炎症を起こすムダ毛処理は危険!正しい脱毛方法がこれ

June 08 [Wed], 2016, 16:44
ムダ毛を処理した後は、必ずといって良いほど肌荒れしました。だからといって頻度を減らしてしまったら、すぐにムダ毛がボーボーに。

敏感肌なので炎症を起こして腫れるようになることも多く、ムダ毛処理には手を焼かされっぱなしだったんですが、今は炎症を起こすことはすっかりなくなりました。



そもそもわずらわしいムダ毛のケアから解放されたし、アフターケアについて頭を悩ませることすらなくなりました。

肌を触った感じがすごくつるつるするので、自分が触っても気持ちが良いくらいなんですが、私がどんなムダ毛処理をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■抑毛ローションを使うのがベスト

肌を荒れさせたり炎症を起こすことなくムダ毛処理をするなら抑毛ローションを使うのがベストです。抑毛ローションとは、毛根の働きを可能な限り弱めて、毛が生えにくくしてくれるんです。

最終的には、目立たない産毛がかすかに生える程度になります。定期的に剃らずに済むので、肌荒れを心配する必要が一切なくなります。



抑毛ローションはそれに美容成分が含まれているものが多いので、使えば使うほど肌の調子が整って、手触りの良い肌になるという嬉しい副作用もあるんです。



■抑毛ローション選びのポイント

抑毛ローションは薬局の店頭にはなかなか並ばないものの、いろんな種類があります。どれを選んでよいのか分からなくなってきますが、選ぶポイントはきちんとあります。

まず一つは、浸透力です。抑毛ローションは主に大豆などに含まれるイソフラボンという成分によって毛根の働きを抑えるものの、肌に浸透しなければ意味がありませんよね。


抑毛ローションは豆乳から自作することもできますが、浸透力がきわめて弱いので、かなり長期間にわたって使い続けないと、思ったほどの効果が得られないんです。



■おすすめの抑毛ローションがこれ

抑毛ローション選びのもう一つのポイントは、イソフラボンが複数種類入っていることです。抑毛ローションには個人差が大きいという欠点があるのですが、その理由はイソフラボンと体質には相性があるからです。

私が使っている抑毛ローションなら、イソフラボンが2種類入っていて、お互いの効果を強めあう性質があるため、個人差ができる可能性がすごく小さくなっているんです。


返金保証もついてるいるし、肌に悪影響が出る心配もなかったので、試しに使ってみたところ、1ヶ月くらいで確かにムダ毛が落ち着いてきました。


剃る頻度がどんどん減っていき、今では全く剃る必要がなくなりました。彼氏が急にお泊りに来て、焦ってムダ毛処理をして傷つけることもなくなりました。

肌を見せるのが怖くなくなって、温泉やプールでも堂々とできるようになりました。肌の光沢を強めてくれる成分も入っているおかげで、光が当たるとみずみずしさが映えるようになりました。



私を無駄毛のわずらわしい手間とコンプレックスから救ってくれた抑毛ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓







ムダ毛処理はパイナップル豆乳ローションを使うのが正解!

June 08 [Wed], 2016, 16:41
パイナップル豆乳ローションは、アイリスと大豆に含まれるイソフラボンの抑毛効果に、パイナップルの持つ炭水化物分解酵素をプラスして、効果的に無駄毛を抑えてくれます。
肌に傷がついていたとしてもしみて痛みがを感じることがないほど低刺激。体に悪影響を与える心配がないので、子供や妊婦さんだって使えるんです。

パイナップル豆乳ローションにはさまざまな美容成分が含まれているので、毛穴が引き締まって黒ずみを解消させることもできます。
基本的に鼻から上の毛には効き目がないので、髪の毛やまゆ毛・まつ毛などを無駄に減らすことなく、減らしたい部分の毛だけを効果的に抑える子ができますよ。