【激突?新春】攻勢の首相「不条理」のレッテル張りで「小沢切り」12ページ

January 06 [Thu], 2011, 19:26
菅直人首相が「小沢切り」の勢いを加速させた。4日の記者会見で、民主党の小沢一郎元代表に対し、議員辞職も含めた「政治家としての出処進退」の判断が必要と明言。これまで検討してきた「離党勧告」より踏み込んで「引退勧告」を突きつけた。そこで首相が使ったキーワードが「不条理」。年末年始の「充電」を経て、首相は、小泉純一郎元首相の郵政改革にも似た「ワンフレーズ?ポリティックス(一つの言葉で政治を牽引する手法)」に乗り出した。(船津寛)午前9時45分、官邸の記者会見場に現れた首相は、昨年末よりややふっくらとしていたが、柔和な表情というよりも、やや高ぶった印象を与えた。「私が目指す国のあり方について、3つの理念を申し上げます」冒頭にそう言うと「開国元年」「最小不幸社会」と首相が掲げる政策を並べた後で、3つ目に新しいキーワードを出した。「不条理をただす政治」実は、首相が初めてこの言葉を使ったのは、元日付で発表した首相の年頭所感だ。「政権交代にも、従来の政治がなおざりにしてきた不条理を解消してほしいという国民の期待が込められていた。残念なことに、政治とカネの問題に対する私たちの政権の姿勢に疑問が投げかけられている」このキーワードが、小沢氏を排除するために語られているのは明確だ。さすがの小沢氏も、激しく反発した。小沢氏は4日のBS11の報道番組の収録で「党内政局レベル」ではなく「天下国家のまつりごとレベル」の政治を行うべきだと菅首相の発言を全否定。「自分を裁くのは、私と国民だ」とまで語って、菅首相からの引退勧告に強い不快感を示した。
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMTFF14 RMTmetin2 yang
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:muesgewxcg
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/muesgewxcg/index1_0.rdf