終了!! 

2015年12月31日(木) 7時05分
2015年も終了しましたね。

それに合わせてこれも一時終了しますね。
記録のサボりグセがすごいのと、
最近は仕事しかしてないので。
これを書いてるのも2016年の1月16日という。



とりあえず気が向いたら旅日記と、
時系列関係なく思い出せる出来事を書いて埋めていきます。
旅日記は写真を載せるだけだっていうのに。

フリータイム 

2015年11月29日(日) 10時38分
22時から9時までカラオケをしてきました。
カラオケスキルが衰えてきたので、
練習です。

福袋 

2015年11月26日(木) 1時59分
最近近所にイオンができたのですが、
そこの酒屋さんで獺祭が売られているのですよ。

でも獺祭はなかなか手が出せないと思っていたら、
そこにはなんと日本酒の福袋が。
しかも当たりには獺祭入り。

2000円で獺祭が当たるかもしれないなら欲しいと思ってつい購入。



ハズレましたけどね。

でも澪も好きなので問題ないです。
年末に買っちゃおうかな獺祭。

試験終了 

2015年10月25日(日) 21時24分
試験終わるまで放置してましたが、
久しぶりに書く。

今日資格試験が終わったので、
旅日記の穴埋めを暇なときにやります。
記事の下書きしてあって、
写真を載せるだけのもありますが。
もうしばらくやる気は起きないです。

旅の番外編もいずれ書く。

早実大逆転 

2015年07月26日(日) 13時22分
マジか!
一気に8点取って逆転した!
そして優勝!

野球 

2015年07月26日(日) 12時58分
早実が怒濤の反撃を!

今なぜか急にハマったモノマネ 

2015年07月04日(土) 15時32分


小林製薬の糸ようじ。

今日から仕事 

2015年06月15日(月) 11時28分
長い夢のような休みの期間が終わってしまいました。
今日からまた働き始めます。
旅日記が追い付かない。

休み期間にも旅の番外編的なことをやりまして、
かなりの筋肉痛です。

東京⇔北海道 山越え距離150キロ越えの函館5/14 

2015年06月08日(月) 1時58分
4:00。
おはようございます。
明るくなってきたので活動します。

眠れれば良かったのですが、
寒くて眠れず。
水曜ジャンクを最後まで聴いてる時間まで起きてましたよ。
山ちゃん。



朝食を買いに近くのコンビニへ。
寒かったのでスープも飲みたいと思い、
北海道でしかないという焼きそば弁当とおにぎりを買う。




ここで発見したのですが、
北海道のコンビニでは「おにぎりあたためますか?」をマストで聞いてくれます。
寒い中ありがたいです。

さらにはお店の人のご厚意で、
ドーナツの差し入れもいただく。
北海道に住みたいです。



さて、本日はルート的には海沿いを走って函館方面を目指します。
目標地点は森というところ。
茅部郡森町。
そのあたりの道の駅が距離的にちょうどいい。
およそ100キロ。
ちなみに函館までは150キロ。



とりあえず距離的にちょうどよさそうな長万部まで走って休憩しようと思い、
走り出す。

洞爺湖町に入ってすぐ気付きましたが、
どうやらかなり登っております。
海沿いだからそんな山じゃないかなと思っておりましたが、
かなり山道が続きます。




豊浦など市街地に入れば平坦で走りやすいのですが、
他がまぁ辛い。

市街地を出るともうコンビニねぇ、
自販もねぇ、
車はそこそこ走ってるという状況。

乗っている自転車の性能でなんとか走れてますが、
乗っている人間の体力がおそろしくポンコツになっており、
坂道がきついきつい。
体重も重くしてますからね。
寒さ対策で。



礼文というあたりまで走ると、
快適な下り坂でスイスイ進むのでもう山岳地帯終わったかなぁと思ったら、
まだある。
きつい。
ヒメナノダーでは登りきれない坂。




でもそれが北海道なんです。




山岳地帯の長さに怖くなって高低差がわかる地図で状況確認。
どうやら静狩というところまで行けばもう下りからの平地になるとのこと。
距離的に10キロないくらい。

コンビニの人にもらったドーナツ食べながら頑張ろう。



9:00。
ついに看板で静狩の文字を発見。
そこから下りに入り、
おそろしいスピードを発揮する。




ここから少しとある都市伝説をお話します。
の話を。




「なぁ、知ってるか?」



「長万部の直線には『鬼』が出るんだよ、、、」





洞爺湖から静狩までの激動の山岳地帯を走り抜けてきたという鬼。
下り坂からテンションが徐々にテンションが上がり、
下りが終わった先の平野の光景に歓喜の声を上げたという。





そのままテンションがピークになった状態のまま走り始めた鬼は、

コロッケさんのモノマネするときのおもしろフェイスでニヤケながら、

かなりの声量で、

キンモクセイの二人のアカボシを歌っていたという。





その鬼はそのまま長万部の市街地を抜けた先のセイコーマートで休憩したんだとさ。



完。






9:30。
北海道にしかないというコンビニ、
セイコーマートで休憩。
坂道はともかく、
直線でもかなり足を浪費してしまったのでちょっと長めに休憩。
鬼が出るのは箱根の直線だけではないんですね。





ここから国道5号線と合流し、
道も平野の直線となり、
かなり走りやすくなりました。
寒さがなければもっと快適だったでしょう。

ただ山岳地帯の疲れがひどく、
ペース的にはゆっくり走ってました。



八雲というところに入ったあたりでしょうか、
入浴施設を発見。
まだ走る予定ではありましたが、
どうしても入りたくて入る。

お風呂がとても気持ちいい。




この入浴施設から目的地としていた森まであと30キロないくらい。
時刻はまだ13時前。

あれ、思ったより早いな。
そして思ったより疲れてるな。

まぁゆっくり走りますか。




14;30。
森に到着。
思ったより早い。
けど思ったより疲労のダメージがヒドイ。

ただ時間的に函館に行けるか?
距離はおよそ50キロ。
自転車の疲労はすごいけど、
歩きの筋肉は全然余裕なので、
坂道を歩いたとしても夜には着くんじゃないか?



、、、行くか函館。



ということで函館に向けて走り出しました。




走り出したのはいいけどまた長い上り坂が始まりました。
ヒメナノダーどころではなくもはや歩いちゃってます。
暗くなる前に山は越えたいところです。

そこからの道は登っては少し下りという状態が続き、
水曜ジャンク山里亮太の不毛な議論を最後まで聞いてる時間まで起きていたせいか、
かなりの眠気も襲ってきました。

眠気とは別に、
かなりの空腹も襲ってきました。



これはヤバい。



早く何か食べないと、、、



飢え死にしてしまう!!!






不思議のダンジョンでいうところの歩くだけでHPが無くなっていく状態です。

やはりかなりの疲労を抱えたまま函館に行くことはできないのか、、、
無謀な挑戦だったのか、、、
このまま倒れてしまうのか、、、



そんなかなりフラフラした状態の中、
私はとある看板を見つけました。






この先ラッキーピエロ。











えっ、




ラッキーピエロだって!?


ラッピがあるっていうのかい!?



みなさんはご存知でしょうか。
ラッキーピエロという函館にあるご当地的な飲食店を。

主にバーガーですが、
カレーやらなんやらとにかくいろいろあり、
函館に来たらとにかく行かなければならないと言ってもいいであろう、
私の中ではそんな伝説的なお店なのです。



ここは位置的には函館の手前の七飯までもう少しというところでしたが、
このラッピが出たということはここはもう函館のテリトリー。



これは寄って食べていくしかない。
まさに私に希望を与えた瞬間でした。
茄子アンダルシアだったら牛の看板が日陰になるシーンです。



看板で元気が出たのか、
ラッピまではスイスイ走ってすぐに到着。

これがラッキーピエロだ!




ドドン!

そしてラッキーガラナ!




ドドン!




最高です。
ガラナはあとで買うとして、
さっそく店内へ。



16:00。
ラッキーピエロ入店。
空いてる時間だったので、
ゆっくり注文。

チャイニーズチキンバーガーはマストだろうとして、
他に何か注文しようと考えていると、
今日はハンバーグが安い日だとお店の人に教えてもらう。
ということでチャイニーズチキンバーガーを最高ランクのグレードで注文し、
ハンバーグとシェイクもいただく。

お店の料理の写真って普段は撮りませんが、
ラッキーピエロに来れたっていうのが嬉しすぎて、
撮っちゃいました。




ドドン!

これが北海道なんです。
これが道南なんです




食べてみるとやはりとにかくうまい。
お腹が減ってるというのもあってすぐに食べ終わってしまいました。
あー良い。
うまい。

帰りに自販でガラナもいただく。




ドスン!



このラッキーピエロでかなりの気力と体力を回復し、
ここからは函館に向かって快適に走りだします。

トンネルのエリアまでくるともう下り坂。
気持ち的にはオーバードライブのキャプテンのごとく走ってました。
登りをクロスケみたいに走れたらどれだけ楽か。




途中でラッキーピエロの総本店を発見。

さすがに食べたばかりなのでお腹いっぱいだったので、
写真のみです。




ここからは七飯から北斗のルートで、
フェリー乗り場に近いところまでとりあえず走りました。

そっちの方が上り坂がないようなので。



19:00。
函館のフェリー乗り場到着。
今日はもう走りたくないのと、
体力的に限界なので、
宿を探すことに。

最初は近くにあった安宿に行ってみましたがまさかの満室。
満室で入れなかったときに、
気力体力を使い果たしたせいか、
意外とメンタルにダメージが。

そこで10年前にはなかった技術の力を使うことに。
スマホ様の力を。

じゃらんのアプリ!!

これで予約もすぐにできるし、
空き状況を安い順に並べることもできるという、
私にとっては神アプリなのです。

こいつでさっさと予約し、
宿に到着。
スムーズにチェックイン。



19:30。
函館で宿に一泊。

風呂に入ってある程度明日の準備をして、
ベッドに入った瞬間から数えておそらく10秒ぐらいで寝ました。

明日は体力あるのでしょうか。

東京⇔北海道 初めての上陸!北海道!5/13 

2015年06月07日(日) 22時28分
6:30。
フェリー内で起床。
台風の問題はどうやら解決した模様。

天気を見に展望スペースに出てみる。




良い。




この広大な海の感じ、

良い。




ただ、
寒い。
これ北海道に上陸したら寒くて死んじゃうんじゃないかと思うくらいの寒さ。



とりあえず寒くなったからお風呂に入る。
そこで寒さに対抗する手段をひとつ思いつく。

体重を増やそう。

単純です。
朝食がバイキングなので食べ放題。
これはここでやるしかない。



7:30。
朝食。

スタートと同時に鮭、卵、納豆などで筋肉用のタンパク質を、
日本昔話のごとく盛り付けしたお米で運動に使うエネルギーと脂肪のための炭水化物を取り、
それを品目をある程度変えながら3周する。

朝食が終わってから体重を確認。

食べる前は88キロ。

食べた後はなんと95キロ。

自己新記録の最重量体重です。
これなら今日はともかく次の日から乗りきれるか?



それからは到着までひたすら寝る。




13:30。
北海道の苫小牧上陸。
初めての北海道。




やっぱり寒いぜ!

でもいいんです。
これが北海道なんです。

苫小牧に着いて、
狩野さんのネタの「くらきまーい」が頭をよぎる。



これからのルートは、
札幌ルートと室蘭ルートの2パターンを考えてました。

ただ札幌ルートの場合、
ニセコのスキー場方面を走るという、
恐ろしく寒くなるであろう場所を走ってしまうので、
今回は室蘭ルートで走ることにしました。




室蘭へ向けて走ると、
さっそく雨が降ってきました。

でもいいんです。
それが北海道なんです。

初北海道でテンションが上がってまして、
なんでも良く感じてしまいます。



16:00。
白老のコンビニで休憩。
しらおい。

走ってて途中牧場なんかがありましてね、
馬がいるんですよ。







これが北海道なんです。



18:00。
登別のコンビニで休憩。
雨が降ったり止んだりしてましたが、
強めに降ってきたので雨宿り休憩。
距離的にはもうすぐ室蘭というところ。
途中いろいろ写真も撮っております。








走り始めて室蘭に入ったころにはすっかり暗くなりました。
ただ伊達まで行くと道の駅があるので、
今日はそこまで頑張ろうと思い、
ひたすら走る。

室蘭の市街地を抜けたあたりからでしょうか、
どんどん山道が増え始めました。
暗い山道は怖すぎますねー。
いっそ屋根の付いたバス停で寝たかったくらい怖かったです。




21:00。
道の駅、伊達に到着。
伊達市に入ってから、
「だーてだーてだて伊達ちゃんです2015」という、
サンド伊達さんのギャグが頭をよぎる。




ちょうど屋根のところをベンチを見つけ、
そこを本日のベースキャンプとする。
ブルーシートと寝袋ひとつの寝方。

寒い。

果たして眠りにつけるのでしょうか。
P R

ブログパーツ ハピネム

2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:watanabe
読者になる
ゆきだるま。 夏は苦手で冬は大好きです。
月別アーカイブ