任天堂が虫歯市場に参入

July 14 [Thu], 2016, 23:05
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体をとおして、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてちょーだい。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。人工歯の作成には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。



患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて造るので、時間・技術供に大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することが可能です。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuzuki
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる