19._命_視線の先 

May 30 [Sat], 2009, 11:33
「さすがに寝すぎたか・・・」 そう呟きながら見上げた空は既に茜色に染まり、 眩しすぎる朱に命は目を眇めた。 朝から腹黒保健医(命目線)に説教をされ、授業なんて受ける気がなくなってしまった命は、さっさと向かう先を屋上に変えた。 幸い今日は暖かい日差しが降り注ぐ、絶好の昼寝日和だったこともあり、そのまま屋上で爆睡。 気が付いたときにはこんな時間になっていたのだった。 すでに就業時間は過ぎているし、学校にいる意味もない。 早く帰るに限ると校門まで来た命は、 げんなりとした表情で足を止めた。 「今日は厄日か・・・」 命の視線の先には、一人の教師と二人の少女の姿があった。 まぁ、今から帰るだけだし通り過ぎてしまえば問題ないだろ。 そんな風に考えながらも、早足になるのを抑えることはできない。 段々と三人との距離が縮まり、その横を通り過ぎようとした瞬間。 強い力で腕を引かれた命は、その勢いのまま体を反転させた。 「・・・なんだよ。」 「まぁ、そー怖い顔しないでよ、みこちゃん。」 「っ、てめぇ、その呼び方はやめろって言ってんだろ!」 「女性に向かってそんな乱暴な言葉を使うのは感心しませんよ?珠依君。」 自分の腕を掴んだまま無邪気に笑うクラスメイト、天国 歌流纏と、 その後ろで天国に牙を剥いたら許さないと 腹黒い笑みを浮かべる保健医、東宮寺 春日。 まさかこの二人の顔を一日に二度も見ることになるなんて。 最悪。 口にはしなくても内心を隠そうともしない命の様子を面白そうに見つめた歌流纏は、そのまま掴んでいる腕をクイクイと引っ張った。 「うん、やっぱりみこちゃんならOKかな!」 なにがOKなんだと聞くより早く歌流纏が続けた言葉に、 その場にいた歌流纏以外の人間がビシリと音をたてて固まった。 「みこちゃん、マリアのこと送っていって!」 「・・・脳みそ沸いたか?お前」 「えー、いいじゃん。あのね、今日みこちゃんに伸された人たち、また校門で待ってたんだよ?半分はみこちゃんへの仕返しもあるだろうし。だから責任持ってマリア守って?」 断ることは許さないと笑う歌流纏に、命は今まで以上に顔を歪める。 そんな命の腕を、臆することなく歌流纏は強く引く。 そして、そのまま腰をかがめた命の耳元にそっと囁いた。 「今日ずーっと屋上でお昼寝してたこと、センセイに教えちゃおうか?」 その言葉はどんな脅しよりも効果があった。 一日中授業をさぼった事が春日にばれたらと思うと、ぞっとする。 しぶしぶ文句を言うのを止めた命は、この話の当事者でありながら先ほどから一言も口を利かないもう一人の少女、華園マリアに視線を向ける。 「あんたはそれでいいのか?」 一同の視線を浴びたマリアは、小さく、それでも確かに頷いた。

