ようするに・・・

September 14 [Fri], 2012, 1:12
生産ができない人口、つまりは高齢者が増えすぎてるということですよね。
高齢者が千万単位でまとまって死んでくれたら、社会保障にかかる予算はかなり削れると思いますが、これはあまり現実的ではないですよね。
それならば、高齢者に生産的活動の場を提供すればいいのではないかと思うのです。
かといって、単に定年齢を延ばすことは多くの企業では経営を圧迫します。
そこで、萩ニや畜産といった、比較的単純労働や緩慢な作業進捗が許される産業に高齢者に就いてもらうのです。
リタイアした人がよく貸秤竕ニ庭菜園で野菜作っていますよね。
あれを国家や行政が主導して産業にまで発展させるのです。
減反の休耕田や、介護施設に隣接した土地で売れる作物を作るのです。
食糧自給率を上げ、米や麦や日本ならではの野菜や果実を輸出してはどうでしょうか畜産や漁業もできるかもしれません。
〇〇ばあちゃんのトマトなどブランド化できるかもしれません。
齢を重ねるだけで尊敬LOVERS 悪徳サイトされ、大切にされるだけではこの高齢化した日本は持ちません。
ゲートボールや登山で健康な体力をみすみす浪費することはありません。
高齢者も生産を受け持ち、収入を得て税収を生みだし年金や医療費に回すのです。
法改正も必要でしょうし、試算したわけではないのですが消費税分をいくらかはカバーできるのではないでしょうかもちろん順送りですけどね。
消費税、最大62上乗せ新年金制度で再試算民主時事通信社09月06日1305mediaid4
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mtca7s6zsp
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mtca7s6zsp/index1_0.rdf