えんなのプセウドエピプラティス・アニュレイタス

June 15 [Wed], 2016, 18:20
株の初心者の苦手とすることは、ずばり損切りなのです。ついつい上がると信じたくて、手放さないパターンが多いです。また、損したくないと思って、さらに損失を広げてしまうパターンがあります。



絶対とか100%ということはないため、損失を最小限で済ませるという事も株投資においてはとても重要な事です。
失敗しないで株投資をする方法などという記事や本を頻繁に見かけます。


ですが、100パーセント失敗しないことなんてありません。
でも、ちゃんと勉強して、ルールを決めた上で投資すれば、成功することもあるのが株というものです。失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思います。

私はこの間、株を始めたばかりの駆け出し者です。


株を買い付けて、ある水準まで儲かったら、すぐに売るべきなのか、もしくは、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、今なお悩んでいます。


長い期間、保有していれば、優待が利用できるので、悩ましいポイントです。

1点集中型の投資を実行する方には不必要かと思いますが、株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオを最大限に活用して投資するか否かを決めるべきです。投資において最も大切だと思うのは、リスクを分散した投資の型ですからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、常に確認することが理想的です。
円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落することを指します。

円安の状態がつづくと、株が上がりやすいとされています。

輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストが高くついてしまい減益となってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。

つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資をやることはハードだと思います。

どうしてかというと、このくらいのお金があれば上場されている幾多の銘柄の中からお気に入りの投資先を選択することができるからです。上昇や下落の幅を時系列に追って、確認するものとしてチャートを活用する投資家は多数派と言えるでしょう。例を挙げると、長く上髭が出た株のローソク足はこれから下降に転じるのではないかと考えることができますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを決める材料になります。株式投資はきわめて魅力的な投資のやり口のひとつです。


ですが、株の売買には多種多様な危険も持っています。


株の主なあやうさとしては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。


株式投資は定期預金などとは違い、元本の保証がありません。
株の初心者は、その危うさを十分に認識して慎重に投資を行うことが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒカリ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/msanee0yvhzfel/index1_0.rdf