時子とブリリアントディスカス

September 30 [Sat], 2017, 0:31
初めて株をやる人は売るタイミングを逃して後悔することがあります。人間は皆、欲望がありますので、「あとちょっと高くなってから」なんて思っているうちに、株が値下がりしてしまいます。利益を確定しなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分に合った株の売り方を検討してみると上手いタイミングが見つけやすくなるかもしれません。
株式投資の未経験者にとっては不明なことだらけと認識されているのではないでしょうか。
どこの証券会社を利用して投資を始めればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。誰しもが利益を得られると思って株式の売買を始めるわけですが、すべての取引で利益を出せる人はほとんどいないでしょう。
株の初心者が最初から難しい売買をすることは避けた方が良いのです。
仮に、株では空売りして利益を生む手段があります。
空売りとは、売りから始める信用取引のことを言います。空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を得られます。


ただ、リスクもあるので、空売りは株の売買に十分なじんでから行うべきでしょう。

株式投資には多様なやり方がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。株の購入から売却まで、スキャルピングは、極めて短時間の数秒から数十秒の間に決済してしまう投資方法です。

スキャルピングの良い所は、株の保有期間をごくごく短く限定することで、株価が値下がりするリスクを最小限のものにとどめることができるという点にあります。一発集中の投資を行う方にはそんなに必要ありませんが株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオに着眼して投資の是非を下すべきです。



投資でもっとも大切なことは、リスク分散型の投資の型ですからポートフォリオによって優れたバランス投資ができているのか、常に確認作業を行うことが大事です。私は、とある企業の株主に対する優待制度が得たいために株式投資を始めた初心者です。

やっと最近、株を購入したり、売却したりするのが苦痛に感じなくなってきました。

株主優待制度も様々あり、その会社の商品がもらえたり、通常よりも安い価格で買い物ができるので、どの銘柄に投資しようか悩んでしまいます。株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないのが現実です。

気持ちはわかりますが、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、身につけておきたい技術だと思います。


その理由としては、空売りを使えるようになるということは買う側の気持ちだけでなく、売る側の気持ちについても考えるようになり、行える取引の幅が広がるからです。

株式投資の領域ではテクニカル指標を活用して株の投資をしている方たちがたくさんいます。このため、株への資金投入の初心者もテクニカル指標については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などを開始した方が、勝つ割合が高くなると思います。株を始めた人から上級の人まで必ず確認しなきゃならない数値が日経平均というものです。日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本を代表する全部で225社の株価を平均したものをいうのです。


始めたての人でも毎日続けて日経平均を確認することで、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。株を持つ場合、自身の資金に対しての利回りを意識すると思うのです。


銀行に預けた場合にもあまり利息がつかない現在では、債券や国債、定期預金や投資信託などに比べ、良い利回りでなくては投資の意味がまったくありません。しっかりと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウカ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる