プライスで内川

March 13 [Sun], 2016, 10:36
外為に限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りという手法はとても大事です。投資をしていれば否応なしにわかることですが、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。


損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかは先々、外為投資で利益を出し続けていけるのかという部分で相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。

損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、作ったそのルールを厳守するよう徹底しましょう。
さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、決められていたレベルに達すると、FX業者による強制的な決済が行われるのです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで業者による強制ロスカットを回避することができます。



この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。



近年では、外為業者は数多く存在しますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを用心深く考察してください。口座を作るのは思っているほど厄介なことはありませんが、たくさんの口座を開くと口座の切り盛りが難しいです。初めて口座を開くとキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、自身に合った外為業者を選択しましょう。外為取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要な外為業者ですが、ほぼすべての業者はデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、使ってみることを強くおすすめします。あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損が出ることはなく、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使って外為投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、取引の手順やツールの操作に習熟するまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。



投資の中でも外為投資をしているのならば、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため必ず確認しましょう。



経済指標の発表が行われた途端、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、用心するようにしましょう。たくさんある外為アプリの中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、外為業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのも一つの方法です。どの位の金額を最初に用意しておけば外為投資が始められるのかは、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、たくさんある外為業者の中でどの業者を利用するかによって違う金額になります。その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。


それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば高額の取引になる10000通貨の業者もあり、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、外為の経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとリスクを小さくできるかもしれません。
FX投資により大金を手にした主婦もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。



特徴的にレバレッジが使えるFX投資では実際に、大きな利益が出る反面、損失も大きく出てしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、本当に大切なお金までつぎ込まないように用心してください。レバレッジを低めに設定して、用心深く投資するのが肝心です。年間20万円超の利益を外為投資によって出すことができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。実際に確定申告を行うにあたって、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得た利益の分から差し引けます。

仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とにかく確定申告はしておくことです。

そうすると、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、この先外為で利益を出していく予定なら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なう外為投資の人気が高まってきており、外為投資用アプリのリリースを行なう業者も同じ様に増えてきています。そんな業者の中には、自社提供の外為アプリ使用で外為取引を行なうようにすると、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。

案外当てにできるネット上の口コミを参考にしたり、自分でも使ってみるなどしてじっくり比べて、自分にとってよりベターなアプリを探してみると良いでしょう。


ここ最近よく見られますが、タブレットで空き時間に外為投資に勤しむ人が増えているようです。自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れ取引を始めるよりもはるかに容易で、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。投資を便利に行うためのアプリも続々登場してきましたし、始めたばかりの人でもすぐに慣れることができるようです。


将来はより一層、外為投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々は間違いなく増えていくでしょう。
外為投資を始めてみたい場合、まず外為業者をどこにするかよく比べてみて、投資可能額、投資法、それらによく適した業者をピックアップしましょう。

どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。なので、軽々しく決めないでおきましょう。


外為業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるので操作性を知るためにデモ取引をしたりなどいろいろ試してみるのがいいようです。


外為投資を自分の勘だけで進めても儲けを増やしてはいけないでしょうから、基本のチャート分析スキルは必須となります。操作性にすぐれた、扱いやすくて見やすいチャートソフトやアプリも多いですし、それらをうまく利用することで、売り買いにベストなタイミングを大きく間違うことのないようにしましょう。
それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法のいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、概ねを学んでおくのがおすすめです。さて外為の運用で利益を出せた場合のことですがもちろん利益分相応の税金がかけられるわけで、税金の払い忘れがないよう気を配っておくことが大事です。
大きな金額を外為運用で手に入れたのにそのことを申告しないでいたために、税務調査の手が入り追加で税金を課された人もいるのです。具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、間違いなく確定申告をしておかなければなりません。FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。

サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで儲けを出すという方法です。
スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、慣れるまではどちらの方法もなかなか利益はでないと思われます。まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたを知っておいてください。



他の金融取引とは違う外為投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりによく相場が動いて取引しやすくなります。


時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には相場に大きな変動が起こることもあり、留意しておく必要があります。少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか頭に入れておくと良いでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/msoipmdgrraeok/index1_0.rdf