マンクスでホト

January 18 [Mon], 2016, 1:28
不倫の問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するようにしましょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談しましょう。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、近所の噂のタネになりたくない時は、相談しないようにしましょう。浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを証拠として押さえるのです。費用を節約して浮気調査をするには、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。難しい調査ではありません。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したりデータログを後から読み出し行動の様子を分析したりします。車より、公共交通機関などを利用する人には、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。まずは落ち着いて、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。着ている服を見て浮気の証拠を見つけられます。人が浮気をすると、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。探偵の特徴としては、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら地味にコツコツと調査していきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。それに、不倫した相手が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも増えていますが、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。何気なく電話していることも十分ありえるのです。浮気の形跡がSNSを介して発覚することもあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでついうっかりパートナーが、プライベートを事細かに書いてしまう事が散見されます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を記入している場合もあるのです。ユーザー名を知っていたら読んでみて下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウキ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mseitsnnpoathh/index1_0.rdf