Butterfly 

May 15 [Tue], 2007, 5:41


あの時見えた現実を どうして貫いた?
そう、わかっていた 樹は枯れ腐っていく


囀り愛でたアイは脆くて砕け散り
大切に壊していた
二人は擦れ違っていた

傷つけあい 解り合えると信じ
僕の胸に風穴 君が零れて落ちる


去って行った亡状の日々
今想うと愛しい
さよなら、さよなら赤い糸
揺られて、揺られ消える僕が消える


手の中の全て 投げ捨てて抱いた
何を乞うた想い 何を欲し逃げた


去って行った亡状の人闇に傷つけ傷つく
さよなら、さよならいない愛
なくして、なくし気付く片羽の僕


pieces of faith is falling...again
my dearest you...eternity


(無題) 

May 14 [Mon], 2007, 12:46


届かない


痛い


辛い


怖い


一人で

走る

足が

酷く

痛い


(無題) 

April 29 [Sun], 2007, 15:14

A'kicメンバー3人(翼くんは用事で先に帰られました)で、
帰りにラーメンたべたよ☆

(無題) 

April 19 [Thu], 2007, 3:49

もつ鍋。

野菜とごはんだけ食べた☆

どりあんぐれい 

March 07 [Wed], 2007, 4:21

ライブ後、トキちむと撮ったよヾ(´∀`)ノ


(無題) 

February 25 [Sun], 2007, 3:23

いつまで経っても
どれだけ降っても
地が固まらない


灰色の世界で
唯一見つけた

光を掴んだら

ドロドロに溶けて
足元を危うく導く

ここに一つ隠していたかった



春がくれば、雪が溶ければ、
息吹に包まれるのでしょう



一色に覆われた秘密が馨るほど




逢いたいよ




せめて秘密が溶ける前に
貴方の腕の中で終わらせて下されば


深愛に包まれたまま
桜となりてこの身を燃やすでしょう



言葉よりもその距離で…


breath 

February 02 [Fri], 2007, 6:34


同じ光景
懐かしい匂い
脈打つ鼓動


変わらない思想
何処か違う温度
重ならない呼吸


全てここに埋めていこう


愛した昨日はいつか波にさらわれて
愛し続けた今日を運ぶ


螺旋に飲まれた私は行き場をなくし俯く

空を見上げる僕は私を隠し続け

それでも世界は廻ってゆく


いつしか帰り道がわからなくなって
寒空の下、独りで命亡くすのだろう

真に纏うものさえなくなった時に
掘り起こして脳裏に霞めばいいと願う


愛した昨日を
愛し続けた今日を
愛し始める深命を


在るが故に 

January 25 [Thu], 2007, 5:07

どうしたいのだと問ふ。

真実は秀麗な程計算された現実逃避さながら。
あわよくばを考えれば騙し合っている駆け引き。

「胸の奥流れる血はまだ真っ赤に燃えている」


あゝ、その赤は非常に嘘らしく輝いております。

過ぎた季節を重ねましたらば、こんなにも視界が広くなり、
並べた傘の向こう側まで見えましょうとも。


あの時に還る事が出来ましょうか。


滴り落ちる雨に、私はまだ温もりを信じております。
馨しいかほりのする雨の日に。


同じ夜を。



まだこの生命が尽きませぬ。
故に、朦朧するこの物語。


lily 

January 12 [Fri], 2007, 19:34


いつかみた夢は静かに幕を降ろした



傷ついて

傷つけて

深みにはまっていく



最初の言葉も 約束も 全て嘘になった


うそつきの裏切り者は 今はただ静かに眠りにつきたい


許されるなら あの日交わした約束の夢をみながら


足りない言葉より 心の距離が大事で 理解出来ていたように思うが

ごめんね
もう目を腫らす事しか僕には出来ない


小指に絡んだ糸は切ったから
自由に羽ばたいて


僕はここからそっと見届けるよ



眠れないのは君の言葉が切り裂くから


僕はここで罪の分だけ 刻み続けるよ




安らかに眠れ



風に揺れる百合が手招く


(無題) 

January 05 [Fri], 2007, 0:04

海遊館に行ってきたよ☆

ラッコが餌付けされてます☆

おしりがかわゆい(*´∀`)
P R
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ms06s/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる