していく今後、
今後の行動と時間の積み重ねこそが大事だと思うんだよ。

過去はもう終わって固定されて事実は否定できないじゃないか。
なのに、問題ある過去があったら
それに縛られ続けないといけないのか?
傷付き続けないとだめ?最優先で恨んでないとだめ?
それが普通?そうじゃないと過去から逃げてる?
なんて、人から言われた言葉を真に受けて
いつまでも恨んで勝手に苦しみ続けているのは
もしかしたら逃げとやらなのかもしれない。
だってこれからを大事にしたいって、
それが私の言葉ならただそう動けばいいだけなのに。
上手く進まない。他人が怖いからすぐ
他人に振り回される。
弱い。

ぎゃくたいなんて言葉で表したら簡単に思えるけど
その背景もそもそもどこからが私にとって苦痛で
どこからは私に落ち度のあったことなのか
まるで全然分からないんだよ。
何があったかもわからない。私は虫食いだ。
簡単に分かられたくもない。
しらないくせに。事実も内側も何もしらないくせに。
記憶があやふやで思い出せないことまで逃げだと言うのか。
だったら平気になるまで逃してくれよ。
あんまりめちゃくちゃにしないでって言えたらよかった。
そんな度胸はなかったけれど。

どんなに善意の人相手だって簡単に侵入させてはだめ。
そうは言ってもどこからが私の内部かがそもそも分かってない。
だから何度も距離感を間違えて傷付いたり傷付けたりする。
そういう自分や他人をこれから許していけるのかな。
これからもずっと傷付いたことを言い訳にして
生きて行きたくなんかないのにな。
意思も身体も心もみんなばらばらして進めないや。

身動きが取れない気がしてもそれでも
今日はドーナツ食べれて美味しかったよ。
めそめそしながらゆっくり行こう。

びょういんこわい

August 29 [Tue], 2017, 12:11
生活リズムが崩れている。
朝起きてしばらくしたら昼近くまで二度寝してしまう。
でもあんまり気にしてない笑。
寝る時間が遅くなるせいだ。
逆にそんなリズムが出来ているのは困るな。
寝たいから寝るなんて動物らしい。
でも前みたいに20時間でも寝続ける訳でなく
不足分を補うだけ寝たらちゃんと目覚める。
元気になってきた証拠かな。

今日は前に通っていた病院に
書類を取りに行かなければならない。
相変わらず嫌な医者で、いつもは受付で当日作成だった
書類を「次回、診察扱いで渡します」と引き延ばされた。
余計な診察料を取る以外の意図が見当たらない……
なんて疑心暗鬼になるのも悪いから、今日聞いてみよ。
それで正当な理由を答えられなかったら呆れるしかないわ。

具合が悪くなってカウンセリングを受けられなくなった時、
「過去から逃げているだけじゃないですか」と言われた。
カウンセラーはプロの仕事をしてるのに、と
立腹されたけど、プロってのは大層ご立派なんだな。
医者もカウンセラーも信用出来なくなった。

でもお陰で、自分が他人に理解されたいと
過剰な期待を抱き過ぎていたことに気付けた。
薬を適切に処方してくれたことも感謝している。
全部が無駄だった訳じゃない。
だからって弱ってる時に追い詰められたくなかったけど。
でもそれも今日でおしまいだと思うと清々するったらない。

新しい先生や病院は、良くも悪くも
ビジネスライクというかドライというかで、
手際も愛想も悪い受付の人達にはイライラもするけど
妙に安心もする。
「自分は同情的優しさを施しとして受けるような
弱った被差別的精神病患者だ」と感じなくて済むというか。
病気になってただ病院に来てるだけ、という感じ。
前の病院で腫れ物扱いされたのが実は堪えていたらしい。

それも今日で解放される。怖いけど、頑張って行こう。
どうしてもモラハラな人達を思い出して
先生に何も言えなくなりがちだけど、
ちゃんと聞くことは聞いてこなくちゃ……怖い……

ぼんやりへのあがき

August 09 [Wed], 2017, 18:42
おお。書いてた記事が消えた。
そういう日もある笑。

気圧の変動のせいなのか違うのか
ふわふわした日が続く。
今日は新しい病院に2回目の通院だった。
「まだ体調を整えたりゆっくり遊んだりする時期よ」
とハキハキした女の先生が笑った。
病院の先生は少ししか話してなくても
よく分かったように話すからいつも不思議になる。

本当は秋には就職したかったんだけど、
確かにこんなにぼんやりしていて新しい環境で
働くなんて高望みというか無謀だったかもしれない。
現実逃避慣れしてると現実認識の機能がそもそも
落ちてしまうような気がする。
無謀、無神経、無頓着、無感情、無感覚、などなどなど。

色眼鏡とよく言うけど、誰でも思い込みの色眼鏡を
掛けているとして、どこまで色味を補正していけるのか。
感情や感覚を取り戻してもパニックにならない、
健全な自分をどこまで構築していけるのか。

前は自分を底上げしたくて、ポンコツなりに「まとも」に
見えるよう自己啓発書を読んでは背伸びをしていたけど、
そういうやり方は間違っていたんだろうか。
じゃあ人に押し潰されず
まともに生きていきたかったらどうすれば?

分からないけど、ここ最近本を読んで試している
感情や思考の整理、記憶の整理は、
自分への影響に限って言えば意味がありそうだ。
思考がぐるぐるしだした時に書き出すと、
自分の思い込みやパニックの様子が整理されて、
落ち着いてくる。
記憶の書き出しは負荷が高すぎるようで、
その後何日もふわふわしてしまうし
書いたあとちゃんと読み返すのも怖くて、
がっつり向き合うにはまだ早いみたいだ。

そんな作業を経なくても元気にモラハラされずに
安全に働けるならそれで良いんだけど……
でもそれだけだと根本的な解決にはならないのも分かってる。
とにかく自分には意味がありそうだから、
休みながらもう少し頑張ってみたい。

診断後半年

June 07 [Wed], 2017, 19:23
双極性障害U型というやつになったらしい。
去年の暮れからバルプロ酸という薬を飲んでる。
処方量は少なめらしいが問題なく療養生活をしている。
ついでにアダルトチルドレンかつ
解離性障害の疑いもあるらしいけど、
それは薄々そんな気がしていた。
どう考えても機能不全な家族だったと思うし、
退職間際だけでなく子どもの頃もよく夢の中みたいな
ふわふわした感覚に陥っていた気がする。

結構元気に暮らしてると思うけど、
一切人と関わらないからこその平穏だなぁ。
1人じゃないと整理しきれない。
人は怖いし、人を拒否して傷付けたり
振り回してしまう自分も怖い。
どうすれば仕事が出来るのかまだ検討もつかない。
「大丈夫だ、頑張ろう」と思った瞬間に
「これは躁状態のせいなのか?」と疑ってしまう。

最初の頃よりマシではあっても、まだ不安定なんだろう。
それでも、前よりも前向きさが戻ってきた。
焦らずに気持ちや記憶を整理して、
自分を大事にするスキルも身につけていきたいな。

(以下はちょっと暗い内容になったけど、
 整理の為にもそのまま書き残しておく)

死んでるみたいに生きたくないってさ。

May 03 [Sun], 2015, 16:24
私が先輩たちに親代わりであることを求めているなら
それはお門違いってやつなんだろうけど、
これは単純に馬鹿にされなければならない自分や
そんな環境に対する怒りなんだろうか。よく分からない。

今日も今日とてぼんやり生きていて
とりあえず洗濯して干したし買い出しも行ったし
掃除と皿洗いはこれからだけど低空飛行にしては頑張った方だ。
これからブルーレイレコーダを取りに行って100均に寄って
帰ってぼんやりベイマックスでも見ようと思ってる。
許して欲しい。ゆるしてほしい。
読書したいけどしたがってるのは理性の私だけで
その他の身体的私や感情的私は泣きたくてパンクしそう。

でもまた再起不能に陥るのは嫌だから生活をするよ。
生きるんだ。がんばれ。

理解のこと噛み砕くと言うのは感覚的に納得だよ。

May 02 [Sat], 2015, 6:31
上手く言葉に出来ないし多分言語化するのも怖いんだ。
でもしていかなくては。壊れそうで怖い。
私には見守ってくれる大人なんていなかった。
幼稚園の頃、休んだ次の日に先生がぎゅって抱き締めてくれて
それをいまだに覚えているくらい。
あんなに温かくて柔らかいことなんて日頃なかったんだろう。
それが普通なら普通の育ちでない私には
働く資格がないのだろうか。私はすぐ
「自分はおかしい。迷惑掛け過ぎない内に辞めるべき」と思う。
それは多くの人が「育ちが良くて出来る人材」を求めているから
期待に応えられない自分はいるべきでないと思うからで。
期待に対して憎む気持ちが生まれる。期待なんかされたくない。
誰も理解しようとしてくれない、という子どもの私の恨みがきこえる。

昨日は消耗してとりあえず目覚ましをかけてそのままベッドに
入ったら途中全然起きなくて結局9〜10時間くらい寝てしまった。
先輩たちの異常なものを見る目がいたたまれないけど、
迷惑かけるけどごめんなさいと思いながら、
泣きながら暮らすのはもう嫌だからやれることやらなくては。
やれることが少ないのが難点なんだけど……

昨日は寝ないで勉強でもすべきだったのかもしれないけど
私は私を大事にすると決めたんだ。
ゆっくり進むと決めたんだ。
そうでないと私は他人にもつらい進み方を求めてしまう。
器が小さいから、許せなくなってしまうのが分かってる。
誰かに理解を求めるのはもうやめよう。
諦めるのとは違うけど、理解を求めるときっとズレ続けてしまう。
理解していく。私がゆっくり咀嚼していくんだ。
泣きながらでも死ぬまで頑張るよ。

頑としてゆっくり。

April 24 [Fri], 2015, 9:14
頭がおかしいことを書くのが怖いけどそれが私の現実なら
それに基づいて表現することから自分の人生が始まるのだと思う。
だから、怖いけど書くね。
別に大したことは書かないけど。ただの日常の事。
それが人とずれた感性でしか捉えられないことが怖い。でも書くね。
人目に晒す以上傷付く可能性は避けられないのだけど、
出来れば誰にも傷付けないで欲しいと思いながらもやっぱり書きたくなる。
私にとって書くとは何なのか。もう切り離せないことなのかな。

今日は仕事の時間が遅めだから、ゆっくりしている。
というかここ一年ずっとゆっくりしてるのだけど。
焦って大混乱して何も出来ないくらいなら
ゆっくりでもひとつ出来た方が良いって思う。
(でもそれを表すのが怖くて大混乱して何も出来ない、
を繰り返しながら、ようやくゆっくり出来始めたのが最近のこと)

ゆっくりと言っても内訳がきっと人によって違うよね。
私は、早く目が覚めたけど疲れたから寝転がって小説を読んで、
燃えるゴミを出して遅めの朝食を食べて洗濯機回してる。
これを書いたらシャワー浴びて洗い上がった洗濯物を干す。
書き終わった頃に洗濯が終わるなら順番が逆になる。
出掛けるまでに時間が無くなってるだろうから、
外干しの時間が短くなってしまう。でも気にしない。
そんなゆっくり。

誰かに責められるだろうか?
「もっとやるべきことから早く済ませてたら?」と言われるかな。
そういうのが怖くて私は私のただの地味な生活を秘密にする。
まだまだ怖い。人が怖いし、人目が怖いし、
自分の精神バランスが崩れてまた何も出来なくなることが怖い。
だから、ゆっくりひそやかに静かに暮らすよ。しばらくは。

自分で煮たジャムを垂らして安い食パンのトーストをかじって
自分で選んだ珈琲を安物のガラスドリッパーで淹れたりすることが、
私にはどうしても必要なんだろう。誰にも口出しされたくない。

出来るなら誰かといつか生活の悲喜を共有していきたいな。
でも今は、一人で冷めきったカフェオレを飲みながらとても幸せだよ。

零れ落ちた景色を本にしてあげる。

May 20 [Tue], 2014, 10:44
お久しぶりです。私は元気です。
また時々書くと思います。
断片的になりがちな記憶や思考を
つなげる練習になるから。

思い出すと恥ずかしい過去を黒歴史と呼んだりするけど、
私が昔を上手く思い出せないのは
自分の生き方が恥ずかしかったからなんだろうか。
失敗を上手く飲み込めない子供だった。
失敗を受け止めるクッションのない環境だったから。たぶん。
毒親とかアダルトチルドレンとかの概念が出回ってて良かった。
虐待やいじめのように分かり易くなくても
人間は傷付いていいんだって分かったから。

記憶が思い出せない状態は、本を閉じられず
本棚に片付けられない図書室に似てるかもしれない。
たぶん、体験した当時にその体験を「言葉にする」ことは
出来なかった。
昔表現出来なかった感想を今言葉にする。
それぞれの体験をひとつのまとまりある本にしてあげる。
そうすれば「思い出す」「記憶を取り出す」作業も
簡単に出来るようになるだろうと思う。

頭の中だけで整理出来ない時は書きに来ます。
誰の為でもない文章を晒しますがご容赦下さい。
P R
http://yaplog.jp/muffinchocolat/index1_0.rdf