中村祥の吃音と滑舌を良くする方法 さ行

July 18 [Thu], 2013, 5:16
中村祥 吃音 mrm


相手にすごく伝えたいことがあっても、肝心なところでいつもどもってしまい、歯がゆい思いばかりしていたとしても、
ちぐはぐだった発音がいつの間にかなめらかになっていき、なにも意識しなくても言葉がすっと出てくるようになる方法がこちら



あなたも、いっつも言葉に詰まってしまう単語を何度も口ずさんでスムーズに言えるように人知れずトレーニングをやってみた経験があるかもしれませんが、

いくらやってみても効果はほとんど感じられないばかりか、最初に感じていたよりも、もっとどもりやすくなっていないでしょうか??


もしくは、病院へ行ってマウスピースなどを使って専門的なトレーニングを受けたりしたものの、

症状が一時的に良くなることがあっても、結局は、再発を繰り返すばかりで症状が収まる気配がみられない状態だったりしないでしょうか??



吃音はしばしば言語障害と同じように扱われ、「難発」「連発」「伸発」のような種類分けがされた後に、

症状に合わせてさまざまな治療トレーニングを行うようになりますが、こうしたやり方で症状が良くなる人は、ほとんどいないのが現状です。


わかりやすい吃音発祥の例を一つ上げると、小さいころに心理的に大変なストレスのかかるシーンを目撃したりして、

ストレスを和らげようと脳の神経回路が混乱してしまった結果、一時的に言葉が出にくくなったりします。


この時の感覚を脳が「ストレスを感じたら言葉をどもらせると良い」とかってに勘違いを起こすきっかけとなってしまい、

何かあるたびに言葉がつまりはじめ、最初は感じていた違和感がどんどん普通にかんじられるようになっていきます。


吃音の症状というのは、実はこうした何らかのきっかけが原因で始まっている可能性が高く、

心の中に小骨のようにひっかかっている根本的な要因を取り除かなければ、いくらトレーニングをしたところで、

さらに症状を悪化させて再発を繰り返すだけです。



中村祥さんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、発声・発音のトレーニングなんかをすることなく、

あなたの潜在意識を書き換えて、吃音の原因を取り除いてしまう治療プログラムで、

基本的に1日20分の簡単な治療を続けるだけで、あれだけ肩に重くのしかかっていた「吃音の悩み」をどんどん忘れるようになり、

最終的には、たまにふっと「そういえば吃音で悩んでいたんだよな。」と思い出すくらいになっていきます。


吃音とは、たとえて言うならば不眠症とか失恋の痛みを解消するのと同じような感覚で挑むのが良くて、

治そうと躍起になって取り組んでいるうちは、なかなか症状が改善できないものの、うまく忘れようとしていくことで、

知らないうちに症状がドンドン軽くなっていき、最終的には悩みのレベルがずっとずっと軽くしてくことができます。


間違ったやり方をして症状を余計に悪化させる心配のない中村祥さんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの特徴をこちらでもさらに詳しくまとめています。


P R

人気ホームページランキング
マニキュアの語源 ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログランキング


PVランキング