2015年06月07日我的twitter

June 08 [Mon], 2015, 0:00
  • わたしからいろんな方に@でサングラス安いよ旨のメッセージ?ツイート?が送られていたようで、すいませんでした 友達から連絡が入りびっくり とりあえずすいませんでした レバノンサングラスってなんやねんやろな http://t.co/zlRxR6etdu Posted at 04:56 PM
  • http://twitter.com/_m_0uk

我的口红

January 15 [Sun], 2012, 21:15





颜色就是心情









photo:01

photo:02

photo:03

photo:04

photo:05












心情就是表情
因为我总是藏不住我的内心
总是会挂在我的脸上
没办法呀〜














09.china with aya 3-2 〜 Hangzhou 2 〜

November 19 [Thu], 2009, 23:25
09/09/09    
杭州2日目




杭州2日目のmorning★
朝ごはんはお外のテラスでいただきました♫
さわやか満点な朝。


そしてこの日は、
昨日の飲みで仲良くなった人あの3人といっしょに
杭州をサイクリングしたよ―

みんなで仲良くチャリンコこぎました。
たしか、
チャリ一台:20か30元/デポが300元
やったと思う。
デポジット高っ!!!て思いました。
いっきにサイフがかわいそうになりました。ワラ
(ちなみに、デポが返ってきたときは、すごい金持なった気分♡ワラ)

まず、amには、六和塔へ^^

登ろうとしたところ、マットが・・・





なにやら書き書きしてます。
というのも、じつは、コレ↓

英語が、どうも間違ってるらしくって、直してるとこ :)

そしてそして上へのぼりました。

英語しゃべりながら登ってる
と思いきや、実はマットとはチャイ語で会話やねん♫
あたしがあまりにも英語ができんから・・・苦笑
マットは中国で、英語教師としてお仕事していたみたいで、
とーにかく、チャイ語がちょーうまい!!!もはやネイティブ!!!!!
きっと、本人が「努力したんだよー」以上な努力をしたんやと思う!!!!
尊敬した。
がんばってる人みたら、自分ももっともっとがんばろうって思う♫

そして、頂上へついたよん

でも、実は眺めはいたってふつうでした。
六和塔に登るコトを味わうってかんじ♫


柱は太かったです。ワラ


あとね、集合写真もとった♫

今思えば、今回の旅で一番にぎやかやったなぁ^^


おひるごはんを食べてからは
杭州ならココでしょってところにいきました。
















西湖。





これぞ、china♡
何回ここへ来てもイイとこやぁ。
みなさんもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?♡
















船内はこんなかんじ

後ろのカップルさんたちともなかよくおしゃべり。
実は男の人はカメラマンなんやて♫
ほいで、写真をとってくれたマットは↓

先頭ひとりじめ。ワラ
そしてこちら、西湖タイタニック。

なんかちゃうけどな。ワラ
あと、石造りのこのコ。
中国人民元のお札に印刷されてまーす。



そんなこんなで、サイクリングの一日はおわりました。
よるごはんは、何食べたかわすれました。ワラ






翌日、番犬との別れを惜しみ、

(おしゃれなユースオステルやろ?♡)
あたしとあーやは、また新たなところへと、杭州を去ります。








続く

09.china with aya 3-1 〜 Hangzhou 1 〜

November 07 [Sat], 2009, 22:38
>9/8
上海 → 杭州   (china 4日目)


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*

chinaも、早くも来て四日目に★
この日は、列車(新幹線)に乗り、上海を出、杭州へ向かった。






杭州駅着 !!

ほいで、杭州の駅の外へ出たよヾ(*・ω・)ノ゜+.゜



*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○
※実は、上海の最終日に、岐阜からやってきたようちゃんとちぃくんと旅仲間になり、
 いっしょに杭州に来ることになってん。
 おふたりはまた後々、写真に出現しまぁす。
 あとね、杭州では、ほかにも仲良くなった方たちもおって、すごいコミュニケーションの枠が広まった♪

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○



おなじみのホステルにつき、フトントでチェックインしてたら・・・

ちょーカワイイ♡
部屋はこんなかんじ↓

あーやがちょー真剣に、ガイドブックよんでます♡
計画を練って、いざ街へくりだした!!!

岐阜人と奈良人とで、これから杭州を堪能してきますッ♪

まずはもぉすぐ夜やから、屋台を求めて、
ホステルから徒歩でいける、河坊街へ♪

こぉいったかんじの歩行者天国やねん。
んでな、この道をひたすら奥へ行けば、おいしい屋台があるねん゜+.゜★
ほらッ


コレ↑とか、すごいやろぉ !! 頭を食べるねん。あたしは、あんま好きくないけどね 苦笑
だけど、うちらはジンギスカンとか他、もろもろをいっぱい食べました。美味かった !!!

