お知らせ

June 16 [Fri], 2017, 22:00
先日、お知らせしたように
新しく『M'sサテライト』が立ち上がりました。

それに伴い、ホームページ出来上がりました。
まだまだ未熟ではありますが
お時間あるときに
是非訪問してみてください

今後とも、M’s Garden並びにM’sサテライトを
よろしくお願い致します


M's Garden HP
↓↓↓↓

https://msgarden9.wixsite.com/stage

M’s サテライト 始動

June 13 [Tue], 2017, 19:11
M’s Garden では、このたび

M’s サテライト​(M's Garden Satellite label)
というサイド企画を立ち上げました!!

M's Garden は、関谷道子と森本真由美が、各々、フリーの俳優として活動をしつつ、
自らの企画をプロデュースしていく目的で結成された演劇ユニットでございます。

M's Garden が毎月開催しているワークショップの中で、
上演したい戯曲に出会ったり、
一緒に舞台を創りたい俳優さんに出会ったり、
俳優さん達からM’sで上演してみたいという持ち込み企画が上がったり。
そんな様々な「やりたい」をカタチにしようと
M’s サテライトを立ち上げました。

M's サテライト
(M's Garden Satellite label)
M's Gardenの関谷道子と共に公演企画を立ち上げ、運営を担う演劇ユニット。
公演ごとに、1〜3名程度(主に俳優)の運営メンバーを擁し公演を企画、運営する。

ということで、企画ごとに運営メンバーが変わるのがサテライトでございます。
そして、すでに来年秋まで3本の公演企画を始めております


第一弾は、

『岸田國士一幕劇集』
2017年9月28日(木)〜10月3日(火)
劇場 Broader House

作品
「賢婦人の一例」
「ヂアロオグ・プランタニエ(対話)」
「昨今横浜異聞」
「あの星はいつ現はれるか」
「頼母しき求縁」

詳細は決まり次第お知らせいたします。

今後ともM’s Garden 及び M’s サテライト
どうぞよろしくお願いいたします

『えんやこら讃歌』

November 02 [Wed], 2016, 8:37
関谷道子 出演舞台

『えんやこら讃歌』

本日11月2日より始まります!




今年 劇団20周年を迎えた、だるま座さんの舞台『えんやこら讃歌』に
出演させて頂きます!

昭和30年頃の、それぞれ事情を抱えながら、
貧しくとも胸張って前を向いて笑って生きている女大工たちを
情感豊かに描いている作品です。

大先輩たちの背中を見ながら、
そして、だるま座メンバーの真っ直ぐで真摯な舞台創りの中で、
芝居の中の 必死に生きている女性たちに負けぬよう
私自身、必死になって 必死になって生きておりました。

一人でも多くのお客様に観て頂きたい。

日本の、
どこか懐かしい風景、
懸命さ、痛み、人を想う気持ち、心意気、笑い、涙、時代、
たくさんの想いが詰まった一幕劇。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。


だるまちっくシアター 『えんやこら讃歌』

作・八田尚之
演出・菊地一浩

演出助手・中嶋ベン
照明・佐野匡俊
音響・山本浩子
チラシ絵・川井眞理子
制作・鈴木麻希子
企画 製作・汲セるま企画

出演・塚本一郎
    末次美沙緒
    新井理恵
    関谷道子
    坂東七笑
    川井眞理子
    中嶋ベン
    岩岡朝夫
    森恵子
    松生綾美
    くわはら妙子
    堀江純子
    山田陽大
    杉本圭
    池田一開
    杉岡茉佑
    小原嶺太郎
    上田祐生
    奈良岡史也
    佐藤ちひろ


スケジュール
11/2(水)    19時
11/3(木祝)   14時【完売】
11/4(金)    19時
11/5(土)    14時【完売】/19時
11/6(日)    14時【完売】
11/7(月)    19時
11/8(火)    19時
11/9(水)    19時
11/10(木)   19時
11/11(金)   19時
11/12(土)   14時/19時
11/13(日)   14時

チケット
前売・当日     3000円
小学生以下    1600円
サポータークラブ 2400円
リピーター券    2500円
(今公演2回目以降ご観劇の方)

ご予約申し込み・お問合せ先
だるま企画  03-3392-9779
E-mail info@daruma-za.net
ホームページ http://www.daruma-za.net

ワークショップ’16・3月〜8月

September 01 [Thu], 2016, 12:37
夏休みの宿題は8月31日に泣いてやる子供でした。
ドリルはなんとかなっても、絵日記は1ヶ月ためると何をして過ごしてきたか
まったく思い出せず、もう創作日記と化していました。

またブログの更新をためまくり
まとめて半年分をあげてしまおうという・・・成長しないもんだなぁ(‐_‐;)

月一ペースで開催している通常ワークショップの他に
テキストを決めて、いつか発表したいという有志でゆっくり稽古を始めた二人芝居や
戯曲を一本まるまる読み合わせをしようという会など
ちょくちょく色々なことをやっております。

写真を撮り忘れてる会もありますが、これまでのアップしてなかった写真を
まとめてダダーっとご紹介


まず、3月のワークショップメンバーです


6月ワークショップ後の飲み会の様子〜



8月ワークショップでは古今東西4つのテキストを読み合わせました。



同じ日の夜には永井愛さんの『萩家の三姉妹』を一場ごとに配役を決めて
一作品まるまる読み合わせをさせて頂きました



次こそ間をあけずに9月のワークショップの様子をアップしたいと思いますです、はい。(反省)

そして、11月に出演させて頂く舞台の詳細も近日中にアップさせて頂きます

清水邦夫作・『楽屋』

May 01 [Sun], 2016, 0:17
只今、絶賛上演中であります
燐光群アトリエの会主催の『楽屋』フェスティバル
18団体による『楽屋』の競演!!

このフェスティバルに、
木冬社(もくとうしゃ)の先輩である越前屋加代さんと、新井理恵さん、
文学座の八十川真由野さんの4人のキャストで参加させて頂いております。
演出は、人間をリアルに浮き彫りにし、観客の共感を得、
笑いと涙をさそう舞台作りが好評の菊地一浩さん。

日本で一番上演されている戯曲で、ご存知の方や演じたことがある方も
多いのではないでしょうか。

木冬社は作家・清水邦夫氏が主宰していた演劇企画です。
私が初めて演劇の世界に入り、いろいろと勉強と経験をさせて頂いた、云わば原点です。

『楽屋』は木冬社でも繰り返し上演されてきました。
ちょうど私が研究生で入所した’96のスタジオ公演が木冬社での最後の公演でした。
ちょうど20年前。
芝居がしたくてしたくて目をキラキラさせながら先輩方の稽古と本番を
かじりつくように見ていた作品です。
その後、いつかは演じたいと思いつつ、チャンスが無かった思い入れのある『楽屋』。
(とはいえ、自分の中でハードルが高いものと敬遠していた部分もあります・・・)

今回、先輩方の胸を借り、台本に忠実に、記号化されたものでない人間を描き出す
菊地さんの演出のもと、自分が想像していた以上の中身の詰まった作品として
本番を迎えております。
目をキラキラさせていた20年前の初心を思い出し、(稽古は苦しみましたが
演じる楽しさを感じながら挑んでおります

5月2日までの全5回公演ですが、お蔭様で、初日 2日目とも桟敷席までいっぱいでして
ご来場下さったお客様には窮屈な思いをさせてしまって申し訳ございませんでした。
本日5月1日の20時の公演もこの先は桟敷席のご用意となります。
最終日、5月2日の12時公演・16時公演は今のところ椅子席でご用意させて頂けますが、
じわじわとご予約が増えておりますのでお早めのご連絡をお待ち申し上げております。

私たちの参加団体「火のように水のように」は5月2日で終演いたします。
『楽屋』フェスティバルは5月10日まで毎日、2時間おきに様々な団体が上演いたします。
是非ともお足運びくださいませ


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:M's Garden
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
火花
» 自己紹介&共演者紹介 B大庭咲子 (2014年01月19日)
たか
» あけましておめでとうございます。 (2014年01月14日)
まゆみ
» ピンズ・ログ作品の印象-part2 (2013年05月22日)
まゆみ
» ムム・・・ (2013年05月05日)
ヤプミー!一覧
読者になる
メッセージ

TITLE


MESSAGE