プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mrmyalvckxdmpd
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
銘柄パトロール:トヨタ、ホンダ、電気硝子、パピレスなど / 2010年06月24日(木)
トヨタ <7203> 3200 −20
1ドル=89円台への円高を嫌気して輸出関連銘柄が下落。ホンダ <7267> 、日産自動車 <7201> が軒並安。トヨタ、ホンダなどは中国工場でのストライキによる操業停止が業績に与える懸念材料も。

ソニー <6758> 2471 −50
軟調、寄付きから売り物がちに2週間ぶりに年初来安値を更新。下値のサポートラインを割り込んだことで見切売りが出やすくなるため懸念する声も。

日本電気硝子 <5214> 1062 −48
3日続落。会社側が22日に2010年4〜6月期の連結営業利益が従来予想の360億円〜410億円が、430億円になると発表したが、23日には売りに押されており、需給が悪化。22日付でUBS証券が投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価を1700円から一気に1200円に引き下げたことも下押し圧力となっている。同証券では硝子出荷は「4〜6月期でピークアウト」と。

パピレス <3641> 5680
“反落”。新規上場した23日は公募価格2700円に対し、6210円買い気配のまま取引を終え、差し引き約10万3000株の買い注文を残していたが、24日は一転、売り気配でスタートし、結局、前日の買い気配を下回る6140円で初値を付けた。その後も、売り物がちに推移し、一時は5160円まで“下落”する場面も。市場では前日の急速に買い気配の切り上げに過熱感が指摘されたほか、大証が24日に買付代金の即日徴収措置を実施したことも売りにつながった。

トータル・メディカルサービス <3163>  4210
24日にジャスダック市場に新規上場。初値は公募価格と同値の4200円。福岡県を主な地盤に調剤薬局事業を手掛けており、公開価格4200円に対して、初値の市場予想は4300〜4500円と公募価格を若干上回る穏当なスタートが予想されていたが、予想価格を下回る。

不二越 <6474> 277 +2
3日ぶりに反発。一部で2009年12月〜2010年5月期の連結営業損益が従来予想を約8億円上回る30億円前後の黒字となったようだと伝えられ買い気を刺激。前年同期は17億円の赤字。 新興国での自動車需要拡大を受け、高採算の軸受けや油圧機器の販売が計画を上回ったほか、自動車部品メーカーなどへの特殊鋼の販売も好調だった模様。

三菱商事 <8058> 2023 +33
一段高。資源利潤超過税の導入に前向きだったラッド豪首相が与党党首辞任を表明したと伝わり、同税導入が回避されるとの見方が台頭。三井物産 <8031> 、伊藤忠 <8001> 、住友商事 <8053> なども高い。

SBIホールディングス <8473> 12000 −90
軟調展開。公募新株の流通が始まったが、還流新株売りに下落している。23日終値が12090円と公募価格11834円を上回っており、払い込みを行った投資家から換金売りが出る。

中国工業 <5974> 144 +16
6日続伸。日証金が23日後場約定分から貸借取引の申し込み停止措置と品貸料(逆日歩)の最高料率を10倍にすると発表したが、同日に上伸したことで買い方が攻勢をかける。売り方に買い戻しを迫る“踏み上げ”を狙った買い。東証はまた24日から日々公表銘柄に指定。一連の規制措置は口蹄疫関連として思惑が浮上し需給が過熱していることが背景。ただ、規制措置が打ち出され始めたことで今後の追加規制措置を予想して、利益が乗った向きが手仕舞い売りも。(編集担当:佐藤弘)

【6月24日12時4分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000030-scn-biz
 
   
Posted at 12:16/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!