18._春日_気付かないふり 

May 18 [Mon], 2009, 21:10
仕事が捗らない。

それはきっと君のせい。

後ろで待つ彼女を盗み見ると、

可愛く足を揺らせながら保健室の床を眺めている。

その視線を僕に向けて欲しくて、わざと持っていたペンを強く机に置く。

静かな保健室にカタンと大きな音が響くと、それまで俯いていた首を上げて、

彼女は嬉しそうな顔で僕を見る。


「お仕事終わったの!?」


そんな顔をされたら、言ってしまいそうになる。


―あなたの気持ちに気づいていますよー


そう伝えてあげたくなる。

それでもそ知らぬふりをして、

「ええ終わりましたよ。これでゆっくりお話できますね」

と甘い声で囁けば、この質素な部屋に一輪の薔薇が咲き誇る。


「嬉しい」

「はい。それではここでは何ですし、どこかへ行きましょうか」


大切な可憐な花。手に入れたい。僕の腕の中だけにしまっておきたい。


だけど君は誰にもなびかない、高嶺の花だから。


ならば僕は君を守る茨になろう。


だから今日も『害虫』から守る為に、君を夕闇へと送り出す。

17._歌流纏_天邪鬼な願い 

May 17 [Sun], 2009, 18:24
いつものように廊下を全力で駆けながら私は今朝の事を思い出していた。

すっかり保健室のベットで眠りこんでしまった私を夢の世界から掬い上げたのは
東宮寺先生の声だった。

気持ちよさそうに寝てたからなんて理由で始業時間ぎりぎりに起こされて、結局今朝は先生とほとんど話が出来なかったのが残念で仕方がない。

いや、目が覚めて一番に見るのが先生の顔なんて、幸せなんだけれど。
でもやっぱり、一日の始まりは先生の甘い声を聞きたい。
先生の優しい瞳が微笑むのを見たい。

そんな気持ちを抑えることが出来なくて、思わず放課後に来て良い?なんて聞いた私に
嫌な顔一つせず頷いてくれた先生をやっぱり好きだと思う。

眠る時間より、先生と共に過ごす時間の方が何倍も大切で幸せなんだって、分かってほしいと思うのは我儘なのかな。

「今度はいるといいなぁ。」

思わず零れた言葉を廊下に置き去りにする速さで、先生のいる保健室へと猛ダッシュした。



「先生!」

朝のように勢いよく開けた扉の先に先生はいた。
それまで机に向ってなにかしていた先生は、私の声が聞こえると
回転式のイスを少し軋ませながらこちらを振り向いてくれる。

「はい。そんなに急がなくても、僕はまだ帰りませんよ?」

その先生の頬笑みが一人占め出来るこの時間が増えるのなら、睡眠時間なんていくら削っても惜しくはない。
そんな本心を知ってほしいと思うくせに、絶対に知られない様に笑う私は臆病者。


「なんだか走ってくるのが癖になっちゃって。先生、もしかして忙しい?」

いつもなら私が来るのと同時に机に置かれるペンが握られたままな事に気づいた私がそう聞くと、先生はいつもと変わらない笑顔でほほ笑んだ。

「もう少しで一区切りつきますから、其処へ掛けて待っていて下さい。」

私にそう告げると、机に向きなおり広げられていた書類に何やら書き込み始める。
私は勧められた椅子に腰掛けながら先生の横顔を見つめた。

書類を見る為に少しだけ目を伏せている先生の表情は、私の好きな先生ランキングの上位だったりするので、こうしている時間も嫌いじゃない。

でもね、先生?
やっぱり私以外の事に熱中してる先生を見るのは寂しいから・・・

早くその瞳に私を映して?

16._イブ_空を見上げて 

April 22 [Wed], 2009, 19:34
頭痛がする。原因は『あいつ』だ。

あいつは私の外見を叱らない。他の教師から庇うくらいだ。


あいつは私の『内面』を指摘する。

それは校則違反を暴力で制裁されるより、何倍も痛む。

今だってそう。


今日は、くじ引きで押し付けられた研修委員のミーティングがあった。

もちろん私は無断欠席した。

誰も私なんて待っちゃいない。なのにあいつは・・・


――神宮のこと待ってたんだぞ!――


あいつの声が私の脳内に響き渡る。


うるさいうるさいうるさい!


私は頭を抱えて、その場にうずくまった。


お願いだから優しくしないで。私に構わないで。

だって・・・期待をしてしまうから・・・


ミーティングに出る気がないのならさっさと帰れば良い。

それでも、終わりの時間を見計らって、会議室に近づいたのは――・・・


「ウザいのは、私だ」


アスファルトに座り込んだまま、夕焼けに染まる空にそっと呟く。


その時、私の呟きに混ざって、女性の可愛らしい笑い声が重なった。


Title by aRi :http://arinkonhouse.web.fc2.com/

15._彦星_美女と野獣と俺 

April 20 [Mon], 2009, 23:37
合同研修の打ち合わせを終え、教室へ戻る途中。
すでに部活も終わりという時間、校舎内に残っている生徒など
ほとんどおらず、自分の足音だけが、静かに廊下へと響いていた。

ふと視線を上げた先に見える、まっすぐに続く廊下。

その向こうかに佇む人影に、俺の脚は自然と歩みを速めていた。

「いい加減にしないか!だいたいそんな恰好で学校にきて、お前の様なやつがこの学校の評判を落としてるってことがまだ分からないのか!!」

まだ、この学校に赴任して数カ月もたってないのに、
もう何度この光景を目にしたのだろう。

だまって佇む神宮イブと、その前に立ちはだかり大声で怒鳴り散らす社会科教師。
確か名前は・・・なんだっけ?

まぁ、こんなうるさいおっさんの事はどぉでもいい。

「はーい、ちょっとストップ。」


あと数歩で隣に並ぶという距離でそう声をかければ、
それまで総かに木霊していた声がぴたりと止んだ。

「・・・何か用ですか?今俺はこいつの・・・」

「やー、こんな時間まで熱心ですね!!本当俺も見習わなきゃなぁって思いますよ!でも先生。さっき学年主任の藤堂先生が探してましたよ?先生のクラスの生徒がどうこう言ってましたけど・・・急いだ方がよさげですよ!」


そいつの言葉を遮りまくし立てるようにそう言えば、
そのまま立ち去ればいいのに、度こちらを振り向き
「神宮。次の検査までに直さなかった場合、それなりの処置をとるからな!!」
そう言い捨てて廊下を走り去っていく。

「ったく。あいつに目つけられるなんて、神宮は本当ツイてないな。」

「別に。慣れてるし。」

二人っきりになった廊下で、こうして言葉を交わすのは何度目か。
だから、神宮のこんな態度ももう慣れっこだ。

というか、俺的に服装とか頭髪なんてどうでもいい。
そんな事よりも言うべき事が、俺にはあった。

「ってか、神宮!今日なんで合同研修の集会に来なかった!?俺待ってたんだぞ!!嫌でも決まっちゃったんだから来なきゃだめだろ!一緒に頑張ろうって言ったよな?」

「うざ・・・帰る。」

俺が必至にそう告げると、神宮は心底嫌そうな顔をして、
さっさと背を向けて立ち去ってしまう。
その背中を見ながら、俺はいつものように心に固く決心した。

俺は諦めない!!!

14._伊織_偏った愛情はいかが? 

April 16 [Thu], 2009, 23:26
俺様に振り向かない女などいない。

15年間そう信じて疑わなかった。

だが、しかし!なんなんだ、あの女は?!


放課後の校舎。

生徒で賑わっていたその場所も、普段ならば静寂に包まれている頃だろう。

だが、今日は違う。なぜなら俺様がこの高等部校舎にいるからだ。

中高合同研修の打ち合わせを終え、会議室を後にする。

しかし、会議の終わりを待っていたのだろう。

会議室を出た途端、女生徒の波にもまれた。


「ったく、仕方のない奴らだな」


そう言って不敵に笑って見せると、周りから女特有の甲高い叫び声が上がる。

しかしその歓声に混ざって聞こえた一言。


――邪魔なんだけど――


俺様を初め、周りを取り囲んでいた女生徒達が一斉に声の方へ視線を送る。

そこには、栗色の髪を肩先まで伸ばした、まぁ中々に悪くない女が立っていた。

ははぁ、なるほどな。周りが邪魔で俺様に近づけなくて怒ってやがるんだな。


「しかたねぇな、もう少し前に来いよ」


口角を上げ、視線の先にいる女に声をかけてやる。

すると待ってましたとばかりに、女の小さな口が動いた。


――あんた、何様?――


・・・アンタナニサマ?・・・なにさま?・・・何様だとッ!?

あまりに聞きなれない単語で、脳が理解するまでに時間がかかってしまった。


「何様だと・・・?何様、俺様、伊織様だっ!!」


しかし、女は最後の最後まで、俺様に興味を示す事はなかった。

覚えていろ。この屈辱は絶対に忘れない。

お前を必ず振り向かせ、『伊織様カッコいい〜!』と言わせてみせる!

この俺様に不可能なんてないのだからな!!


そういや今日いた研修責任者の教師も変わった奴だったな...


Title by aRi :http://arinkonhouse.web.fc2.com/

13._李桜_窓枠の世界 

April 15 [Wed], 2009, 22:03
狭い窓枠の外に広がる青い空を、なんともなしに唯見上げる。


クラスの親しい友人は、きっと始業ベルが鳴るまでやってこないのだろう。
いや、始業ベルが鳴っても来なそうなのも一人いるが、それはこの際置いておこうと思う。


授業開始までの教室は普段通りにぎやかで、その中でも女の子の話声はよく通る。
最近できた可愛いお店の話とか、最近人気のアイドルの話。

そして、聞こうとしなくても自然と聞こえる会話の中で、
最も多く飛び込んでくるのは身近な異性に対する話だったりする。
そしてそれは、今日とて例外ではなかった。

「そう言えば、今日王子が来るって知ってた!?」

「えぇ!?なんで?なんで?」

「今度行われる合同研修の打ち合わせ?とかなんとか。」

「えー!知ってたらがつ盛りメイクにしてきたのにー・・・」


王子。
一日最低3回は耳にする愛称に、私はあまり関心がなかったりする。
中等部に通う王子様の人気は中等部だけでは収まらず、
高等部でも話題の的となっている。

なんでも容姿端麗・文武両道・家柄よしの三拍子揃った
本当の王子様らしいのだが、私はあまり興味がない。
中等部の頃、チラリと顔を見た事がある程度。

しかもその時の印象は『随分整った顔の子がいるなぁ』程度のものだった。

もともとミーハーな性格じゃないのもある。
物でもなんでも、流行りものより自分の趣味にあうものを求めるタイプだし。

まぁ、自分の周りにいる友人達が揃いも揃ってミスパーフェクトなのだから、いまさら騒ぐことでもないというのが本当の理由だったりするのだけれど。

そんなことより、お腹すいたなぁ。
ふと、彼女たちの話から意識を逸らし、また窓枠の世界に意識を向ける。
始業ベルがなるまでに友人達がやってくることに期待して。

12._まりあ_眩しいヒカリ 

April 15 [Wed], 2009, 19:35
今日の私は『ついていない』の一言に尽きる。事の起こりは――


いつもの様に校門をくぐり校舎へと向かう途中、誰かが私の名を呼んだ。

その低い声に私は肩を跳ね上げる。

振り返ると、そこには面識のない男子高生が数人、立ちつくしていた。


「遊びに行こうよ、まりあちゃん!」


そう言って私の腕を乱暴に掴む。こんなのは日常茶飯事。

それでも男性恐怖症の私にとっては、とても辛い時間。

彼らの対応に困惑していると、突然その中にいた一人が宙を舞った。

そして続けざまに聞こえた、低い声。


「邪魔だ。どけ。」


顔を上げなくても分かる。声の主はこの学園で知らぬ者はいない、珠依 命。

彼の金色の髪は光を浴びると太陽の様に輝き、

堂々としたその態度は威圧感すら感じさせる。

そんな事を考えていた次の瞬間、今度は私の腕が引かれ身体が浮く。

そのまま固い壁の様なものに顔から突っ込んだ。

これは――・・・胸!?

飛びのく暇もなく、そのまま彼の肩に担がれ・・・保健室へと連れて行かれた。

彼は半泣き状態の私を春日先生に預け、自分はさっさとベッドで寝てしまった。


本当についていないと思った。憧れていた彼にあんな姿、見られたくなかった。

彼は私と正反対の世界に住む住人だ。

彼が太陽なら、私は月。彼が光で、私は闇だ。


そんな事を友人の一人に話したら、彼女は思いもよらない事を言った。


『月は太陽に照らされて輝くんだよ!

まりあちゃんも珠依君に照らしてもらえばいいんだよ!』


おとぎ話の様だと思った。そういえば彼女も『王子様』を探しているんだっけ。

イオちゃんは、王子様を見つけられたのだろうか?



Title by aRi :http://arinkonhouse.web.fc2.com/

11._命_サクライロ 

April 14 [Tue], 2009, 20:42
空をも染めんとばかりに咲き誇る、薄紅の花。
その花を反射させたような桃色の髪と、それより少し朱が注した頬と唇。

よくも悪くも目立つ容貌をしたそいつは、やはり何処にいても何をしていても目につく。


他人に関心のない俺ですらそうなのだから、他の人間からすれば余計気にかかる存在なのだろう。


現に、今俺の目の前で他校の男子生徒に絡まれているのは、通称『桜の姫君』、花園まりあだった。


もちろん人助けなんて、柄でもない事をする気は更々ない。
だが、今そいつらが立っているのは俺が通らなければならない校門の前。

つまり。
そいつらをどけなければ、自分は目的地へ辿り着けない訳で。


「ちっ。朝からめんどくせえな。」

苛立ち紛れに伸ばした足は…
行く手を阻む集団の一人に直撃した。


「ぐへっ!」


なんとも気持ちの悪い声を出しながら地面に転がった男は既に眼中から外し、残りの男達を睨み据える。


「邪魔だ。どけ。」

その声に少し怯んだ様に後退しかけた男達の間から、ちらりと覗く人影を見つけて思う。

こいつも邪魔だな。

そう思うより早く手を伸ばし、男達の間から引っ張りだした。


ふわり、と。
想像以上の軽さのせいで勢いがつきすぎたその体は、真っ直ぐ俺の胸に飛び込んで来た。

自分の腕の中でギクリと体を固まらせたそいつをどうしようかと考え、仕方なしに肩へと担ぎあげる。


微かに息を呑む音が聞こえた気がしたが、面倒なので気付かないふりをした。

俺の行動に驚いて動けないらしい男達に背を向け、本来の目的地へと足を向ける。


そこに行けば、今にも散りゆきそうな桜の花を、満開に咲かせる事のできる奴がいると知っているから。

10.春日_仕事よりも大事なもの 

April 13 [Mon], 2009, 22:52
「おや?」

本日の第一声は自分には不釣合いな間の抜けた声から。


僕――東宮寺 春日(とうぐうじ かすが)――は、保健室へと急ぐ。

廊下走るな、危険!と大きく書かれた張り紙を意識しつつ、

早足で自分の持ち場へと向かう。

けして、緊急を要する生徒が運ばれてきたというわけではない。

まだ朝礼開始のチャイムが鳴るまでに30分もある。

登校している生徒の方が少ないだろう。

まして、朝一番に保健室という特質した場所へやってくる者などいない。


あの日までは、そう思っていた。


いつからか、毎朝決まった時刻になると一人の女生徒が現れるようになった。

彼女――天国歌流纏(あまくに かるま)――は、これといった怪我や悩みが

あるわけではない様で、取り留めのない話をして去っていく。

僕はその話を黙って、そして時折相槌を打ちながら聴く。


しかし今朝は急なミーティングが入ってしまい、

彼女が現れる時間を過ぎてしまっていた。

だから僕は、こんなにも急いで保健室のドアを開けたのだ。

そして最初の第一声に戻る。


待ちわびて寝てしまったのだろう。

設置されている白いベッドに負けない程白い肌を持った彼女が横たわっていた。


その寝顔は何だか少し寂しげで。

彼女も少しは僕に会いたいと思っていてくれているのだろうか。



「あなたはどうして僕の前に現れたのですか――?」

僕が発した質問は、答えが返ってこないまま、チャイムの音と混ざって消えた。



・・・大事な時間を邪魔する『物好き』が性懲りもなくやってきたようですね。


Title by aRi :http://arinkonhouse.web.fc2.com/