んで、Uターンして、帰り道々、こんな芸を披露してくれる方もおったよ。

手元のヤツでリズム刻みながら、なんかを唄うねん。
あたしはこぉいった、伝統があんましわからんから、普通に写真だけ撮った。ワラ
だけど、なんか、一芸があるのって、すっごいかっこよかったよ !!

↑満腹なったちぃくんは、扇子選び。
ちびっ子も、大人も、扇子には食いつくみたい。

こんな店があったよ、入るしかないやろ !!! の三人v(*'-^*)ゞ・'

漢方薬やさんの前で真剣におもちゃを遊ぶ彼らがかわいくて、おもわずパシャリ★
んでね、みてみて !!!
もろこしアイス !!!
まぢ美味いから(たぶん)、てゆか、むしろ、おもしろいから、おすすめ。:*:・(*´ω`pq゛

そして、見てくださいこちら↓

夜な夜な、みんなで街角健康ダンス ワラ
どぉも、きいてみたら、
一か月5元の月謝制らしいよ、ココ。ワラ
(7元=100円)
そーこーして、夜の杭州を楽しんで、ホステルへ帰宅。

さらに、こっから、彼ら↓と出会い、ビールtimeがスタート♪

みんながみんな、自分の使用可能な言語を使って、たのしんだよ♪
奥のイギリス人がまぢチャイ語うまいねん !!!
ネイティブなみっ!!!
だからあたしともチャイ語で話してくれる、なんてやさしい。:)

なかんじで、杭州初日も、夜遅くまで、
初めて出会ったみんなで仲良く談笑しました(●´∀`)ノ+゜*。








続く

09.china with aya 2 〜 JinZeZhen 〜

October 16 [Fri], 2009, 0:57
9/7
上海3日目のこの日は、あたしが行ってみたかった金澤鎮(JingZeZhen)へ向かうコトにした。
上海郊外は、水郷の町として周荘などといった小さな鎮が多数ある。確かに見るものはいっぱいあるが、それこそ観光地化されているため、表面を繕った感があり、あたしはもっと、本来の姿が見たかった。
めくってた「地球の歩き方」でほんの1Pだけ、この金澤鎮についての紹介があり、これやッ!と思い、ここに行きたいの一心で上海に来たものの、ここはまだ未開発で、知る人ぞ知る、ほんまに小さな落ち着いた水郷の町やった。
そのため、ほとんどの上海市内の人はここを知らん。いろいろと行き方を尋ねても外ればっか。行きたくても行き方が分らんかったが、まぁなんとかなるやろと思い、別に困ってみたりはしやんかった。

とりあえず、朝、宿を出た。
朝食を買うべく、宿のすぐ隣にあるこの屋台に寄った。

ダメもとで尋ねてみたら、横の客のおっちゃんがなんと金澤鎮を知ってた!!なんてゆう偶然!!聞いてみるもんや。なんとかなったでよかった。
バスの乗り継ぎまで事細かに、念入りに聞いて、いざ出発。
バスのりばまでは、贅沢にもタクを使った。
ここで高速バスに乗り、

一時間ほど走り、ここで下された。交差点で赤信号ついでに。

こんなとこにほんまに水郷の町があるんかとちょっと不安になった。
一切ガイドブックもないし郊外やから地図もない。
でもとりあえず歩いてみた。



ほんま、そのまんまの現地の生活がここにはあった。
さらに奥に入ってみると、

あったぁ!水郷の町!美化されることなく、ほんものや!!(*´艸`*)
うれしくて、がんばっていろいろと写真を撮ってたら

足がこんなとこにずっぽりとはまってた。
困ったから、民家をあたってみようと歩いてみた。

このおかあサンが洗濯(手洗い)をしていたから、
足を洗いたい旨を伝え、最初はぎょっとされたが、快く水道をかしてくれた。おでこにもついてるよってまでわざわざ教えてくれた。

ありがとう。はまってよかった。おかげで、旅先でこんなステキなからみができました。
そしてまた歩きだす。


疲れたら木漏れ日でちょっと休憩。

そんでまた歩く。
すると、マージャンか?!

実はこの店長サンもさっきの輪にまじって遊んでた。
恥ずかしいからと、顔をカメラに向けてくれへん。
カレにはここ一番の絶景の場所があると教えてもらった。

しかし時間の関係上、行けず、最後にこの橋で終わることになった。

帰りは行きとは違い、ローカルで地道に悠々と帰った。

運転士はこの方。

あとどんくらいで着きますか
とたずねたら
ひと眠りしたら着くさ、はっはっはー。ま、15分くらいかなー
てゆわれた。
なんぢゃそらと思い、そして実際は30分はかかった。
適当最高。


こぉして上海最後のこの日は終わりました。
夜には岐阜人と仲良くなり、道連れながら一緒に杭州に向かうことになりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mengyuan
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
my blog and twitter.
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30