ムダ毛処理後の肌は保湿でケア

ムダ毛処理後の肌は、保湿してケアするということで肌の見た目がかわってきます。

脱色、脱毛、カミソリ処理、脱毛器でぬく。足の毛の処理はいろんな方法があります。
わき毛などにくらべると目でよく見えるし、両手が使えるから、脱毛毛しやすいです。

内ももは、柔らかくて日にもあまり当たらないから肌が刺激に対して敏感そうだけど、ひざ下、スネなんかはじょうぶそうな気もするけど、ぬったり、抜いたり、そったりと刺激をあたえられた肌は、少なからずダメージを受けています。

だから脱色や脱毛をしてると、肌が強い人でも「かゆい!」「なんかヒリヒリ感が...」というのがあると思います。そういう場合は、処理後に、その部分を冷やすと楽になっていきます。

また、ムダ毛の処理後は見た目にはわからないけど、肌が乾燥して敏感になっているから
保湿ケアが大事です。

保湿する事によって、かゆみや皮ふの赤みやヒリヒリ感も早くおさまります。  
処理後に何もお手入れしないことを続けると、黒ずみ・色素沈着・鳥肌のようなブツブツ・埋もれ毛のような
肌のトラブルで悩まされることになってしまいます。

保湿をすることで、後々、「肌が黒ずんでしまった。」
「ブツブツが気持ち悪い。」
「皮ふが汚くなってしまった。」と後悔もしなくてすみます。
                                       
保湿するものとして、ベビーローションやワセリンやニベアなどのローションをぬるといいですね。
娘に使っているのはこちらのローションです。
>>コントロールジェルme

ベビーローションにくらべると、値段は高めですが、保湿だけじゃなく、
脱毛で傷ついた肌のダメージを回復もしてくれるというところが気に入っています。
そして、肌によいというだけでなく、抑毛効果があるので、毛の成長スピードを遅らせる働きもあります。
ずっと続けてぬってると、体毛も細くなって目立たなくなっていくそうです。

ただ即効性がないので、このローションだけで、脚の毛を目立たないようにするには時間がかかってしまいます。
だから娘にはほかの脱毛方法プラスこのコントロールジェルmeを使っています。
>>>お肌ダメージゼロ ムダ毛対策ジェル・コントロールジェルme