江尻と武(たけし)

June 01 [Wed], 2016, 15:47
年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。

そういった、介護士を養成する学校はいくつか種類があるのですけれど、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。

職場にもよりますが、介護士の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。
特殊な、介護現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なうというような介護士ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護関係者も、より多く輩出されなければならなくなるでしょう。したがって、既に不足している介護士なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。年々多くの介護士が輩出されているのに、いまだに介護士不足が叫ばれているのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。

卒業を控えているのに、介護士の就職先が上手くいかないという人は、年齢が壁になっているかもしれません。


求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、介護施設が裏で採用年齢を設定しているケースがあるのです。

具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、難しくなります。昨今、介護士は不足傾向にあります。介護士の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。介護士不足が起こる原因は介護士の離職率が高いということが大きいと思います。常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。


大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。
そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るということを知る人は多くなってきています。
イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。介護士の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯の維持が可能なほどなのです。つまり介護士というのは高給取りである、というのは間違いありません。
たいていの場合、介護士の人間関係は良くないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。
俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。



それは協調性の高さの表われでもありますが、あれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。慣れていないと、そんな環境に少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。


スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。
どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。
介護士の中には、向学心から転職を希望する場合があります。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で技術を吸収したいと希望する、とてもアグレッシブな転職になります。私の仕事は介護施設事務です。

通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。
家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

けれど、私の心配とは無縁に、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時にお子さん同伴での介護士さんの参加が少なくないんですよね。

先生方も喜んで迎えられていて和やかで楽しい会となりました。
引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。


することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。



履歴書による書類選考に通ったら、雇用する側との面接になるでしょう。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。
しかし、実務的なことの他に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く調べられているのです。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もアピールできると、とても有利でしょう。
介護士資格の最大の利点は、やっぱり、働いていない期間が長くあったとしても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人手不足であるということが深く関与しています。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、条件に合えば五十代でも復帰できます。夜勤シフトもあって、介護士の勤務時間は一定しません。働いた分の休みはちゃんとありますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。特に子供ができると安心して託児ができる施設などがなければまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。

どうしても、介護士という職業においては好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、そのイメージ通りに国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多い職業であるということが想像できますね。


昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど介護士は人気が高いと思うのですが、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。
調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。

結婚が遅くなる人に多い理由は、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、出世を第一にすることで結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。
介護施設は清潔感が大切ですが、そこで働く介護士も、病気の患者と接しなければいけないので、髪形にも気を配っておきましょう。
いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いと思います。職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。
大方の場合、介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。



二交代制の介護施設勤務の一例を挙げると、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。労働時間が長いということも介護士が大変だと思われる一因だと思います。
殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の介護行為を介護士が担当できるようになったことで介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に介護士を退職する人も珍しくありません。

交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。


一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの介護士は意外と多いです。その際ですが、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。
多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りもしやすいはずです。
実際に、こうして働いている介護士は多いです。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってきて、働く人も増加中です。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、仕事からやりがいを得られない場合は、退職したいと考えるだろうと思います。

介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、介護士の中でも小さな子を持つ場合には大きな不安要素となり得ます。未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。



ですから、パートで働く形に変えていくという介護士も少なからずいます。

日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には働いている職場で各自違うようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが当たり前にあります。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも担当看護士が任されます。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいに次々と仕事が飛び込んできたりもします。あまりイメージに無いかもしれませんが、介護機関以外に介護士として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?職場が保育園となると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある介護士であれば、適任の職場だと言えます。



ちなみに、どういった仕事かというと園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。
介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の介護施設にすることです。
そもそも、介護士は知識や経験を積みながら長く働ける業種で高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけばさらに安定した職業になると言えます。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。

新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。

配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。
一般的に、介護士として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くてその結果、離職率が高い割合を示しています。



加えて、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、離婚してしまう人も多いと言われています。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。

日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。
退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。ところが、個人介護施設の方では、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。
公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
世間では、介護士は白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。

けれども、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、収入はそこそこあるとはいっても、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。良い面だけを見るのではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこういったイベントに出る介護士は多く存在しています。



女性の多い職場であるため男性との出会いというものが少なくて、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。

街コンの場面でも、介護士は人気があります。とは言え、もしも新しい出会いがあっても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結果として、破局、ということもままあるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mona
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/msafmerebotycr/index1_0.rdf