【サービス】競馬・競艇場や鉄道会社も“婚活ビジネス”--集客拡大で収益向上目指す [09/21]

October 15 [Sat], 2011, 12:20
「婚活」をうたい文句に、集客拡大を図る“婚活ビジネス”が、幅広い業界に広がり 始めた。競馬場や競艇場を舞台にしたイベントが話題を呼び、毎回キャンセル待ちが 出るほどの人気ぶり。婚活イベントを絡めて事業の収益向上を図る動きが活発化、 景気回復のカンフル剤との期待も高まっている。 JRA(日本中央競馬会)は今月11日、阪神競馬場(兵庫県宝塚市)で婚活イベント 「馬カツで婚活in阪神競馬場?競馬場で本命との出会い?」を開催した。予約で キャンセル待ちが出るほどの人気となった同イベントには、20代?40代までの 未婚の男女あわせて約100人が参加した。 会場では、参加者同士が会話を楽しむフリータイムに加え、競馬にちなんだゲームを 行うなど競馬場ならではの企画で交流を深めた。この日は11組のカップルが誕生した。 JRAでは「イベントを通じて競馬にも興味をもっていただけたのでは」(担当者) と手応えを感じている。 一方、若い世代の取り込みを図りたい競艇場も、8月1日に「ボートレース住之江」 (大阪市住之江区)で、関西初となるボートレース場での婚活イベントを実施。 男女あわせて約40人が参加し、予想を上回る人気となった。同競艇場では来年2月 に2回目のイベントを開催するという。 また、近畿日本鉄道は7月に婚活ツアー「きんてつHappy Train in  志摩スペイン村」を開催し、男女約50人が参加した。大阪上本町駅(大阪市天王寺区) から志摩磯部駅(三重県志摩市)までの近鉄特急車内で自己紹介タイムを実施し、 志摩スペイン村(同)ではカップルイベントを楽しんだ。「イベントを通じて列車の 旅と沿線の魅力を知ってもらいたい」(広報担当者)というのが本当の狙いだ。 晩婚化が進む中で、比較的、可処分所得の多いシングル層は、消費低迷下でも優良顧客 となりうる。このため幅広い業態で、婚活イベントを新たな商機と位置付ける動きが 広がっている。 カップリングパーティーなどで年間30万人以上の動員の実績を持つ、エクシオ ジャパン(横浜市西区)は「婚活が流行語になって以降、イベントに参加する女性が 増え、集客力に企業も注目しているのでは」(広報担当)と分析している。 ◎
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mudamudan
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる