事故歴のある車の場合車査定では普通より悪い査定となる

May 03 [Tue], 2016, 15:06
事故歴のある車の場合、車査定では、普通より悪い査定となることがほとんどです。だからといって、事故にあったことをごまかすようなことは避けた方がいいです。



と言うのは、事故にあっていた事を、後から買取業者が知ってしまい一悶着おきる事が多々あるからです。



中古車買取業者は素人とは違うので、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。





不快な気持ちになってしまわないためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。



車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。



人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで査定担当者も値段をつけてくれるでしょう。

一方、査定サイトで0円表示されるような車は中古車市場での売りの見込みが立たないということで、担当者も値付けをしぶるでしょう。もし買取価格に納得できないときは、個人売買という手もあります。



中古車業界とは別の視点で価値をつけるので、相応の値段でも買い手が出てくるかもしれませんのでオークションサイトの車カテゴリを回ってみるといいでしょう。車査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、次は、その業者に現物査定を受けることになりますが、この時、手元に用意しておきたい書類があります。自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。査定の日が近づいてきてからあたふたしないで済むよう、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に手元に一式揃えておくといいでしょう。これらの書類に関しては、何か他のものでかわりにはできませんので、紛失していた場合には、再発行の手続きをする必要があり、これには時間のかかるものもあるため、事前準備には早めに取りかかります。車を売る時には、たくさんの書類がいります。

車検証や発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主な書類となり、その他、実印も準備しておくことが必要です。



また、店舗にて書く書類として、譲渡証明書や委任状が必要になります。車を売る時に関心が向くのは、車にどれくらいの価値がつくものなのかということだと推測できます。言うまでもないですが、車によって差があることはわかりますが、車下取り相場表みたいなもので、事前にチェックできると、心を落ちついけてアドバイスを受けることができると思います。