愛する君へ。 

November 24 [Sat], 2007, 0:47
雪が降ってきそうに寒いから

僕は君を暖める

僕は君に寒い思いをさせたくないから

君の傘にとなって

君の家になって

君を守るよ。

いつでも

いつまでも。

無題 

November 24 [Sat], 2007, 0:29
いつものように僕はベランダで星空を見ていた

いつもと変わらない空

いつもと変わらない僕

でも

季節は巡っている

またこの季節が来た

去年は待ち遠しかったこの季節

ベランダから見下ろした道には恋人達が寄り添う

そう。。。

僕はその景色から目をそらしてしまった。

僕は今は独り。

去年の今頃は予想しなかっただろう今の状態。

季節にも、

全てにおいていかれて独りぼっちの僕。

「置いて行かないで」

そう心の中では叫んでいるのに

言葉には出来ない。

今 僕は何でここにいるの?

お願いだから誰か僕の心の声を

叫び声に気付いて

そして僕はここにいていいのだよ。と

僕じゃなきゃ駄目なのだと言ってきつく僕の手を取って

いつまでも僕の手を離さないでください。

サンタさん 

November 17 [Sat], 2007, 21:14
僕が小さい頃

いつもより早くベッドに入って

サンタさんが来るのを楽しみに待っていた。

起きるとドキドキしながらプレゼントの箱を開けて

喜んだ。

友達とサンタさんがいる、いない、そんな事で

ケンカもしたっけ

無題 

November 17 [Sat], 2007, 16:36
僕は

僕は一体どうすればいいのだろう。

あの日から前へと進めずに

まだここにいる。

 

November 17 [Sat], 2007, 16:23
これが夢なら

どんなに僕は救われるだろう。

リップクリーム 

November 17 [Sat], 2007, 16:06
僕の唇が荒れているのを見て

君が買ってくれたリップクリーム

なくなりそうだよ。

全て使ってしまうと

君と僕の何かが終わってしまいそうで

怖いんだ。

だからこのリップクリームは

もう使わない。

逢いたい 

November 17 [Sat], 2007, 15:53
君に逢いたい。

君の声が聞きたい

君の笑った顔が見たい

君のぬくもりを感じたい




君に逢いたい。

存在 

November 17 [Sat], 2007, 15:32
何度も携帯を手にする

画面には君の名前と番号

でも通話は押せない。

もう

前とは違うんだ。

もう僕のほうを見て笑ってくれない。

もう僕に話し掛けてくれない。

「終わったんだ。」

そう言い聞かせて

何度も自分に言い聞かせて。

僕の心が震えている

僕の心が泣いている。

記憶など消えてしまえばいいのに。

 

November 17 [Sat], 2007, 15:18
こんなにも大切な君

ふたりでいた時はよくケンカしたね。

あの時はすぐ仲直り出来たのに

君に伝えたい言葉も 想いも

もう君に伝えられない。

記憶 

November 17 [Sat], 2007, 15:08
泣き虫な僕を

いつも暖かく包んでくれた君


忘れたいんじゃない

忘れたくないんだ。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mudai000
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる