Windows 7/8.1またはWindows Phone 8.1のユーザーであれば

March 07 [Tue], 2017, 15:42
Windows 7/8.1またはWindows Phone 8.1のユーザーであれば,Windows 10の発売後1年間は無料でOSをアップグレードできるとのことだ。
また,Windows 10には,開発コードネーム「Project Spartan」と呼ばれる新しいWebブラウザが搭載することも明らかにされている。
また,Microsoftは同イベントで,立体映像を投影可能なWindows 10対応の拡張現実型HMD「Microsoft HoloLens」(以下,HoloLens)も発表している。
スキーゴーグルのような形状のHMDを装着し,ユーザーの視野に立体映像を投影するだけでなく,ジェスチャで投影されたアプリケーションを操作できるようになるという。
 Windows 10にはHoloLensを使うためのAPI(Application Programming Interface)が用意されており,ユーザーの周囲にある空間をスキャンしたり,拡張現実映像を合成するアプリケーションを作ることが可能になるとのことだ。
 HoloLensの具体的な発売時期は明言されていないが,Windows 10が現行製品である間に登場するとされている。
 なお,イベントの詳細については後ほどレポートする予定だ。
北米時間2015年1月6日から1月9日まで開催された北米最大の家電見本市2015 International CES(以下,CES 2015)。
同イベントの常連出展社でもあるIntelは,イベントに合わせて開発コードネーム「Broadwell-U」ことノートPC向け第5世代Coreプロセッサを発表しており,それに合わせてPCメーカー各社も,同CPUを搭載する製品を投入してきた。
 とはいっても,家電製品が主役のCES 2015というイベントにおいて,PCは脇役どころか存在感すらほとんどないのが正直なところ。
製品を展示するPCメーカーすらごくわずかという,PCにとってはお寒いイベントだ。
そういう事情もあってか,Intelも新CPUを搭載するPCをアピールするのではなく,PCやx86アーキテクチャのSoC(System-on-a-Chip)を中心とした周辺技術とその活用法をアピールする方向へと舵を切っている。
それを反映したのが,1月6日に開かれたIntelのCEOであるBrian Krzanich氏による基調講演だ。
講演のメインテーマは,最近Intelが注力している2つの分野,すなわち3Dカメラ技術「Intel RealSense Technology」(以下,RealSense)と,組み込み用途向けの超小型コンピュータ「Curie」(キュリー)であり,発表されたばかりの最新CPUの話はないも同然だった。
 そんな基調講演で,Intelは何をアピールして,何を目指しているのが明らかになったのか。
Windows 8.1の効率的な使い方を考える!! SSDの場合は「デフラグ作業」はしないことが大切です。
 知らずにデフラグ作業を10回位すると極端にパフォーマンスが低下することがあります。
microsoft office professional2016
 エクスペリエンスでの表示が8.9あったものが6.2位までに低下して、全体のアクセスが遅くなったと聞いたことがあります。
 構造的な特徴でアクセス速度を改良していますから、Microsoftの自動デフラグ作業の設定を無効にすることが必要です。
無効設定の手順は、チェックボックスが2個あるうちの下側(3回連続して・・・)から先にチェックを外して、上側(スケジュール・・・)のチェックを外します。
ヤフーショッピングドスパラ|自作から小物パーツまで          パソコン|九十九電機
北米時間2015年1月21日,Microsoftは「Windows 10: The Next Chapter」と題するイベントを開催し,開発中の次期Windows「Windows 10」の詳細を公開した。
Windows 7/8.1またはWindows Phone 8.1のユーザーであれば,Windows 10の発売後1年間は無料でOSをアップグレードできるとのことだ。
また,Windows 10には,開発コードネーム「Project Spartan」と呼ばれる新しいWebブラウザが搭載することも明らかにされている。
また,Microsoftは同イベントで,立体映像を投影可能なWindows 10対応の拡張現実型HMD「Microsoft HoloLens」(以下,HoloLens)も発表している。
スキーゴーグルのような形状のHMDを装着し,ユーザーの視野に立体映像を投影するだけでなく,ジェスチャで投影されたアプリケーションを操作できるようになるという。
 Windows 10にはHoloLensを使うためのAPI(Application Programming Interface)が用意されており,ユーザーの周囲にある空間をスキャンしたり,拡張現実映像を合成するアプリケーションを作ることが可能になるとのことだ。
 HoloLensの具体的な発売時期は明言されていないが,Windows 10が現行製品である間に登場するとされている。
 なお,イベントの詳細については後ほどレポートする予定だ。
北米時間2015年1月6日から1月9日まで開催された北米最大の家電見本市2015 International CES(以下,CES 2015)。
同イベントの常連出展社でもあるIntelは,イベントに合わせて開発コードネーム「Broadwell-U」ことノートPC向け第5世代Coreプロセッサを発表しており,それに合わせてPCメーカー各社も,同CPUを搭載する製品を投入してきた。
 とはいっても,家電製品が主役のCES 2015というイベントにおいて,PCは脇役どころか存在感すらほとんどないのが正直なところ。
製品を展示するPCメーカーすらごくわずかという,PCにとってはお寒いイベントだ。
そういう事情もあってか,Intelも新CPUを搭載するPCをアピールするのではなく,PCやx86アーキテクチャのSoC(System-on-a-Chip)を中心とした周辺技術とその活用法をアピールする方向へと舵を切っている。
それを反映したのが,1月6日に開かれたIntelのCEOであるBrian Krzanich氏による基調講演だ。
講演のメインテーマは,最近Intelが注力している2つの分野,すなわち3Dカメラ技術「Intel RealSense Technology」(以下,RealSense)と,組み込み用途向けの超小型コンピュータ「Curie」(キュリー)であり,発表されたばかりの最新CPUの話はないも同然だった。
 そんな基調講演で,Intelは何をアピールして,何を目指しているのが明らかになったのか。
ところが無料アップグレード出来ると聞いて俄然興味がわいてきました。
www.keygoodjp.com