言葉がどもる原因

June 18 [Mon], 2012, 8:18


どもらないように気をつければ気をつけるほど、さらに言葉が詰まってうまく話せなくなってしまう状態だったとしても、
言いづらかった言葉もすらすら出てくるようになり、自分が吃音だったことを思わず忘れてしまう解消法がこちら






あなたも、こんな悩みがあるんじゃないでしょうか。





タ行は言えない

堂々と前を向いて話せない

落ち着いてしゃべろうと思うとさらにどもる

どれだけ練習しても本を詰まらずに音読できない




吃音は「じぶんは言葉に詰まることが多いけど、吃音じゃないか?」と感じ始めた途端、

どんどん、症状が悪化していくように、心理的な問題がとても強く影響しています。


そのため、話し方教室に通ったところで、うまく話せるようになるわけじゃないし、

つまりやすい言葉を自分で特訓したところで、思うように話すことができないばかりか、

「自分はどもる」という認識をさらに悪化させてしまい、吃音をさらにひどくしてしまう可能性があります。






中村祥さんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、これまでに300人を超える吃音者達のどもりを解消してきた効果のあるマニュアルで、

作者の中村さん自身が、自分のひどい吃音を治すことのできた方法が元になっています。


吃音の大きな原因は「自分はどもる」「自分は吃音だ」という自己認識が強く出ているせいなので、

まずは、この認識をぶち壊す必要があります。


認識を解消していくには、「治す」とか「克服する」といった考え方は、逆効果になってしまいますので、

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムでは、自分が吃音だったことが、まるで昔のことのように心理的に「忘れる」ようにしていきます。




そのためにあなたがすべきことは、1日20分程度の簡単なエクササイズのみで、

体力を激しく消耗するトレーニングをしたり、精神的に苦痛を感じるようなレッスンをすることはありません。


テレビを見ながらなど、リラックスした状態で続けられるプログラムとなっていて、

年齢を問わず、誰が実践しても6週間以内には、自分が吃音だったことを忘れるほど、どもらずに話せるようになります。



具体的なマニュアルの内容については、こちらに詳しい説明がありますので、

ここではポイントをいくつか紹介すると、↓のようになっています。





「吃音を克服する」ということの本当の意味

結果の出るスピードが何十倍、何百倍と変わる脳と手に密接に関係する地味な作業

「吃音は克服困難だ」と云われてきた3つの理由

あなたが吃音者になってしまった3つの要素




中村祥さんのホームページには、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践した人たちの体験談が紹介されています。




段々とどもる頻度は減ってきました。

どもった時はどうやって誤魔化そうかとか、そんな事は一切考えなくなったと思います。

思わず、自分が凄いと勘違いしてしまいました 笑。

おかげで自信がつきましたし、家族や職場での人間関係もよくなりました。








彼らの声にあるように、

吃音は治そうと努力をしてしまうと、それがまた自己認識を強めてしまうため、どもる言葉が増えてしまうなど、

吃音の状態をどんどんひどくしてしまいます。




根本的にどもらずに話せるようになるには、吃音の元になっているストレスを解消することがもっとも効果的で、

あなたも、そのための簡単なプログラムを実践していけば、2か月もしないうちに、↓のようになることができます。





吃音に対する一切の恐怖が消えてなくなる

あなた本来の能力が十分に発揮できるようになる

電話に自信を持ってでられるようになる

わずらわしく高額なカウンセリングを受ける必要がなくなる







大事な場面でどもってしまい、雰囲気をぶち壊して恥をかいてしまう前に、どもる原因を根本的に消してなくしてしまうにはこちら









石切山聡偲
網野智世子
FX-navi
ブックメーカープロ2012 評価レビュー

P R
カテゴリアーカイブ
どもる 治療
どもるのは大人の病気?
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
  • SEOキーワードツール

ブログランキング
PVランキング


ブログランキング
ブログランキング