めぐりあい 

August 22 [Wed], 2007, 22:21

はるか昔 遠いきのう

ぼくたちはそれぞれの宇宙で眠っていた 

母の鼓動を聴きながら


きみはぼくを知らず

名前なく生まれたその日から旅は始まり

ふたりめぐりあえた

いま ぼくはきみの名を呼ぶ


ひとがひとりで生まれてくるのは

きっと

ふたりのよろこびがほしいから


いつか未来 遠いあした

ぼくたちはそれぞれの海に船を漕ぎ出す
 
ふたつの水平線を見つめて


きみはきみの海を ぼくはぼくの海を

再び会えることを祈って旅は始まり

そして長い旅路で

やがて

また誰かと出会うだろう


ひとが「さよなら」を覚えたのは

きっと

涙の代わりの言葉がほしいから


ひとが思い出を語り合うのは

きっと

ふたりのよろこびを忘れないため


ひとが時にひとりになるのは

きっと

誰かと出会う日のよろこびのため



今なら多分この曲、誰よりも上手く唄えるはず…

って、もう手遅れかww

Good bye my love 

August 20 [Mon], 2007, 12:41

付き合い始めて どれだけたつだろう この道を君とこうやって歩く
いつものコース いつものベンチに寄り添い
腰掛け 話す my dream
瞳輝かせ 話す your dream
そうあの頃は すごくすごく 好きで好きで
ただそれだけで それだけで・・・

2人が見上げる空に浮かぶ雲 掴めそうで掴めなくて
手伸ばし 必死に 爪先立ちになり 時間だけが過ぎ
2人が求める モノはちがう場所 君を想えば想うほど
互いに 進むべき 方角に 飛び立てずに・・・

だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 抱き締めていたいけど 輝き始める君の背中押すよ
だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 大切な思い出と 羽ばたき始める遙かな夢へ
good bye my love

いつの日からか逢う日もずいぶん減り始めなんだか忙しく
メールで送る 約束のキャンセル 愛し合いたいはずなのに・・・
夜が明けるハイウェイ 1人帰宅中 出会った頃の事 思い出す
すごくすごく 好きで好きで それだけだった・・・

2人が見上げる空に浮かぶ雲 掴めそうで掴めなくて
手伸ばし 必死に 爪先立ちになり 時間だけが過ぎ
2人が求める モノはちがう場所 君を想えば想うほど
互いに 進むべき 方角に 飛び立てずに・・・

だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 抱き締めていたいけど 輝き始める君の背中押すよ
だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 大切な思い出と 羽ばたき始める遙かな夢へ
good bye my love

あの出会いに後悔なんてない この別れも選んだ道も
ただこの胸に残る 君の感触が締め付ける oh

2人が求める モノはちがう場所
互いに 進むべき 方角に 飛び立てずに・・・

だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 抱き締めていたいけど 輝き始める君の背中押すよ
だからgood bye my love これからはbest friend
まだI love you 大切な思い出と 羽ばたき始める遙かな夢へ
good bye my love

Your eyes only 〜曖昧な僕の輪郭〜 

August 20 [Mon], 2007, 12:41
Days なにもない部屋中に
広げたあの夢は それでも
まだ失くしちゃないんだ

Sway 確かになにもかもが
予定通りのわけじゃないから
投げ出したくなるけど

それでも 思い描く自分に
すこし近づけたかな?
Now I know

曖昧な夢の行方を
その瞳に映して
ただキミがくれる笑顔
探し続けてたね

Pray 頼りない祈りでも
出来るだけのことはしたくて・・・
遅すぎるいいわけさ

もう一度 もしまた会えたら
すこし胸をはれるかな?
Where are you now?

曖昧なぼくの未来を
その瞳に映して
矛盾だらけのわがままで
傷つけてたね

変わらないものは一つだけ
時だけが過ぎてゆく
振り向いたこの場所には
キミだけがいない

曖昧なぼくの輪郭(カタチ)を
その瞳はいまでも
追いかけてくれてるかな?
届かないLove song for you

O'ver 

August 20 [Mon], 2007, 12:38

訳もなく あふれてくる
その涙の訳 教えて
答えのない モノばかりを
深し求め さまよって…

孤独な夜は いつも
自分を責めてしまう
貴方が 傍に居れば
悲しみさえ、 憎しみさえ、
消えて 薄れてゆく 今は…。

星もない 夜空に 願いを込めて
誰にも 云えない 想いを乗せて
Ah 心にひびく程 強く 守って…。

眠れない 夜には 声を聞かせて
つないだ その手を 離さないでよ
Ah 傍に感じている 戻れない 戻らない… きっと。

信じてた 二人の愛
探したけど どこにもない
変わりのない モノばかりを
大事そうに 抱えこむ…。

こわれる程に 心 弱くて
貴方 求める 震えてる指先に
Kissをしてよ 抱きしめてよ
愛し過ぎた日々も 今は…。

大きな 夜空に 願いをかけて
この声 かれても 叫び続ける
Ah 心が淋しくて 貴方に逢いたい

見上げた 夜空は 何故か悲しく
二人で 重ねた 遠い思い出
Ah ずっと忘れないよ… 貴方を… ずっと… ずっと…。

星もない 夜空に 願いを込めて
誰にも 云えない 想いを乗せて
Ah 心にひびく程 強く 守って…。

見上げた 夜空は 何故か悲しく
二人で 重ねた 遠い思い出
Ah ずっと忘れないよ… 貴方を… ずっと… ずっと。

ただ…逢いたくて 

August 20 [Mon], 2007, 12:29


悲しい過去も 若過ぎた日々の過ちさえ
君に出会えて 深い海に沈められたのに 

あの頃の僕と言えば 愛し方さえも知らず
ただ不器用に キミを傷つけて
優しさ 忘れていた

ただ逢いたくて もう逢えなくて
くちびるかみしめて 泣いてた
今逢いたくて 忘れられないまま 
過ごした時間だけが
また 一人にさせる

最終電車 僕の肩に顔うずめたまま
寝息を立てる 何よりも幸せだったよ

今ならば叫ぶ事も キミも守り抜く事も出来る
もう戻らない時間だけを
悔やんでしまうのは何故?

ただ愛しくて 涙も枯れて
キミの居ない世界を彷徨う
忘れたくない キミの香りを まだ
抱き締め 眠る夜が
孤独にさせる

ただ逢いたくて もう逢えなくて
くちびるかみしめて 泣いてた
今逢いたくて 忘れられないまま 
過ごした時間だけが
また 一人にさせる

ただ…逢いたくて

…じゃあ俺も!! 

August 18 [Sat], 2007, 21:09

やべえ…宿題おわんねえ ←

てかッッ今日書きたいのはそんなことじゃなく!!

あの人の日記読んで
俺もこれからどうなっちゃうんだろうなあ…て思った。


確かに3歳からピアノやってて
普通の人に比べてみれば音楽的センスない訳じゃないと思う。

てかその変わりに運動神経とかだいぶ無いけどねww
体テとかいっつもやばいし!!

…話それた ←


でもやっぱりピアノの先生の紹介で附小を知って
附小に通い始めて
流れでなんとなく附中にいって
合唱に出会って
歌うことの楽しさを知って
附中の奴にEX教えてもらって

やっぱりこれって運命なんじゃないかなって。

合唱に出会えたことも
EXILEに出会えたことも
歌って生きていきたいと思えたことも
全部運命なんじゃないかって。


はたから見れば都合のいい解釈にしか
過ぎないかもしれない。
けど、俺は自分の決めた路を
歩み続けたい。

歌って生きていくなんて簡単にできるほど
甘い世界じゃないことも
実力だけで這い上がれる
世界じゃないことも
全部分かってる。


俺の歌声を好きっていってくれる人がいる。
俺自身のこと受け止めてくれる人がいる。
絶対に越えたい人がいる。

何より
歌うことが、音楽が、大好き。


俺の歌なんかまだまだ誰にも
聴かせられるほどのものじゃない。

だから今は
合唱を精一杯頑張ろう。


今一番身近な歌うことを
一生懸命やろう。


後ろ指なんて勝手にさしてろw
負けないよー 逃げないよー

時の描片〜トキノカケラ〜 

August 10 [Fri], 2007, 13:49

涙で途切れた隙間 微笑で埋めながら
陽は沈みまた昇る ページを捲るように
名もない路の彼方に 「答えなんてあるのかな?」
歩き続けるone way road 繋いだ時の描片を

雨上がりのshinin' day あてもなく歩こう
磨り減ったシューズは 地図も知らない明日への道標

破り捨てた写真のように 思い出は消せないから
悩んだり 傷ついたりしても 笑い飛ばしてしまおう!

涙で途切れた隙間 微笑で埋めながら
陽は沈みまた昇る ページを捲るように
名もない路の彼方に 「答えなんてあるのかな?」
歩き続けるone way road 繋いだ時の描片を

雲を流す風が 明日を運んでくる
頬を伝う雫も いつの日にか 小さな花になる

明け方の空を枕に 夢を語り続けよう
不器用な生き方でもいいさ 好きになれるよ alright!

道端に咲く花を そよぐ風が揺らしてる
季節がまた巡りくる 気付けばすぐ傍に
乾いた空の彼方へ 「この声は届くかな?」
答えなんか要らない それでも描く未来図

涙で途切れた隙間 微笑で埋めながら
陽は沈みまた昇る ページを捲るように
名もない路の彼方に 「答えなんてあるのかな?」
歩き続けるone way road それでも I will be alright

道端に咲く花を そよぐ風が揺らしてる
季節がまた巡り来る 気付けばすぐ傍に
乾いた空の彼方へ 「この声は届くかな?」
答えなんか要らない 踏みしめる時の描片を




PVが良かった・゚・(ノД`)・゚・
やっぱり一章じゃないとダメだなぁ…って思ってたけど
二章も応援しようかな…って気になった

新生EXILEEXILE
by HIRO

こんにちぁー 

August 09 [Thu], 2007, 14:04
懲りずに何回も作るんだぬ ←
たいしたことかかないけど勘弁ねー わ
大体俺文才ないn 略

そおそおー
おれ文構成的にだいぶかわったけどお
気にすんな アハ


じゃあこれからもよろしくーー


('∀'西*)
ぷろふぃーる
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まこと
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
†+:+:†:+:+†+:+:†:+:+†
I MUSIC
I SINGING
I CHORUS
I まき兄

いやあ…まき兄LOVE!!
かっけーから
え、もうホモでも何でもいいですよ ←
†+:+:†:+:+†+:+:†:+:+†
かてごり
にゅーこめんと
アイコン画像あゆみ
» …じゃあ俺も!! (2007年08月19日)