Davisとミレーユ

June 03 [Sat], 2017, 11:44
早くお母さんになりたかった私は、何冊かの女性誌の特集記事でサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが赤ちゃんの順調な発育を助けるという点がみんな同じだったので、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。
妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。


ということはつまり、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。

実際に出産をするのは女性ですから、下手をすると、主体的に女性が行うことと思われがちですが、男性も協力して取り組まなければ妊活が成功する確率は低下してしまいます。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

母子ともに健康な体でいるためにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするととても大変ですから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。
治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性由来の場合と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側の原因とが挙げられるでしょう。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かにコーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。すなわち、冷えが厳禁の妊活においては飲まないようにした方が良いと言えます。

ですが、これまでにコーヒーをよく飲んでおり控えると逆にイライラするという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日2杯から3杯を上限に飲んだ方が健康的だと言えます。


葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃にカルシウムも摂取しなければと思って毎日たくさんの牛乳を飲みました。


いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。

そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで産院で出された鉄剤を飲むことになりました。
だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。



目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。



このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を計画している女性は摂取をオススメします。妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意事項もありますから、その通りにしていくのが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。不妊を治すには治療法がたくさんあり、なんで妊娠しないのかによってその治療法もまるで違います。
排卵日を細かく調査し、自力で妊娠するタイミングから、年齢の高い方や対外受精でも妊娠がむずかしい人が挑戦する最も高度な技術の顕微授精など、それぞれの治療をすすめることができます。
お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから栄養素の中でも、特に葉酸の摂取を心がけてください。


継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は手助けされますし、お母さんが健康に過ごすためにも重要な役割を果たす栄養素なのです。普通の食生活では、所要量の葉酸はなかなか摂取できません。


食事だけでは摂りにくい分はサプリメントや薬を使うのも有効です。真剣な妊活を計画するならば、婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。



検査を受ける事でそもそも妊娠のために十分な体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、胎児の健全な成長にも関わってきますので、必要不可欠という理由も分かると思います。
「妊活」と聞いたとき、一般的には女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦の場合は妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。
ですので、男性のすべき妊活である、毎日の食事に注目してみましょう。妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。

毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、さらに妊活の効果を上げていきましょう。
不妊の要因の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。



そこで、冷え性を根本的に良くする為に、食事を考えるのが重要になるのではないかと感じます。

身体をを芯から温めてくれる生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自分しだいで出来る最短コースだと思います。胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いとされています。



せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。



特別に葉酸を添加した食品はマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。

これは消費者庁認可のマークで、食品について時間をかけて個々に審査し、その食品を認可すれば、特定保健用食品の名称とマークの使用が可能になります。食品に特定保健用食品のマークがあれば、消費者庁の基準を満たした食品であることの明らかな証明がされているため、同じ食品なら葉酸を添加したものがいいという場合は一つの判断材料にしてほしいものです。妊娠したいと考えている女性ならビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低減できるためです。

とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが気がかりな点です。葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息などが起きやすくなるという説もあります。たくさん摂取すれば良いのではないことを知っておいてください。少しずつ暑さが増してくると自然と冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活の最中は、いつにも増してできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けてください。

反対に、温まる飲み物を飲むと妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲み物のみならず、生活全体を通して日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への積極的な摂取が求められています。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいますよね。



もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸はほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段の食事でもある程度は摂取できるのです。

周知の事実だとは思いますが健康でいるということが妊活の前提条件と言えます。その実現のために重要なのは食べ物に留意し、体もある程度動かすということです。

肥満防止という目的もありますが体内の血液循環を良くして、栄養の行き渡りがスピードアップすることも期待されます。



一例として、少し散歩をするぐらいでいいと思います。妊活を行っている時は普段以上にあまりストレスを溜めてしまわないように気を付けることが大事となってきます。



そう考えると、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、熱いお湯であったり、長時間湯に浸かるということを控えてください。熱というものは、実は人体に負担を掛けます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トム
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる